2007年09月06日

気になってたんや〜

◆前から気になっていたこと/その1:【髪の毛】

前に髪の毛を切ったのが7月。それから1カ月半ほどがたち、だんだんと
まとまらなくなってきていた(まとまるも何も、短いから立てるか寝かすか、
そのどちらかしか選べないんだけど)ので、散髪に行くまでの場つなぎに
自分で一度切っておきたかった。
たまたま今日、9時半頃に仕事から帰ってこれたので、風呂に入る前にハサミとクシと
新聞紙を用意してきて、自分でチョキチョキと切った。

070906ke.jpg

それが自分のであろうと人のであろうと、髪の毛を切るのが昔から好きで、
今の仕事についていなかったら、もしかしたら理容師になっていたかもしれない。
18歳くらいから、自分の髪の毛は自分で切っていたし、友達の散髪もしていた。
散髪屋さんにとってみたら、商売の邪魔になる「ヤな奴」なんだろうけど・・・。
でも、もう自分の髪の毛はいつまでも切れないかもしれないな。
今日も切ったあとで鏡を見ると、うっ・・・・悲しいくらい地肌がよく見えたし。


◆前から気になっていたこと/その2:【世界体操】

ドイツで世界体操が行われている。ずっと気になっていたんだけど、ニュースでの
取り上げ方も小さいし、女子が団体で12位で、久しぶりにオリンピックへの
出場権を得たということくらいしか知らなかった。
しかし今日は男子団体の決勝なので、夜の10時からずっとテレビの前に陣取って
見守った。

070906taiso.jpg

男子の体操選手って、首と同じくらい腕が太い。いや、ヘタしたら首より太いかも。
日本男子は団体で銀メダル。アテネの感動を再び、というわけにはいかなかったが、
十分に見ごたえのある演技だった。それにしても、富田の演技って
どうしてあんなに他の選手から比べても際立って美しいんだろう。
見ているこっちが連続する技のしなやかさに酔ってしまいそうになる。
まだこれから個人のメダル争いが待ってるけど、とりあえず団体の演技を見ることが
できたから、いちおうは満足かな。


◆前から気になっていたこと/その3:【体重】

長い距離を楽に走るためにも、いい加減に体重を落としていかないと・・・。
食べるものを減らして胃袋を小さくしないといけないんだろうか、とか、やっぱり
ビールを飲んでる限りはだめか、とか、いくら暑いからってアイス食べ過ぎやろ、とか
いろんなことを思って毎日を過ごしていたが、
今夜は久しぶりに家の体重計に乗ってみた。

春先に、運動不足が原因で増加していた体重が、なぬ!・・激減してるやん。
ウッホッホー、やったぜー。
カラダは正直だということか・・・。
それなりに走っていたら、それなりに体重は減るもんなんだ。・・素直にうれしい。
posted by まこと at 23:47| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月05日

万里君を救う会からの礼状

万里君を救う会」というのを友達のブログで知ったのが半年ほど前。
橋本万里くんという男の子が先天性の心臓病を患っていて、渡米して心臓・肝臓の
同時移植をする他に助かる道がなく、そのために募金活動をしていると知り、
郵便局からお金を振り込んだ。

数日前、「万里君を救う会」からお礼状が届いた。
8月に、無事に手術を終えることができたらしい。
こういうニュースは大歓迎だ。うれしくて、うれしくて、うれしくて仕方がない。

そのお礼状が届いたのは世界陸上の真っただ中だったので、森千夏選手のことを
思い出した。
アテネオリンピックに女子砲丸投げの日本代表として出場した森千夏選手は、
あとになってから分かったことだが、すでにその時、虫垂ガンに冒されていた。
治療費が高額であることから、為末選手や日本陸連が中心になって募金活動を
していたので、その時も自分が出せる範囲内でお金を振り込んだが、

みんなの祈りも空しく、数カ月の闘病後、森千夏選手はガンに命を奪われた。
「お礼」という見出しの手紙が入った悲しい封書が届いたのが、
去年の12月、ホノルルマラソンへ出発する前日だった。

それだけに、今回の連絡はものすごくうれしい。
誰だって生きたい。
人の命があの世へ連れていかれるか助かるかは、もしかしたらわずかな違いなのかも
しれないけど、その結果は両極にある。

手術が無事に終わったということは、万里くんの体の中では、脳死した人の心臓と、
あと肝臓が動いているんだろうか。
移植を受ける本人いわく、「臓器移植は、見知らぬ誰かの命を引き継ぎ、ふたり分の
人生を歩むことを意味します。〜数え切れない方々の善意に支えられ、守られた命だからこそ、全力で生き抜き、恩返ししたいんです。」

「いのち」の定義というのはすごく難しい問題だと思う・・・けど、
臓器を提供した人のおかげで、死んで欲しくない、そして死にたくない「いのち」が
生き続けていることは事実だし、素直に「よかったね、よかったね」と言ってあげたい。

「最後まで頑張る」というのが21歳の橋本万里君の口ぐせらしい。
・・・・・・・・・・・土佐礼子みたいだ。
posted by まこと at 23:40| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月02日

世界陸上9日目

さあ女子マラソンだ。
早起きして森之宮へ行くと、沿道にはすでにたくさんの人が。
1週間前の男子マラソンと比べるとかなり応援の人数が違う。
男子マラソンは開会式よりも前だったけど、これだけ世界陸上が盛り上がってからの
女子マラソンだから、人が多いのは当然か。

