2007年04月14日

いい子に育て

寒い冬を過ごしていると、半年もすれば夏がやって来て半袖で過ごすように
なるなんて絶対に信じられない。
しかしさすがに半袖で過ごしてもいいくらい暖かくなってきた。
今日はクルマを運転していても窓を開けずにはいられなかったし、
雑草を抜いていても腕まくりをせずにはいられなかった。

そんなポカポカ日和の今日、京都の山奥から妹が日帰りでやってきた。
目的は、久しぶりに父の様子を見るため。
ケーキを2種類、パンを2斤、あと草餅も持ってきてくれた。
(どれも自作。子供を4人も育てながらどこにそんな時間があるんだろう)

妹が育てている4人の子供のうち、今日は保育園に通う女の子と
この4月に小学1年生になった女の子が一緒についてきた。

その子たちは庭でシャボン玉を作って遊び、

070414rana niko01.jpg 070414rana niko03.jpg 070414rana niko04.jpg

落ち葉を掃いて掃除も手伝ってくれ、

070414rana niko02.jpg

その上、ふすま貼りの手伝いまでしてくれた。
(実はふすま貼りは1回で終わったわけではなく、貼り替えないといけない
ふすまが、まだかなりある。つまり家中のふすまが破れたり汚れたりしてる)

070414rana niko05.jpg

こんなに無邪気で優しい子が40年もすれば、
「文句あったら言わな損やで」と思いながら生きているオバハンになるなんて
絶対に信じられない。
いや、この子たちはそうはならないような気がする。(甘いかな〜)

妹は、久しぶりに父と碁を打っていた。
子育てをしている姿だけを見てると、妹がプロの棋士だなんて
絶対に信じられない。

父はこのごろ、好きな碁を打たなくもなったし、碁の本を開くことも
なくなったが、あとで聞いてみると、けっこう普通に打てたらしい。
よかった、よかった。
posted by まこと at 23:59| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そう言えば、昔、「オバハンは、いつからオバハンになるんやろ」という議論をしたことがありましたよね。そのとき出た結論が、確か「オバハンは、もともとオバハンやったんや」だったと記憶しています。ということは、素直でやさしい姪っこちゃんたちは、大丈夫でしょう。
Posted by ゆうま母 at 2007年04月16日 09:29
ゆうま母さん
前から不思議だったんですけど、若い子を見ると、将来どんなオバハンになるか想像つくんですけど、オバハンを見ても若い頃の姿は想像つかないんです。それともうひとつ、電車の中で自分の斜め後ろに立っていてもオバハンはオバハンとわかるんです。不思議ですね、オバハンって。
Posted by まこと at 2007年04月17日 01:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。