2007年10月22日

第2回かもしかハーフ

ここは三重県、鈴鹿国定公園にある御在所岳のふもと。
第2回鈴鹿山麓かもしかハーフマラソンは、去年に続いてめちゃめちゃいい天気だ。
主催者や参加者に、強烈な高気圧ボーイか高気圧ガールがいるのかもしれない。

071021kamosika01.jpg 071021kamosika02.jpg

たかがハーフと、気楽な気持ちで来ているはずなのに、今回は一人旅で来たからか、
それとも3週間後にせまったフルマラソンに向けて脚が作れてきてるかを占う
レースになるからか、ガラにもなく、ゆうべは緊張して自分で自分の脚を
マッサージしたりしていた。

じゃあピストルが鳴ってスタートすると、気合いが乗ってぶっ飛ばしたのかというと
そういうわけでもなく、けっしてゆっくりではないけど、飛び出すわけでもない。
春の芦屋以来のハーフなので、どうもペースがつかめない。
このコースは途中にエグい坂道があるので、どちらかというと、速すぎないスピードで
速く走ろう、てな感じ。

今回は、ちょうど自分の前後になりながら並走しているおじさんが元気な人だった。
頭は全部白髪なのでけっこうなお歳だとは思うのだが、達者な走りで、
沿道の応援に対しても「ありがとー」「応援ありがとー」「僕だけ応援してー」と
手を振りながら走るくらい明るくて勢いのある人だった。

この人、よく観察していると、沿道の応援がしばらく途切れたときは
ややペースが落ちる。子供やお年寄りが「がんばれー」と応援してくれている所では
「応援ありがとー」と言いながらややペースが上がる。
しかし意識してスピードを変えているようには見えない。
何キロか一緒に走っているうちに気がついた。

(そうか。この人はまわりの応援を、自分の力にして走ってるんだ)

そう思ってからは、沿道の応援エネルギーを吸い取って、いや吸収して走ってやるぞ、
と思い、まるでドラゴンボールの悟空が元気玉を作る時のような気持ちで走った。
(「みんな、オラに元気を分けてくれ」と心の中で言ったりはしなかったけど)

今回は最初のいやな上り坂の途中に“おもてなしコーナー”というエイドがあって、
そこには給水の他にバナナやチョコレートも置いてある。
せっかくだからチョコレートをいただこうと思ったら、走りながらなので
うまく取れなかった。
しかし、そこでチョコレート好きの悲しさが出てしまって、
取り損ねたチョコをもらうために、わざわざ後戻りしてしまった。
なんか、食い意地のはったランナーみたい。(デパ地下の試食じゃないんだから・・)

でも、走りながらチョコを食べると、歯で噛んで細かく割れたチョコが口の中で
モゴモゴして・・・・こんなに走りにくいもんだとは知らなかった。

その後は、中盤以降に、約2k続くエグい上り坂がある。
去年そこを走った時は、「来年はたぶんエントリーしないだろう」という気持ちに
なったのにナゼか今年も走ってしまっているけど、今回その坂を上りながら、
「やっぱり来年は出ないぞ!」と気持ちを新たにした。
(と言いながら、また来たりして・・)

そして、2k上ったあとは、2kの下りが続く。去年はこの下りをうまく走れなくて、
どんどん後続の人に抜かれたのを覚えている。
今年は、自分のカラダが落ちていくことにまかせて、できるだけそれにブレーキを
かけないようにして走った。

その後は細かなアップダウンが続いて、最後は2.5kのゆるやかな下りを走ればゴール。

文章にしてしまうと短いけど、今年もやっぱりしんどかった。
記録は1時間37分02秒。
去年はこの大会が初ハーフで1時間40分25秒だったので、今年はそれより速く、
37分か38分で走れたらいいな〜と思っていたので、
このタフなコースで、しかもチョコを取るために後戻りもしてこのタイムは満足だ。
それに、タイムよりも、21kをしっかり走れたという実感が残っているし。

071021kamosika03.jpg 071021kamosika04.jpg

あー、やれやれ、という気持ちで、会場で合流した友達の車で近くの温泉に
連れていってもらい、夕方からは名古屋へ場所を移して、名古屋のラン友と宴会。

その日のうちに大阪まで帰らないといけないのに、翌日は仕事なのに、
約1年ぶりの再会なのでついつい飲み続けてしまい、3軒もハシゴをして、
飛び乗るように新幹線のホームに駆け上がり、車内で爆睡(新大阪止まりじゃ
なかったら、どこまで行ってたかわからない・・)して帰ってきた。

いや〜、天気はよかったし、自分なりにそこそこの走りができたし、酒は上手かったし、
ええ一日じゃった。

071021nagoya01.jpg 071021nagoya02.jpg
posted by まこと at 23:59| Comment(7) | マラソン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
チョコを取りに戻るなんて。
私のことを「食いもんに対する執着がスゴイ!」と言っておきながら……。そっくり、その言葉をお返しします!!
Posted by ゆうま母 at 2007年10月23日 09:21
ゆうま母さん
うっ!おっしゃるとおりです。ダメですね〜、つまらないことで執着心を出してしまっては。普通のチョコレートとバナナでこれですから、もし白い恋人とバナナロールだったら10分くらい立ち止まってたかもしれません。
Posted by まこと at 2007年10月23日 12:21
当日はお疲れのところをありがとうございました。
今朝お三方のブログ開いたらみんな長いんだもん。こりゃブログ遊びは今日のエアロバイクのお供だなと,いったん閉じて,今@バイクです。
来年出ないとしたら他のこっち方面考えてくださいね。って自分が動くこと考えなさいよ --> わし。
で,こっち方面はスキーシーズン以外を希望します。かもしかとかさ。
Posted by びい at 2007年10月23日 12:34
びいさん
3分そこそこで4つのブログにコメントを入れるとは、さすがにお忙しい方は合理的ですな〜。
来年ですか。びいさんがかもしかのハーフに出るんなら、考えよっかな・・。私もスキーシーズンはスキーに行きたいですし。
Posted by まこと at 2007年10月23日 13:07
はじめましてです。
かもしかハーフ、僕もおじさんと並走していました。
こちらは余裕がなかったので、
あれだけ「ありがとう」言いながら
よく走れるなと感心してました。
僕は1:37:16だったので、まことさんと途中で抜きつ抜かれつしていたと思います。
しかし、ホントいい天気でしたよね。
Posted by tks at 2007年10月25日 01:09
遅くなりましたが かもしかありがとうございました〜 
ホント楽しい一日でした お土産もありがと〜です♪
そうそう 私も達者なおじさんと同じかも!? 
ギャラリーが多いと普段よりガンバれちゃいます(^0^) 
Posted by らんらん at 2007年10月25日 17:44
tksさん
はじめまして。ほんとですね。タイムといい、おじさんとの並走といい、私たち二人はすごく近くを走っていたようですね。コースはキツかったですけど、気候もよかったですし、終わってみたら気持ちのいい大会でしたね。私は次はいびがわです。

らんらんさん
沿道に誰もいてくれなかったら、苦しさが倍増しそうな気がします。そういえば誰かが言ってました。「仮装した方がタイムがいい時がある」って。それってギャラリーを意識するからですよね。
Posted by まこと at 2007年10月25日 18:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。