大阪のコースは折り返しコースなので、行きと帰りに2回選手を応援することが
できる。そして行きと帰りでは順位が入れ替わっていたり、集団がバラけていたり、
先頭集団にいた選手が後方に落ちていたりすることもある。当然選手も後半は
疲れているので、気持ち的には帰りの方が応援にも力が入るかな。



個人的には土佐選手と原選手を応援してたんだけど、結果は土佐礼子が
今回の世界陸上で日本人初の銅メダル。
(前日の男子1500m車椅子の銀が初メダルかと思ったけど、
車椅子競技はエキジビションだったみたい)

世界大会で金メダルを争って走るマラソンの苦しさはわからないけど、
フルマラソンを走る苦しさは、次元はまったく違うとはいえ自分にも自分なりに
わかるつもりなので、沿道で応援しているだけで涙が出そうになる。

特にコース上で応援していると、テレビには映らない3番手グループ以下、
最後尾までのすべての選手を見ることができる。
テレビを見ていてもわからないが、実際には先頭集団が通り過ぎてから30分以上
経過しても、ひとり、またひとり、そして数分後にまたひとり、その数分後に
またひとり、顔を歪めながらランナーがやってくる。

ひとりひとりが通り過ぎるたびに
「がんばれー!」「がんばれー!」と応援していると、ほんとウルウルしてくる。
数分に一人しか走ってこないような状態になっても、沿道の人は立ち去らずに
大声で声援を送り続けている。
大阪の人、温かいやん、ってちょっと感動してしまった。


さあそして、女子マラソンで感動したあとはUSJへ(なんでやねん)。
USJで働いている知合いが以前に割引券をくれていて、
賞味期限、じゃなかった有効期限が迫っていたので、今日行ってきた。

070902usj01.jpg 070902usj02.jpg

ひょっとしたら、と思っていたけど、やっぱり。
完全に世界陸上の選手とわかる外人のグループを何組か見かけた。
競技が終わって、なおかつ帰国していない選手は21時半の閉会式まで時間が
あるわけだしね。
リュックサックにゼッケンを貼り付けた女性がいたので
「アー・ユー・ランナー?」と声をかけてみると気さくに言葉を返してくれた。
でも何を言ってるのかほとんどわからない。というか、こっちももうちょっと
カシコそうな聞き方はなかったんかい。
それでも調子に乗って、どこの国から来たのか、何の選手なのか聞こうとして
言葉につまったり、どう言っていいかわからない部分はゼスチャーで埋めていると、
質問の意味は理解してくれたようで、一生懸命にしゃべってくれた。
その女性がしゃべる単語を断片的に集めてみると、
ポーランドの7種競技の選手だった。26日に長居へ見に行った日、目の前で
競技していたんだ。スゲー。

きっちり写真まで撮ってもらっちゃった。また北京の時に応援しよっと。
070902usj03.jpg
posted by まこと at 22:55| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界陸上8日目

朝からまた涙してしまった。
男子50キロ競歩。
競歩があんな過酷な競技だとは知らなかった。
途中で倒れる選手、吐きながら歩き続ける選手、特に、もうろうとしながら
リタイアせずに歩き続けていたにもかかわらず誘導ミスで棄権扱いになった山崎選手や、
泣きながらゴールに入ってきたオーストラリアの優勝した選手。
見てるだけで熱いものがこみあげてきてテレビを見ながらもウルウルきたし、
午後から家の近所を6kほど走りに出た時も、思い出しただけで口が
「へ」の字になって、走りながら涙がこぼれそうだった。

5日前に急きょ今日のチケットを買っていたので、夜はまたまたライブで見に行った。
長居競技場での観戦は今日で3日目。3日ともタイソン・ゲイと朝原宣治の走りを
見ている。こんな贅沢なことでいいんだろうか。
(この3日間、何度「あさはらぁぁぁぁ〜!!」と叫んだことか)

きのうまででも十分に堪能してるのに、今日は今日で女子400リレー決勝、
男子400リレー決勝、福士が走る女子5000m決勝、その他棒高跳びの決勝や
10種競技など、よくもまあこれほど見ごたえのある競技が続くもんだ。

もう声が枯れそうだし、力が入りすぎてホントに筋肉が痙攣しそう。

マスコミは新聞で厳しいことを書いたりしているけど、ナマで見ていると、
(筋肉が痙攣したり肉離れをしたのは別として、勝負している選手に関しては)
力の限り闘っている気持や、食らいついている頑張りが伝わってくるし、
負けたとしても、メダルに手が届かなかったとしても、
「頑張ったぁ!よう頑張ったぁ!!」と叫んで拍手をしたくなる。

しかし、去年1日と今年3日、陸上の国際大会を4日間ナマで見たけど、
去年の国際グランプリ陸上では小林祐梨子の1500、池田久美子の走り幅跳び、
今年の世界陸上では男子400mリレー、その翌日の決勝と、
日本新記録誕生の瞬間を4回も目の前で見ている。今日なんて日本選手で最初に
メダルをとった競技(しかも銀)も見たし、女子400リレーも失格じゃなかったら
日本新記録だったし、もしかしたら俺って、人に記録をださせるラッキーボーイ?

