2008年03月18日

無題

父が亡くなった。


特にこの4カ月間、ゆるやかに脳や体の機能を失ってきて、少しも苦しまずに、最期は家族にみとられて息をひきとった。



2年間ようやってくれたなとヨメに言ってやりたいが、もうひと頑張りしてもらわないといけない。

ちゃんとした葬式を出してやらないと。
posted by まこと at 01:14| Comment(9) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
御尊父様のご冥福をお祈り申し上げます。
Posted by ハタ坊 at 2008年03月18日 07:32
ただただ驚いています・・・
エラブにいるので何もお手伝いできず・・・・・
エラブより お父様のご冥福をお祈り申し上げます。
Posted by makiko at 2008年03月18日 13:15
よくなっていらっしゃるのだとばかり思っていたので、びっくりしています。
お通夜にお伺いするつもりでおりましたが、子どもの預け先が確保できず、失礼させていただきます。心よりご冥福をお祈り申し上げます。
Posted by ゆうま母 at 2008年03月18日 17:54
御尊父様のご冥福をお祈り申し上げます
Posted by しん at 2008年03月18日 21:08
ハタ坊さん
makikoさん
ゆうま母さん
しんさん
お気遣いありがとうございます。みなさんのお気持ちがすごくうれしいです。
私は今、なぜか事務所で仕事してます。葬儀の準備とかいっぱいあるのになかなか帰れないよ〜!!
Posted by まこと at 2008年03月18日 21:42
まことさんのお父様への愛、はしばしで感じてました。ただ、驚くしかできない私ですが、こんなすてきな息子を世に残したおとうさんに「ありがとう」っていいたいくらいです。うーん、何いってるのかわからなくなってきたけれど、ご冥福をお祈りします。やさしいお嫁さんと孝行息子に支えられて、幸せだったと思います。あと数日間大変でしょうが、お体に気をつけてください。しかも、こんな時期もお仕事だなんて、まこちん、がんばれ〜。
Posted by 桂子 at 2008年03月20日 02:06
桂子さん
ありがとうございます。通夜と葬儀が終わり、仏壇の前に父の位牌と骨壺と遺影を置きました。
父が入院していて家にいない場合と、死んで家にいないのとでは、空気がぜんぜん違います。
Posted by まこと at 2008年03月20日 22:57
まことさんのお父様への深い愛と献身振りをブログの記事からいつも感じていただけにコメントすら出せずにいました。
哀しみから立ち直るには少し時間がかかるとは思いますが、また元気に走られる姿を見せてください。
お嫁さんの暖かい愛も素晴らしいですよね。お父様もお幸せだったのではないでしょうか。
Posted by tacoco at 2008年03月23日 20:37
tacocoさん
コメントしていただかなくとも、tacocoさんが一緒に残念な思いでいてくださっているのはわかってました。今は葬儀が終わって、病院へ挨拶に行き、ご近所へ一件ずつお礼を言いに回り、通夜と葬儀に来てくださった人たちにお礼の電話を入れているところです。
何人かの人が、いくらしてやっても、もっとよくしてやったらよかったって思うやろ、と言ってくれましたが、自分で言うのも変ですけど、それは後悔していません。この2〜3年の間、父が元気になるために、できるだけの時間を割いて、できるだけのことはしてきたつもりです。ただ、父の体の奥でどんな変化が起きていたのかはわかりませんが、毎日の生活次第ではもっと長生きできただろうにと思うと、諦めきれない気持ちです。
父の話になると、ヨメは毎日シクシク泣いています。誰よりも長い時間父のそばにいて、食事の介助や着替え、病院への送り迎え、下の世話まで、我が親のように面倒を見てくれました。父は何週間か前に、何を思ったのか、「最後の最後までありがとう」とヨメに言ってました。
父が幸せだったのかどうか、それは私にはわかりません。ただ、この2〜3年は、とても濃い時間を過ごせました。
あ〜、なんか一気にしゃべっちゃった。
tacocoさんもどうか、お父さんをお大事にしてあげてください。
Posted by まこと at 2008年03月23日 22:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。