2007年07月11日

すごいぞカタナ刑事

このブログを読んでる人から「内勤刑事ってなんですか?」と聞かれた。

あのね、内勤刑事じゃなくて「ナイキのカタナケージ」。
内勤で事務専門にやってる刑事っているのかどうか知らないけど、
そんなのがランニングショップで売ってるワケないやろ。

070710katana.jpg

撮影するのが面倒だったので
写真はよそのサイトから拝借




それはさておき、今日はそれ(内勤の刑事じゃないよ)を履いて、
大阪城公園で15kのペース走。
1周3kのコースを5周、キロ5分半で走って後半は少しずつビルドアップしていく。

まず、今日の夜は涼しかった。

走っていても、暑さも、出てくる汗の量も、気持悪さもぜんぜん違う。
そんな要因にも助けられたんだと思うけど、最後の1周なんて、
700k以上走ってヘタってきていたサッカニーを履いて、
蒸し暑い中ビルドダウン走をしてしまった先週と比べて
今日は1分20秒も速かった。

3kで1分20秒つったら、キロ25秒以上も速く走れるわけ??

このカタナケージというシューズ、着地したあとの足の抜けがすごくいい。
メーカーが喜びそうな言い方をすると、着地のたびにブレーキがかからない。

ま、もちろん、気持ちよく走れたというのは、
「今日は涼しかった」のが一番大きな要因なんだろうけど。
・・・いや、ホントはそれがすべてだったりしたらショックだな。
posted by まこと at 00:17| Comment(2) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ナイキのエアはその反発がうまく合う合わない、個人差がありますが、おそらく接地が着地の衝撃緩和がエネルギーにうまく使われているのでしょう。シューズは普通、ウルトラマラソン用以外は通算500km以上走ると劣化が激しくなります。
 それと履きならすバランスもありますが、狙うレースではその靴で100kmくらい走った状態で使用すると、摩耗がまだそれほどではなく、足も靴の特性を把握しているので、いい状態で臨めますよ
Posted by 山中鹿次 at 2007年07月14日 11:34
山中さん
ありがとうございます。500kで劣化ですか・・。いろいろ参考にさせていただきます。
Posted by まこと at 2007年07月14日 23:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。