2007年04月05日

寒い・・でも春・・でも寒い

今朝は6時半に目が覚めたので、着替えて軽いランニングに出かけた。
予報では寒くなるとは聞いていたけど、これほど寒いとは思わなかった。
もう4月だというのに、走っていて手袋がほしいくらい。

それでも、なんだかんだ言ってももう春なので、途中の公園は
桜が満開になっているし、モクレンもあちこちで咲いている。
家のチューリップも咲き始めた。
気温はともかくとして、視覚的にはどこを見ても春だ。

桜に開花時期があるように、チューリップは4月1日から10日あたりが
きれいに見れる。これは毎年、ずれたことがない。
その年によって暖かかったり寒かったり、雨が多かったり少なかったり
季候が違うのに、どうして植物って(カレンダーを持ってるんじゃないかと
いうくらい)こよみに正確なんだろう。

070404turip01.jpg 070404turip02.jpg
posted by まこと at 01:17| Comment(2) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
桜の開花は、暖冬だから早くなるわけではなく、冬にしっかりと寒くならないと花芽が形成されないというのを、どこかで読んだのですが。「寒さをどうしのぐか」というのが、植物でも動物でも、進化の過程をうながしたのだなあ、と妙に感心した覚えがあります。
Posted by ゆうま母 at 2007年04月06日 00:17
ゆうま母さん
そういえば春に花が咲く球根も、11月から1月に植えますもんね。これも、寒い時期を体験させないといけないというのが理由らしいです。
さすが、桜の開花を動植物の進化の過程につなげていくとは、勉強ンなりますワ〜。
Posted by まこと at 2007年04月06日 01:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。