070901iaaf01.jpg 070901iaaf02.jpg
070901iaaf03.jpg 070901iaaf04.jpg

トーリ・エドワーズ、アリソン・フェリックス、福士加代子、
スピアーモン、タイソン・ゲイ、アサファ・パウエル、日本スプリント陣、・・・
・・・みんなカラダの芯まで興奮させてくれた。
車椅子1500の最後の直線での逆転銀メダルもしびれさせてくれたし、10種競技のフィナーレもジーンとさせてくれたし、すっかり陸上競技観戦に酔いしれている。
posted by まこと at 01:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月01日

世界陸上7日目

朝からテレビを見ていて、いきなりひっくり返りそうになった。
女子の20km競歩の優勝タイムが1時間30分。
20キロキョウホが1時間30分???
夢でも見てるのかと思ってムギューッとほっぺたをつねりたくたくなる。
横で死に物狂いで走っても負けそうなタイムだ。・・・20キロが1時間半・・・。

世界陸上も終盤を迎え、自分にとっては100mの決勝やマラソンと同じくらい
楽しみにしていた110mハードルを見るために、夜はまた長居へ行ってきた。

今日のためにこの2日間は終電近くまで残業をするという不純な仕事の仕方をし、
そのおかげで6時前に事務所を出て地下鉄に乗ることができた。

今回の世界陸上、とにかく劉翔のハードルをすごく楽しみにしていた。
アテネオリンピックはテレビでしか見れなかったけど、去年の5月に
国際グランプリ陸上が大阪で開催された時は、長居競技場の観客席に座り、
目の前で劉翔のあまりの速さにど肝を抜かれ、「この走りをまた見たい」と
ずっと思っていた。劉翔の走りは、それくらいナマで見る値打ちがある。
それは、その時に一緒に見た次男も同じ気持だったようで、世界陸上ではどの種目を
見たいかと聞いた時に「ハードル」という答えが迷わず返ってきた。
なので今年の3月の時点で、真っ先に今日のチケットは取っていた。

競技場に着くと男子10種競技の走り高跳びが始まっていた。
実は10種競技も楽しみにしていた種目のひとつ。
それから女子の三段跳び、女子のやり投げなど、もろもろの競技が行われる。

070831aiif01.jpg

そして、そして、男子4×100mリレー予選がやってきた。
またまた声がかれそうな大声で「あさはらぁぁぁぁ〜!!」と叫びまくる。
バトンをつないで400mを走る38秒間、競技場は興奮と歓声に包まれていた。
見ているこっちが筋肉に痙攣を起こしそうなくらい力が入る。

グォォォォ!!日本新記録!いやアジア記録だ!!!

ジャマイカとアメリカに続いて朝原がゴールに走りこんだ時は
阪神が優勝したのかと思うくらいの大歓声が競技場に響いた。

そしてそのあとは女子200m決勝、男子400m決勝。

070831aiif02.jpg

アリソン・フェリックス、ジェレミー・ウォリナーにしびれた後は、
いよいよ110mハードル、劉翔の登場。
キューバの選手と、どっちがどうなんよ、って思っていたけど、劉翔は強かった。
後半はハードルをひとつ越えるたびに他の選手と差がついていた。
中国人の団体もスタンドで応援しながら興奮のるつぼと化していたけど、
そうなるのもよくわかる。

070831aiif03.jpg

家に返ってから録画した中継を見て、織田裕二が「今日見ない人はアホ」と
言ってたのも納得できる。
だって目の前で、世界に敵ナシというくらいのスゴイ選手がすごいレースを
次々にするわけだから、興奮を抑えきれるわけがない。
終盤になって、まだまだみどころいっぱいの世界陸上。
posted by まこと at 02:32| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月28日

世界陸上の悪?影響

070828office.jpg

今、事務所はこんなふうになっている。
もちろんうちの事務所がマラソンのコースになっているわけではなく
(当り前や。机のうしろを原裕美子や土佐礼子が走っていったら仕事にならない)、
男子マラソンが終わってからコースに張り巡らせてあったテープを
パチって、いや、いただいてきたのをセロテープで貼って飾っている。

そして、世界陸上が盛り上がりを見せてるもんだから、
本来仕事に集中しないといけないはずの事務所は
朝から晩までテレビのスイッチが入っている。

もちろん競技の中継は一日中やっているわけではないので、
関係ないバラエティ番組や関係ない昼のドラマまで見てしまったり、
見てしまわなくてもトークやセリフが聞こえてきたりする。

競技が始まったら、コーヒーを飲みながら、パソコンよりもテレビ画面を
見ている時間の方がヘタすると長かったりしてることも。
今の雰囲気は、仕事場よりも、社員休憩室という方が近いかも・・・・。
(仕事は、実はメッチャ忙しいんだけど・・・・)
posted by まこと at 23:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月27日

世界陸上2日目

日曜日、世界陸上2日目。
何カ月も前からチケットを買って楽しみにしていた長居競技場へ次男と行ってきた。

いつもの長居公園とはまったく様変わりしていて、競技場の外にもテーブルやイス、
パラソルがたくさん並べられ、大きなスクリーンで競技の模様が映し出され、
ミズノやコカ・コーラ、TBSなど、たくさんのスポンサーがショップを出して、
そのどこもが人の列を作っている。

競技場に入る前は警備員やスタッフがたくさんいて、ひとりひとりチケットの確認、
身体検査、手荷物検査・・まるで出国ゲートのような手続きを踏まされる。

飲み物を持ってきている人は、カップにあけさせられ、
それが(化学物質ではなく)飲み物であることを証明するために、
係員の目の前でひと口飲まされる。

競技場内に入ると、5時頃には空席が目立っていたが、7時、8時とだんだん
満席になってきて、徐々に熱気が高まっていくのがわかった。

070826aiif03.jpg

入場した時はちょうどメインスタンド前で女子7種競技の走り幅跳びをしていた。
やっぱり生はリアルだ。助走のスピードや、踏み切ってから空中へ飛び出す高さは、
テレビでは伝わっていなかったんだ。
息子と二人で「速っ!」「高っ!」という言葉が何度口から出てきたことか。

