2008年01月14日

氷上の祭典

080114ice1.jpg 080114ice2.jpg

会場内は写真撮影が禁止だったので、今晩放映されていたテレビの画面をキャプチャ。
荒川静香、安藤美姫、高橋大輔、本田武史、サーシャ・コーエン、
アレクセイ・ヤクディン、エフゲニー・プルシェンコ・・・・
まさに〈スターズ・オン・アイス〉。
大阪での公演の最終日を見るために、なみはやドームに行ってきた。

080114ice3.jpg

フィギュアファンならきっと全員の名前を知ってるんだろう。XX年世界選手権優勝とか
第2位とか、そんな選手が続々と登場してスケートリンクを滑ったり走ったり
跳んだり回ったり。
その美しさとダイナミックさは、テレビで観るのとはぜんぜん違っていた。

世界の頂点に立った、あるいはこれから立つ、そういう選手ばかりが、
わずか数メートルの目の前で生で演技をする。生はスピードが違うんだろうと
思っていたが、テレビとはぜんぜん違う。すごいスピードで迫ってきて、
アッという間に滑り去って行く。
ジャンプもスピンもすごいけど、普通の滑り自体が、
あまりにもなめらかで美しくて、あまりにも速くて、
会場内は寒かったけど、寒さではなく、演技に対して鳥肌が立った。
どれくらい鳥肌が立ったかと言うと、今、自分の腕を油で揚げたら
鳥の唐揚げができるんじゃないかってくらい、それくらい鳥肌が立った。
posted by まこと at 22:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。