2007年07月16日

泥の中の世界

さて、台風も大阪を直撃せずに通りすぎたようなので、きのうの樋そうじに続いて
今日はこれまたずーっと気になっていた家の前の溝そうじやクモの巣そうじをば。
なにせ、近所の溝はどこもきれいなのに、うちの家だけ落ち葉やドロがたまって
詰まっている。
半年に1度くらいきれいにしてるんだけど、お隣との境目を小さな金網で
さえぎっているので、そこにどんどん落ち葉や土が積もっていって水が流れなくなる。

この写真は、溝のふちまであった堆積物をすくい取って、かなり減った状態。
ここから、すっかりきれいになるまでは、まだかなり作業が続くんだけど・・。

070715mizo01.jpg

取っても取っても、永遠に底までたどり着かないんじゃないかと思うほど
たまっていた。ほとんど溝としての機能を果たしていない。
おもしろいかったり、時々ドキッとしたりするのは、
スコップで落ち葉まじりのドロをすくっていると、いろんな生き物が出てくる。

何匹もの巨大ミミズとか・・・・ムカデとか・・・・

070715mizo02.jpg 070715mizo03.jpg

あとはゲジゲジとか、カタツムリの死骸とか、見たこともない動く物体とか・・。
よくこんなまっ暗なグチュグチュの世界で生きてるなと感心する。
ドロの中には居酒屋も王将もなければ映画館も本屋もないじゃないか。
君たち!そこにいったいどんな楽しいことがあるというのだ。
俺はこんなところでは生きたかねえぜ。そこで生きろとは誰にも言われてないけど。
posted by まこと at 00:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。