そのうちに女子7種競技のやり投が始まり、女子800mの準決勝が始まり、あっちでは
女子砲丸投げの決勝が始まり、こっちでは女子棒高跳びの予選が始まった。
ナイターの競技場のあちこちから、それぞれの競技に対する歓声や拍手や手拍子が
時間差で起こる。

7種競技の中田有紀という選手も、棒高跳びの近藤高代という選手も知らなかったけど、
応援しているうちに力が入ってきて、全力で闘っているのがこっちにも伝わってきて、
なんか熱くなってきて、すごく気持が高ぶってきて、涙が出そうになった。
(日本記録保持者であったり、日本選手権を何連覇もしている選手だということを
あとで調べて知って、知らなかった自分の勉強不足を恥ずかしく思った)

そして、いよいよ8時10分からは男子100m準決勝が。
競技場の空気がそれまでとは一変して、異様な雰囲気と歓声に包まれた。
場所を移動し(ほんとはいけないんだけど)、スタート地点のすぐ上まで行き、
「あさはらぁぁぁぁぁぁ!!!!!!」と声がかれそうな大声で何度も叫んだ。

070826aiif02.jpg

ファイナルには進めなかったけど、朝原と観客は、10秒の間、夢に向かって完全に
ひとつになっていた。まるで日本人選手が金メダル候補であるかのような、
ものすごい応援だった。

準決勝の二組が終わると、今度は女子100mの2次予選。そして7種競技の800m。
その800mで中田選手が最後尾から3人抜いただけで、競技場はものすごい歓声に
包まれる。こっちも、「いけぇ〜、いけ、いけぇぇぇ〜〜〜〜!!!」と、
ほんとに優勝がかかっているかのような力の入った応援をしてしまう。
スピードといい、臨場感といい、ナマはすごい。

「やっぱり来てよかったな〜」と次男と二人で堪能しているところへ
今度は男子400m障害。決勝進出をかけた成迫健児が走る。
もう見ごたえが多すぎて体がしびれてくる。
「なりさこぉぉぉ!!! なりさこぉぉぉ!!!」と力一杯応援してヘトヘトに
なっているところへ、ジャジャ〜ン、男子100m決勝!・・・・もうたまらん。



レースが終わったあとも次男と二人で
「ゲイはすごい!」「ゲイはすごい!」「ゲイはすごい!」と、
千日前のあたりで言ったら別の意味にとられそうなセリフを何度も口にし、
興奮から抜け出せない状態が続いた。

生で4時間、世界陸上を見た緊張と興奮は、たぶんしばらくは忘れられない。
ナマ両陛下も2日続けて見れたし、ナマ織田裕二も遠くの方に背中だけ見れたし、
ナマ朝原も、ナマパウエルも見れたし、やっぱりナマはすごい。

この日、一番ど肝を抜かれたのは実はタイソン・ゲイではなく、女子棒高跳びの
世界記録保持者エレーナ・イシンバエワだった。ずっと寝ころんでいたのに、
最後に出てきて、他の選手が四苦八苦してクリアしているバーのはるか上を
飛び越えていくのを目の前で見て、こら次元が違うワ、と感じた。世界はスゴすぎる。

070826aiif01.jpgレース後にインタビューを受ける
タイソン・ゲイ。

070826aiif04.jpg試合後、通路で抱きあう
女子砲丸投げの
バレリー・ビリ。

posted by まこと at 23:59| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月19日

水道屋一筋40年

盆休み、ヨメや妹が台所で洗い物をしていると流しから水が戻ってくるので、
これは排水管が詰まってるに違いないってことで、洗浄液を流したり、ワイヤーを
買ってきて排水溝からゴシゴシ突っ込んだりしてみたが、結局直らなかった。

仕方がない。水道屋さん呼ぼう。

7軒くらい電話してやっとつかまった水道屋さんが、金曜日の夜に来てくれ、
しばらく頑張ってくれたが直らず、土曜日の朝一からもうひとり職人さんを連れて
また来てくれた。

流しを点検したり、家の外の排水管を調べたりしてくれたが、原因はわからず。
今度は台所の床下を開けて家の排水管がどう通っていて、
どこが詰まっていそうなのかを調べ始めた。

070818haisui01.jpg

最初はのぞくだけだったのが、それだけでは原因がわからず、
どんどんと奥深く入っていく職人のおっちゃん。

070818haisui02.jpg 070818haisui03.jpg

そのうち職人のおっちゃんは、床下を通っている排水管をノコギリで切り、
そこから棒を突っ込んだりホースを突っ込んで水を当てたりするのだが、
(このおっちゃんは壊し魔か?)と不安な目で見守るしかなく、
そうこうしているうちに排水管の切り口から詰まっていた水が逆流して流れ出し、
床下はビチョビチョ。

家の設計図を探してきて見せながら、
「排水管はここをこんなふうに通ってるみたいですね」と言っても、
「設計図はこう引いてあってもねぇ、なかなかその通りには作ってまへんのや普通は」
と言いながら、自分の思い込みの通りに床を探ったりマンホールをあけたりする。

台所の排水管とはぜんぜんつながっていないマンホールをあけて洗浄するおっちゃん。
070818haisui05.jpg

「こう行って、こう行って、物置の下を走っとんな〜。ここの床を剥がさなアカンか」
というひとり言が聞こえたので、(おっちゃん、これ以上壊さんとって・・・)
とビビって見ていると、別の職人さんが
「そことちゃうで。階段の下を通っとる」と正してくれた。
おっちゃんは「ホンマか。そっちか」と自分の思い込み違いに気付いてくれた。

(ほら見てみ、おっちゃん。さっき見せた設計図では階段の下通ってたやん)

はぁ・・とため息をついていると、トイレから出てきた父が下半身ハダカで
廊下を歩いてるし、その横を職人さんが道具を持って行ったり来たりしてるし、
今日のこの家は、なんか普通じゃないぞ〜。

そしておっちゃん今度は、廊下の床から出ている金属の突起を見つけ、
「これはなんや!こんなところにガスの栓が来とるんか」と調べ始めた。

070818haisui07.jpg

(おっちゃん、それは扉が壁に当たらんようにするためのクッションや〜!)

