2007年05月08日

スパイダーマン&ロッキー

070507spider.jpg

GWにスパイダーマン3を観てきた。
上下左右に激しく移動する映像の中に自分がいて、
USJのアトラクションのような映画だった。

今回のスパイダーマンのテーマはたぶん・・・

  「オンナは難しい・・・」

じゃないだろうな。たぶん本当のテーマは

 「人間はみんな自分の意思とは別に、人を誤解したり傷つけたりしてるけど、
  それを解決するのは自分自身なんだ」

てなところかな・・・。
主要な登場人物みんなが、人を誤解したり疑ったり傷つけたり、
葛藤したり自分と闘ったりしていた。


もうひとつ、「ロッキー・ザ・ファイナル」も観てきた。
これは、ロッキーが好きで好きでたまらない人以外の人にしてみたら、
スタローンの自己満足の映画にしか思えないかもしれない。
でも、ロッキーが好きで好きでたまらない人にしてみたら、
感動して、勇気をもらえて、大満足で映画館を出るだろう。

今回もそうだけど、「ロッキー」シリーズのすごいところは、
自分が映画を観ているということを忘れて本気で応援してしまうところだ。
今回も試合のクライマックスのシーンでは映画の中の歓声に交じって
「ロッキー! ロッキー!」と叫んでしまいそうだったし、
映画が終わってからも、みんなの歓声に応えながらリングを去っていく
ロッキーに、立ち上がって拍手をしてしまいそうだった。
映画が本当に終わったあとも、すぐに席を立つ人はほとんどいなかった。
自分にとっては、いい映画だったかな。


・・てなわけで、60歳のロッキー・バルボアにファイトをもらった今朝の
ランニングは、出勤前に家の近所を8k。
posted by まこと at 01:06| Comment(4) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今度の映画は、何を観ようと思っていたのでメモメモしておきます^^
私はバベルを見て、娘は友達とクレヨンしんちゃん見てきてます。
クレヨンしんちゃんもほっろとして、なかなかよかったようです^^
バベルは・・・私はいまいちでした^^
Posted by ふる〜つ at 2007年05月08日 15:44
ふる〜つさん
子供用のアニメ、あなどれませんよね。私は去年、甥っ子や姪っ子と映画館でポケモンを観て、感動のあまり「サトシ〜、がんばれー!」って応援しそうになりました。
『バベル』はヨメが観てきましたが、「難しい・・」と言ってました。『ブラッド・ダイイヤモンド』はよかったらしいですよ。あしたは『クイーン』を観るらしいです。
Posted by まこと at 2007年05月08日 22:55
最近、なぜか息子がスパイダーマンを題材にしたギャグマンガ(?)をよく描いてます。1作目のは、なかなか笑えたのですが、2作目の「大ドロボウペプシボーイvsスパイダーマン」は、あまりに字と絵が汚すぎて内容が???最後にスパイダーマンがうんちをしていることだけはわかりました。それにしても、男の子って、何年生になっても、何であんなに”うんち”で大笑いできるんでしょうね?
Posted by ゆうま母 at 2007年05月10日 13:55
ゆうま母さん
私なんて中学生になってもそんなマンガを描いてましたよ。野球の試合で、ホームにスライディングをしたランナーがキャッチャーにタッチされて、一見アウトに見えたその瞬間、ランナーはうんちをもらしていて、そのうんちがホームベースに届いているのをみた審判が「セ〜〜〜フ!」という下品なマンガでした。
汚ねぇ〜・・・。
Posted by まこと at 2007年05月11日 00:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。