2007年01月11日

うなぎづくし

学生並に長かった正月休みも終わり、今週から仕事を始めているが、
たくさん休んだせいかけっこう忙しい。

・暮れから寝ていた仕事が動き出した。
・11月に、メンツにかけても勝ちたかったコンペの仕事がめでたく取れて、
 その制作が始まった。
・社員がひとり抜けて、自分以外に言葉をしゃべるものと言ったら留守番電話くらいしか
 ない状況になり、仕事のキャパが小さくなった。

などなどの理由でバタバタとしている。

正月に走って以来ぜんぜん走れてないなーなどと思いつつ、晩に走ろうかなー、
どーしよーかなーと思いながら11時ごろに家に着くと、
すぐにアツアツのうな丼が出てきたので、ジャージに着替える気持ちはどこかに
消えてなくなってしまい、ごく自然な流れでビールを開けてしまった。

070111unadon.jpg

今日は土用の丑でもないし、1月11日というように数字が3つ並ぶ日はウナギを
食べるんだったっけと思ったけどそうじゃないみたいだし、えべっさんの日は
ウナギを食べるという風習も確かなかったはずだし、よくよく聞くと、
単にスーパーで大き目のウナギが安かったらしい。

ちなみに今日、2時頃に定食屋へ昼メシを食べに行ったら日替わりはなくなっていて
「ウナギやったらあるよー」と言われたのでうな丼を食べたんだった。
posted by まこと at 23:59| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
生きるって事はワクワクしたり不安になったり気合いがみなぎったり気持ちが良かったりしんどかったりうれしかったり涙が出てきたり感動したり抱き合ったり応えんしたり、その全部、そしてその行為ひとつひとつにその人ならではの個性がある。自分ではきずいてない人もいるけどホントはみんなちやんと生きていると思う。
Posted by 長谷川 at 2007年01月12日 18:02
長谷川さん
「生命」というものを定義することすら、以前に紹介してもらったシュタイナーの理論をもってしても難しいのに、生きている「実感」というのは、心の問題なので最初から形がありません。でも確かにおっしゃる通り、心が(プラス方向かマイナス方向かは別として)大きく動いた時は、生きていることを実感できます。
Posted by まこと at 2007年01月13日 01:06
シュタイナーの理論なんて、ものすごく高尚な話が展開されていて、びっくり!でも、ブログの内容は、うな丼なのになあ……。
Posted by ゆうま母 at 2007年01月15日 12:14
ゆうま母さん
知ったかぶりです。ほんの受け売りです。ちょろっと本を数ページ読んだだけです。記事とは関係なく、コメント欄が単なる会話室になってるいい例っすね。
Posted by まこと at 2007年01月15日 12:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。