まあでも、気のいいおっちゃんだから、文句を言う気にはならない。
前の晩も遅くまで頑張ってくれたし、今日も職人さんをもうひとり手配して
朝一から来てくれたし、シャツの色が変わるくらい汗をビショビショにかいて
頑張ってくれてるし。

070818haisui04.jpg

結局3時間かかって詰まっているカ所を突き止め、そこにホースやらワイヤーやら
太いゴムチューブなどを突っ込んでガンガンたたき、排水管の内側にできた
コレステロールのような壁を崩し始めた。

マンホールに水が流れ始めた。

070818haisui06.jpg

詰まっていたモノがはがれて流れていく。
粘土のような、壁のようなものがどんどん流れてくる。ものすごい量だ。
おっちゃんは根気よく作業を続け、相当な量の壁を崩して、
水の流れる道を通してくれた。
排水管の内側が岩のようになって、完全に道をふさいでいたらしい。
築19年にもなると、こんなふうに詰まってしまうのか。
「これであと10年か15年は大丈夫でっしゃろ」と言われた。

おっちゃんのおかげで、高圧洗浄の業者を呼ばなくても排水管がきれいになった。
ほんと、お疲れさまでした。
posted by まこと at 23:28| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月16日

コメントエラー

コメント欄に入力しようとすると
ERRORと表示される。
ブログ全体を再構築しても正常には戻らない。
ただいまseesaaに問い合わせ中・・・。
posted by まこと at 11:16| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月15日

5日間の盆休み

5日間の盆休みが終わった。この5日間、何をしていたのかと言うと、
「草刈り&水まき」「妹の子供たちと遊ぶ」「走りに出かける」
「借りてきたDVDを見る」「普段できない家の片付けをする」
とまあ、だいたいその繰り返し。

外出らしい外出といえば、墓参りと市民プールくらいだった。

あとは突発的に家の前のミゾ掃除をしたり、台所の排水溝が詰まったので
清掃する道具をホームセンターへ買いに行ったり、、、

見たDVDは「ハウルの動く城」「踊る大捜査線 レインボーブリッジを封鎖せよ」
「みんなの家」「007カジノロワイヤル」「北の国から(の20数年前の第1話)」

走った距離は・・・・
行き当たりばったりの性格ゆえ、5日間で100k走る計画を立てるタイプでも無く、
時間をみつけて適当に走って70kくらいになったらうれしいナ〜〜なんて
思っていたが、結局走ったのは4日間で49k。

振り返ってみると、
父のもとに兄妹が集まって、子供たちと団子になって遊んで、草刈りも毎日できて、
部屋もほんの少しきれいになって、走りにも出られて、映画も観て・・・
考えたら5日間120時間のうち、たぶん100時間以上は家の中にいたけど、
それなりにいい盆休みだったな。
posted by まこと at 20:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月10日

ウララ〜 ウララ〜 ウラウラで〜

夏の全国高校野球、大会2日目、第1試合。
仕事をしながら、テレビで滋賀の近江高校の応援もした。
なぜ滋賀県出身でもないのに応援するのかというと、近江高校の野球部員は
うちの事務所から100mのところにあるホテルに宿泊してるのだ。

ただそれだけの理由だけど、ただそれだけで親しく感じるのも事実。
近江高校のみなさん、1回戦突破おめでとうございます。

070809koshien01.jpg 070809koshien02.jpg

ところで、高校野球の応援の演奏曲って、「ルパン三世」だったり、
「暴れん坊将軍」だったり、ピンクレディの「サウスポー」だったり、
山本リンダの「狙い撃ち」だったりするけど、
今の高校生って、山本リンダの「狙い撃ち」って知ってるんだろうか。

ロンパールームの「♪さぁ、みんなでギャロップ、ギャロップ」みたいなステップで
ステージを左右に動き回り、怖い顔で「この世は私のためにあるぅぅ!」って
歌ってる山本リンダの姿なんて、普通に考えたら知ってるワケないよな。

「狙い撃ち」というのをバッティングにひっかけて演奏され始めたんだろうけど、
原曲をおそらく知らない世代になっても、応援曲の定番として今も演奏されている。
「なんでや〜」と聞かれても、、、う〜ん、、リンダ困っちゃう・・・・。

しかも、「栄冠は君に輝く」だけじゃなく、これも阿久悠さんの作詞らしい。
作詞といっても、応援団がアルプススタンドで歌うわけじゃないので
作詞家は関係ないかもしれないけど。
あの詩を歌っても、高校球児への応援にはならないし・・・。
posted by まこと at 00:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月09日

コスプレ税理士

両太股の後ろ側のやや内側が筋肉痛になっていた。
ゆうべは情けない走りをしながらも、自分なりに頑張ってたんだろうか。
いくら思い出しても、ヨレヨレの走りしか記憶にないんだけど。

