2008年01月01日

2008年 元日

080101newyear.jpg病院にも正月は来る。
正面玄関には門松も飾る。
朝食もお正月メニューになっていた。
大根と金時人参が入った、雑煮バージョンのお粥。
金時豆。鯛の子じゃないけど、魚の子。
お箸だって迎春用のおめでたい箸だ。

「年寄りがノドに詰めたらアカンから、
さすがにお餅は出えへんな」というと、
父は目をつぶったままうなづくだけだった。
(おーい。そこは笑うところやぞー)

父の朝食の介助をしていると、看護師さんが
「お誕生日おめでとうございまーす」と言って
入ってきた。そうだ、忘れていたけど、
父の誕生日は1月1日だった。

父が家で正月を迎えないのは、
おそらく初めだろう。
父だけではない。弟も4日前に、友達に突き飛ばされて床で後頭部を打ち、出血を止めるために10針縫う怪我をしたために入院中。
父と運命をともにして正月は病院で過ごしている。

ということで、この正月、家にいるのは我々と妹の家族だけ。
父の食事の介助をして家に戻り、みんなで「あけましておめでとうございます」と言ってからおせちを食べ、年賀状を読み、正月のテレビを見、日本酒に酔って昼寝をし、年末に新しく買った焼却炉で落ち葉をジャンジャン燃やしたのが原因で気に入っていたナイキのウインドブレーカを焼いてしまい、昼は全員で父の病院へ見舞いに行き、あとはマイカル茨木へおもちゃを買いに行って人に酔って帰ってくるという、
まあ忙しいようなのんびりとしたような、平和な元日だった。

ところが一日はこれでは終わらない。
夜になって、5歳のめいっ子が兄弟げんかが原因で後頭部を床で打ち出血。
あわてて救急病院へ連れて行き、CTを撮り、傷口を(縫わずに)ホッチキスで止めてもらうという事件が起こった。ホッチキスを手に持ち、先生が傷口を狙いすまして
ブスッと刺す。しかも麻酔なしで3カ所。
弟といい、姪っ子といい、今年は後頭部に注意しろという信号なのかオイ。

そうそう、書き忘れていたけど、夕方に走り初めをした。
11月は265k走ったのに、12月は80kしか走っておらず、極端な自分の性格に
あきれていたというのもあったが、しばらく走っていなかったので、
久しぶりに走った10kは素直に気持ちがよかった。

いろんな事をしたし、1日に3回も病院に行った元日だったけど、
今年はどんな年になるんだろう。
posted by まこと at 23:05| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 あけましておめでとうございます。
なかなか刺激的な元旦ですね。さて、私はいつも以上に早く元旦から出勤となりました。嫁さんはパートで、子供達はアルバイト出勤。なんと貧乏で、働き者な一家なんだろうかと元旦夕方に家族で笑いあってしまいました。アハハ・・しかし、大学生にもなった孫達に80歳を廻った夫婦の親達(祖父母達)から届いた『お年玉』を手にして,お礼を含めて年賀挨拶をするのはいつもの光景です。まことさん一家は一年の厄が元旦に集中したから、これからは福が舞い込むばかりですよ。そして我が家は遊んで過ごす一年かな?
Posted by カジヤン at 2008年01月02日 13:58
カジヤンさん
あけましておめでとうございます。家族揃って働き者なのはいいことですけど、カジヤンさんも元日から出勤なんですか。とうぜん年末は大晦日までお仕事でしょうし、大変ですね。私の友人も年越しはトラックの運転席だったとメールが来ました。病院の看護師さんも、元日の朝食時に居る人はみんな大晦日からの夜勤です。正月に働く事がえらいわけじゃないですけど、でもなぜか、そういう人を見てると、「尊い仕事をしてるな〜」って訳もなく思いました。
Posted by まこと at 2008年01月02日 23:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。