2007年09月08日

トレイルは効く

今朝は6時に目覚ましを鳴らし、7時前に家を出て四条畷へ。
目的は何かというと、「トレイルで3.5時間走」。

まず四条畷に集合して駅にしゃがんでストレッチをしてると、シューズに異変を
発見! 今履いているナイキのシューズはカカトが透明になっていて、そこにエアーが
入ってるんだけど、右のカカトは普通なのに左のカカトはペシャンコ。
・・・・エアーがパンクしている。
というか、これってただの見せかけみたいなものだと思っていたのに、
クッションとしてのちゃんとした機能を持っていたんだ。(失礼しました)

そんなことは気にせず、みんなに混じって生駒のトレイルコースまでゆっくり
走りながら移動する。山に向かって行ってるわけだから、ず〜っと上りが続く。

070908ikoma01.jpg

現地について、1周2kmのトレイルコースを案内される。
アスファルトの道路はなし。アップダウン、アップダウン、アップダウンと続く
周回コースを各自のペースで2時間走った。
時計を見ながら走っていると、自分の場合はだいたい1周が15分くらい。

これはええトレーニングなるワ。ここで粘って走れたら強い脚が作れそう。
と思っていたのは1周目、2周目、せいぜい3周目までで、
あとは周回ごとに脚にこたえる上り坂をヨロヨロ走りながら、
(ハイキングしてる人とそんなにスピード変わらへんで、こりゃ100%筋肉痛が
来るな)と、自分の脚の弱さに痛感しながら、とにかく時間までは続けた。

小分けしてサランラップに包んだまま引き出しの中でずっと眠っていたパワーバーを
今日は腰のポケットに入れ、それとクチャクチャと食べつつ、
(トレイルランニングの醍醐味は不規則なリズムにあるよな〜)などと思いながら
走っていたのも1周目、2周目くらいまでで、後半は、ダメージを受けてだんだんと
上がらなくなってきた足が何かにつまづいてカッコ悪いこけ方をしないよう、
そんなことに注意しながら走っていた。(なにがトレイルの醍醐味や)

いや〜、しかしまあ、いいトレーニングになった。それと、参加した人全員が
ちゃんと走っていたのもすごい。みんなしっかりした脚を持ってるんだ。

070908ikoma02.jpg

周回コースの2時間走が終わったあとは、駅までゆっくりとランニングで下る。

070908ikoma03.jpg

これは何かと言うと、走りながら気付いて撮影した四條畷市のマンホール。
実は以前からマンホールチルドレン(じゃなかった)、
マンホールフェチ(それは変態っぽい)、
マンホールコレクター(響きがヘンだけど、意味はだいたい正しい)で、
各地でマンホールを見ると写真に撮ったりしている。
マンホールのフタはそれぞれの土地で全部図柄が違っていて、
四条畷は桜の図柄になっていた。桜の名所が多いのかな。いや、よく見ると
アヤメっぽいのも混じってるぞ。木も桜じゃないかも。う〜ん、よくわからない・・。
posted by まこと at 22:25| Comment(4) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
このマンホールにデザインは
市の木の楠と
市の花のさつきです。
四条畷の駅から山側と反対へ商店街を
抜けていくと楠正行(くすのきまさつら)
の墓があり、そこに見事な大木があります。

室池に向う途中の四条畷神社も
桜では有名なところなんですが・・・
市の花は、さつきなんですよ。
Posted by Sata at 2007年09月10日 21:17
Sataさん
お詳しいんですね。四条畷のバスガイドさんかと思いました。早速マンホールの写真をコレクションしているファイルにメモしておきました。※くすのきまさつら、と打ったら一発で楠正行と変換されました。パソコンってエライです。
Posted by まこと at 2007年09月11日 00:45
近くなんです。
そのコースあたりは庭のように
20年前から走っています♪
Posted by Sata at 2007年09月12日 19:28
Sataさん
庭のように20年といっても、ただ走ってるだけじゃモノ知りにはならないです。好奇心や観察力が旺盛なんでしょうね。
Posted by まこと at 2007年09月12日 21:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。