ま、それはそれとして、今日の小ネタをひとつ。
うちの税理士さんはとっても面白い人で、今日も事務所へやってきて
こんな格好で帳簿の中間状況を見てくださった。
(ブログのプロフィールと同じポーズだけど、同類ではないので念のため)

070808megami.jpg

頭にかぶっているのは、スポンジでできている自由の女神のカンムリ。
この人の性格はスポンジよりももっとやわらかいし、ホコリよりも軽いし、
「税理士はおカタイ職業」というイメージはまったくない。

週末に子供とニューヨークへヤンキースの試合を見に行くというのは
聞いてたので、事務所に来るなり「マツイの100号、見たんですか?」と聞いたら、
それは見れなかったらしく、でもA. ロッドの500号は目の前で見たらしい。
posted by まこと at 01:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月05日

能登半島へ

この土日はもともと父は介護サービスの施設へお泊まりに行ってもらい、
妹の家族を連れてキャンプに行く予定だったのが、
妹のダンナや子供たちが都合悪くなったために中止になり、
ポカンと空いたこの週末をどうしようかと悩んだあげく、
思いつくまま金沢方面へ行ってみようということになった。

大阪から金沢まではサンダーバードで2時間半だった。
サンダーバードといっても、もちろん
「パパ、パパ」「なんだバージル」のサンダーバードではない。
北陸本線を走る特急サンダーバードだ。(って説明しなくても決まってるか)

しかし、もっと遠いと思っていたけど、意外と近いんだ、金沢って。
金沢駅の改札を出てすぐに「近江町市場」をキョロキョロ、麩で有名な「不室屋」で
食事、「東茶屋町」でお香や手ぬぐいを買い、金箔の「箔一」、加賀友禅の「木倉や」
などなど、まるで百貨店の物産展会場を回っているようなコースを歩き、
兼六園に寄る時間もなく夕方からは能登半島の和倉温泉へ。

070805noto01.jpg 070805noto02.jpg 070805noto03.jpg

温泉につかってゆっくりしたあとは、ちょうどお祭りの日だったようで、
浴衣姿で出かけてみると、それは祇園祭と高山祭りとねぶた祭りを足して
5で割ったくらいのスケールの、勇壮な男の祭りだった。
高さ15m、重さ2tの奉燈を100人の男が肩で担ぎ、太鼓や笛の音とともに
街を移動していく。大きくて重いのでゆっくりとしか移動しないが、
重すぎてコントロールできず、倒れそうに傾いたり、
ブレーキがかからずに見物客の中に突っ込んでしまったり、
担ぎ手の男も苦しそうだし、なかなか見ごたえのある祭りだった。
こういうのを見ると、「やっぱ男は男らしくないとな」などと、
ぜんぜんたくましくない自分の体を見て思ってしまう。

070805noto04.jpg 070805noto05.jpg 070805noto06.jpg

翌日曜日は朝から海を渡って能登島へ行ってみた。
この島にある「のとじま水族館」は、水族館らしくいろんな海洋生物が
飼育されていたりアシカやイルカのショーがあったりしたが、
気持がよかったのはイルカの水槽の下がトンネルになっていて、
イルカたちの白いおなかを見ながら歩けることだった。
旭山動物園の影響がこんなところにも、って感じ。
そのあとは能登島ガラス美術館でガラスの歴史や制作工程を紹介してもらい、
ダリやピカソのガラス作品を鑑賞したり、吹きガラスの実演を見たり、
「ガラスもええもんやな〜」とすっかりその気になって売店でガラス製品を買ったり、
そんなこんなで時間は進み、2時頃の特急に乗って帰ってきた。

070805noto07.jpg 070805noto08.jpg 070805noto09.jpg

あっという間の2日間だったけど、のんびりはできたかな。
とくに金沢は、半日で回れるようなところではないので、今度は冬に行きたいかな。

家に着いたのは7時頃。
この土日は走らないつもりだったけど、二日間でたくさん飲み食いしたものがお腹に
たくさんたまって重たく感じたし、やっぱり走りにでかけた。
6kほどのつもりだったけど、調子こいて10k走ってしまった。
サンダーバードの中で缶ビールを2本飲んでいたからちょっと重たかったけど、
このランニングがなければ確実に数百グラムはブタになっていただろう、確実に。
posted by まこと at 23:59| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月02日

健康診断の結果

健康診断の結果が届いた。
血液検査その他内臓系の細かな項目については、
去年5項目で標準値からはみ出していたのが、今年は3項目に減っていた。
とはいえ、普段から運動がそこそこ足りているから全身健康体なのかというと
そういうわけでもないわけだ。

まず、リウマチ反応が陽性。
これは毎年ひっかかるので最近は気にしていない。先生の説明によると、
どうも生まれつきそういう因子を持っているようだ。

あと、去年も今年もひっかかったんだけど、尿酸値が高いらしい。
どういうことですかと先生に聞いたら、

先生「尿酸値が高いのはね、プリン体が原因なんです。
   プリン体って、プリンと違いますよ」

って先生あのね、知ってますがな、それくらい。ビールのコマーシャルで
よく出てくる言葉でしょ。

先生「プリン体はね、ビールとか魚や肉なんかに多く含まれてるんですよ」

なるほどね。確かにビールは毎日飲んでますわ。

先生「尿酸値が高いとどうなるかと言うとね、痛風になったりするんです」

なぬ!痛風?? 風が吹いても痛いという、あの痛風かいな。
これはイカン。プリン体ゼロのビールに替えなきゃ。(それでも飲むんかい)

それ以外の、視力・聴力・血圧・心電図・レントゲンなど大きくは異常なし。
肺活量は増えていた。総コレステロールは減っていたけど、中性脂肪は
めちゃめちゃ増えていた。といっても標準内には入ってるけど。

そして、恐ろしいことにまた身長が伸びていた。
去年よりも4mm。
なにせ身長だけは毎年伸び続けていて、この10数年間で18mm伸びている。
どうやら、まだまだ成長期のようだ。
きっと新陳代謝が活発で細胞が盛んに分裂をしていて、新しい骨や肉を作ってるんだ。
そう考えたら、なんかこう体の内側から力が湧いてくるような気がするぜ。

だから先生、帰りぎわにこんな、年寄り向けのパンフレット渡すのやめてよ。

070802book.jpg
posted by まこと at 23:54| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月01日

アンアンという雑誌

コンビニの雑誌コーナーの前に立ったら
「ダルビッシュ有フルヌード」という見出しが目に入ったので立ち読みをした。
アンアンという雑誌は、売上げが欲しくなったら「占い」か「SEX」の特集を
するけど、今回のも、ダルビッシュのグラビアページなんてカワイイもので、
その他の特集ページがなんともエグかった。
男性が見る、いわゆる「エロ本」よりもある意味で生々しい。
こんなのを高校生とかが読むのかと思ったらゾッとする。
なんとかならんのか。
posted by まこと at 23:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月23日

ラン アンド 映画

きのうし損ねた事を今日はした。つまりランニングと映画を観に行く事。
朝、早起きができれば朝ご飯を食べる前にひとっ走りのつもりでいたが、
そんな中途半端な気持で寝てもちゃんと起きれるわけもなく、
その時点で、走ることの一つ目のチャンスはなんなく逃してしまった。

で、ダラダラと朝飯を食って、ダラダラと過ごしながら10時半頃に
ランニングウエアに着替えて家を出た。
この時間から万博公園を3周していたら昼ご飯までに帰ってこれないと、
起きてからの自分の過ごし方を反省するわけでもなく、2周だけ走って帰ってきた。
家までの往復を含めて12k。
今日の湿気だから汗だけはタップリかいたけどね。

「ダイハード4.0」は、うん、やっぱり面白かった。
ジョン・マクレーンが、どんな銃弾も、どんなミサイルも、どんな爆発も
かいぐくって、血だらけになりながらも犯人を追い込んでいくという、
このシリーズに共通している異常なしぶとさがたまらない。
息つく間もないくらいアクションの連続なんだろうなと思って観に行ったけど、
映画が始まるとその通りだった。
こうして考えると、けっこう単純な映画が好きなのかも。

070722diehard.jpg

次は「シュレック3」と「レミーのおいしいレストラン」を観なくっちゃ。
posted by まこと at 00:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月22日

切った、観た、買うた

ヨメが髪を切りに行くというので、一緒に予約を入れてもらい、
便乗させてもらった。
4カ月もほうっておいたので、立てても寝かしても収拾がつかず、
困っていたので散髪して気分もスッキリ。

070721tress.jpg

この美容室、場所は京都なんだけど、昔からの知合いがやっているので
少しだけ安くしてくれる。
髪の毛を切る人とお客さんって、いろんな話をすると思うけど、
今日は、「抜け毛はどうやったら防げるか」「ミクシィの社長は若いけどメチャクチャ儲かってるやろな」「キャンプの荷物とクルマの関係」の3本です。ってサザエさんの
タイトルかい。

その後は、予定外だったけど伊勢丹の美術館でハワイの写真展をしていたので、
短時間でササッと見てきた。

070721hawaii.jpg

時間がなかったので作家のトークショーも聞けずに帰ってきたけど、
すごく美しくて強い写真の数々に、十分に魅了されてしまった。
ほとんどは一般的なコンパクトデジカメで撮影してインクジェットプリンタで
印刷したものだったが、虹、花、鳥、空、フラ、溶岩、ヤシ、滝・・・
原色の、力強い生命がひとつひとつの作品に宿っていた。

またハワイに行きたいな〜〜〜〜〜と思いながら、夕方からは富田林へ家族の
送り迎えに往復し、夜は梅田へプリンタを買いに。
長年使っていた家用のインクジェットのプリンタが
とうとうイカレてしまい。ついに買い替えることになった。

できれば、コンパクトフラッシュやSDカードから直接プリントができて、
CDのレーベルの印刷ができて、スキャナもついて・・・そんなのがあればいいな〜と
思って見に行ったら、きょうびのプリンタはどの機種もそんな機能がついていた。
・・とほほ、自分がいかに時代についていってないかということか。

070721canon.jpg

帰ってからはプリンタの梱包を開けて、Macとつないだり、
トナーカートリッジをはめたり、プリンタヘッドの調節をしたり、
ヨメにスキャナの使い方を教えたり、落ち着くまでに2時間くらいかかったかも。
用紙サイズも今回のは最大でもA4なので、家にあったA3の紙は残らず半分に切った。

とまあ今日は行動範囲も時間の使い方も濃い一日だったけど、
予定していたことが全部できたわけじゃない。
できなかったことは、ランニングと、「ダイハード4.0」を観に行くこと。
posted by まこと at 01:51| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月20日

人のお世話になりすぎ

ゆうべの飲み代は、なんと知合いのデザイナーが全部出してくれた。
いいのかな、こんなにしてもらってと思いつつ、今日は知合いのカメラマンの
スタジオで撮影の立ち会いをしていたら、今日のお昼ご飯はカメラマンが
ご馳走してくれた。

ゆうべからぜんぜんカネ使ってないやん俺。

そして今日の夜。
8月に愛媛県の中島で開催されるトライアスロンに初参加するelemamaに
水泳を教えるつもりで一緒にプールに泳ぎに行った。
そこのスポーツジムの利用料も、elemamaが以前に買っていた利用券を
使わせてくれたもんだから、ここでもお金を出さなかった。

070719swim.jpg 070719pool.jpg
プールの写真はここの
スポーツクラブの写真から
拝借しました。



水泳を教えるという生意気な気持で行ったんだけど、
elemamaは教えることなどほとんどないくらい上手だった。
とてもリラックスしていて、しなやかでリズミカルな泳ぎだった。
連続で400mしか泳いだことがないと言ってたけど、
考えてみたら連続で400m泳げるってスゴイことだし。

しかも、さすがトライアスリート。
帰りは自分のチャリンコを俺に渡し、自分は家までの長い距離を走って帰った。
何百メートルも泳いだあとなのに。

070719mama.jpg

そして夜遅い時間から家にまでおじゃまさせてもらって、
ビールを1杯いただくつもりが、次から次へとmamaの手から食べ物が生まれ、運ばれ、
すっかり晩飯をご馳走になった。手作りの美味しいおかず、美味しいビール、
美味しいからといって勧められたので飲んでみたらほんとに美味しかった日本酒。

070719menu.jpg

あら〜、ついに今日の晩飯もタダでご馳走になってしまった・・・・・。

いろんな人のご好意のおかげで、財布からぜんぜんお金が出ていかない。
ここしばらくは、お金を使わない星まわりなのかも。
皆さんに感謝・・・。
posted by まこと at 02:22| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月16日

泥の中の世界

さて、台風も大阪を直撃せずに通りすぎたようなので、きのうの樋そうじに続いて
今日はこれまたずーっと気になっていた家の前の溝そうじやクモの巣そうじをば。
なにせ、近所の溝はどこもきれいなのに、うちの家だけ落ち葉やドロがたまって
詰まっている。
半年に1度くらいきれいにしてるんだけど、お隣との境目を小さな金網で
さえぎっているので、そこにどんどん落ち葉や土が積もっていって水が流れなくなる。

この写真は、溝のふちまであった堆積物をすくい取って、かなり減った状態。
ここから、すっかりきれいになるまでは、まだかなり作業が続くんだけど・・。

070715mizo01.jpg

取っても取っても、永遠に底までたどり着かないんじゃないかと思うほど
たまっていた。ほとんど溝としての機能を果たしていない。
おもしろいかったり、時々ドキッとしたりするのは、
スコップで落ち葉まじりのドロをすくっていると、いろんな生き物が出てくる。

何匹もの巨大ミミズとか・・・・ムカデとか・・・・

070715mizo02.jpg 070715mizo03.jpg

あとはゲジゲジとか、カタツムリの死骸とか、見たこともない動く物体とか・・。
よくこんなまっ暗なグチュグチュの世界で生きてるなと感心する。
ドロの中には居酒屋も王将もなければ映画館も本屋もないじゃないか。
君たち!そこにいったいどんな楽しいことがあるというのだ。
俺はこんなところでは生きたかねえぜ。そこで生きろとは誰にも言われてないけど。
posted by まこと at 00:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月15日

今日から3連休だ・・ろ?

旅行の予定もないけど今日から3連休。
台風が近づいているので、まずは気になっていた樋の掃除から始めた。
屋根から落ちた雨を受けてちゃんと流れないといけないんだけど、
心配していたとおり落ち葉やドロで詰まっていた。雨が降る中、髪の毛もシャツも
濡らしながら掃除したら水が流れるようになったので気持ちよかったけど、
でもきれいにしたのは1本だけ。
家中の他の樋もみんな詰まってるんだろう、おそらく、たぶん、ぜったい。

台風が近づいているけど、そして今日から3連休のはずだけど、
夕方から仕事の打ち合わせのために枚方方面へ。
そこらじゅうが水たまりや川のようになっていたために水しぶきを上げながら
走ったので、クルマの下まわりを洗浄したような効果があったらいいんだけど。

校正を見せたり、見積もりの説明をしたり、次の仕事の話をしたり、
3時間ほど打ち合わせをして8時過ぎに帰宅し、そこからプールへ泳ぎに行った。
なぜか最近よく泳ぐ。先週久しぶりに泳いで、あまりにも
泳げなかったもんだから、またちゃんと泳げるようになりたいという願望が
湧いてきたんだろうか。
1000m泳いだあと、今日はヨメも一緒だったので、クロールの息つぎを
教えたりした。ヨメとプールで泳ぐのなんて何年ぶりだろう・・・。

それにしても・・・
最近の男性はみんなヒザ近くまである水着を履いている。どうもあれが苦手で、
自分はいまだにビキニタイプの競泳用を履いてるんだけど、そんなスタイルの人は
ゼロとは言わないけどほとんど見かけない。
そのうち、あのバミューダ(とっくに死語?)みたいな水着を買わないと
いけないのかな・・。ハイテク水着だかなんだか知らないけど、
100分の1秒を争うような泳ぎをしてるわけでもないのに・・・・。

ま、世間の目から見ればそんなつまんない個人的な葛藤はさておき、
泳いで、風呂入って、家に帰ってきたのは11時過ぎで、そこでやっと晩ご飯。
で、その後はアルコールを飲みながらブログの更新。

ん? これじゃ普段の生活サイクルとあんまり変わらんじゃん。・・・
3連休なのに・・・。
posted by まこと at 00:37| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。