2008年02月28日

トライアスロンに出よかと

昔からフルマラソンに憧れる一方で、トライアスロンに対する憧れもあった。
正確に言うと、フルマラソンやトライアスロンに出られる体力に対する憧れ。

(でも無理やわな〜。いくら練習しても、そこまでの体力を養うのは無理やよな〜。
人間、やってできることと、やってもできへんことがあるもんな〜・・・)
と思いながら以前は過ごしていたけど、練習したらフルマラソンが走れてしまった今、
自分にやる気さえあったらトライアスロンもいけるのかも、っていう気持ちが
小さく芽生えつつはあった。
実際、去年トライアスロンを経験した人が言うには
「フルマラソンより楽」らしいし。

で、今日の仕事帰り、プールに泳ぎに行ったところ、今年になってから何回も
泳ぎに行ってるにもかかわらず、あまりにも満足に泳げなかったもんだから、
やっぱりトライアスロンに出ることに決めた。

出ると決めたら練習もしっかりしないといけないから、
また泳げるようになるだろうと・・・・。


つーことで、これからは普通の生活をしていたら練習の時間が作れないかも
しれないけど、やれる範囲で頑張ってみよう、とりあえず。
目標が叶うかどうかは、やってみないとわからないし。

ああ、それなのに今日、来月からインドへ行くっていう子が、堺筋本町の
インド領事館へ行ったついでにと言って事務所に遊びに来た。

こんな差し入れを持って。

080228mikasa.jpg

仕事の疲れと、空腹感に包まれる夕方の時間帯に食べたら、
アンコが甘くって、めちゃめちゃおいしかった。

家に帰って話すと、
「『エサを与えないでください』って事務所の扉に貼っとかなあかんね」と
ヨメに言われた。
posted by まこと at 23:59| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月27日

防犯ライト

仕事を終えて家の近くの駅まで帰ってくると、冷たい雨がシトシトと降っていた。
ちょっと前まではぼたん雪が降っていたらしい。ホント今年の冬は寒い。
家に着く頃には雲が割れて雨も上がっていたので、
晩飯(といってももう9時半)はヨメに待っていてもらうことにして(まだ待たせるんかい)、着替えてストレッチをして走りに出た。

ウインドブレーカーは着ていたけど手袋はしていなかったので、
この低い気温では走っていても手がかじかむ。
しかも走っているうちにまた雨が降り出すし。
雪→雨→晴れ→雨・・・短時間にそんなに変化するなんて、山に住んでるみたい。

今日は軽く10kだったけど、最近では珍しく軽く走れているような気で走れた
ような気がするような気が・・・。
いつもはもっと、体重を実感するような走りなのに。

夜道を走っていると、ある家の前を通り過ぎる時に
パッと道が明るくなることがある。
そう、そういう家には玄関にセンサー式の防犯ライトが付いている。

そのお家は防犯のために取り付けているんだろうけど、
走っている立場からすれば、これは非常に助かる。
自分が通り過ぎる時にパッと地面を照らしてくれるから、デコボコにつまずいたり
水たまりを踏んだり、マンホールでツルッと滑ったりしそうになるのを防ぐことが
できるから。反応のいいライトの場合は、数メートルの距離に近づいた時点で
センサーが感知してライトが点く。

舞台の上でスポットライトを浴びている主役の役者のような気分でもあるし、
サーチライトで居場所を照らされている脱走犯のような気分でもある。

どっちの気分でもいいから、
どこの家も取り付けてくれないかな、センサー式の防犯ライト。
家の防犯にもなるし、夜道を歩いたり走ったりしている人も安心だし。
せめて自分のランニングコース沿いに住んでいるお家だけでも・・・。

めったにそこを走らない人間が言ったらアカンね。へ、すんません。
posted by まこと at 23:59| Comment(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月26日

「結婚しようよ」

            〜♪
♪わたしは今日まで生きてみました わたしは今日まで生きてみました
                        〜♪
 わたしは今日まで生きてみました わたしは今日まで生きてみました
       〜♪
 そして今 わたしは思っています あしたからもこうして生きていくだろうと♪
                 〜♪

ミュージシャンで誰が一番好きって吉田拓郎が一番好きなんだけど、
全編拓郎の曲が流れる映画なんて作ってくれたもんだから、
これは観ておかないといけないだろってことで、仕事帰りに行ってきた。

080226kekkon.jpg

ストーリーの展開に合わせて、いいタイミングでフォークギターやハーモニカの音、
それと一緒に、拓郎やガガガSPの声で曲が流れてくる。

スケールの大きい映画じゃないし、三宅裕司と真野響子と松方弘樹と
モト冬樹と岩城滉一以外は、そんなに演技のうまい俳優はいなかったし、
時間もあまりかけずに作った映画みたいに見えたけど、
家族を大切に思い、家族の幸せを守ろうとひたむきに生きている父親とその家族を
描いた、温かい映画だった。
もちろん映画が始まってから終わるまで、流れる曲は拓郎の持ち歌ばっかり。


♪人間〜なんてララーラーラララ ラーラー・・
とーぜん、
家に帰ったらすぐにギター出して弾きましたがな。

080226takuro.jpg
posted by まこと at 23:59| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月25日

旧友と

幼なじみというのは、真面目な話であろうと、ふざけた会話であろうと、
意味があろうとなかろうと、どんな内容でも楽しく飲める。
誰にでも共通していることだろうけど、
社会人になってから本当の意味での親友を作るのはなかなか難しいのに対して、
学校時代の友達は、一緒に団子になって悪さをしたり、ハメをはずして遊んだり、
人に言えない過去も知ってる間だからこそ友情が芽生えやすいんだろう。

今日はそういうメンバーで飲んできた。
小学校時代からの友達と、高校時代からの友達。
ビール、ワイン、漬物、お好み焼き、おでん、お茶漬け・・・
あとはいつまでも続きそうなふざけた会話・・・。

080225ikuzo.jpg

南船場で飲んでいたから、タクシーで茨木まで帰ると高くつくので
なんとか最終の地下鉄とJRに乗ったけど、もしも電車が24時間動いていたら、
時間なんて気にせずにずっと飲んでいただろう。
posted by まこと at 23:59| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月24日

酒とケーキ

今日は最近結婚した友達のご披露飲み会。
おっとその前にスイム1800m。
おっとその前に病院へ。
朝からこんな雪だったから、スリップ事故の巻き添えをくってもいやなので
行くのはやめておこうかとも思ったけど、

080224snow.jpg

この雪だから看護師さん出勤できない人がいるかもしれないし、
病棟は人手が足りないかもしれないと思うと、
自分の親の朝食の介助くらいは自分でやろうと思い、
幸いうちは四駆&スタッドレスタイヤだし、やっぱり行っとこうかと。

その後は10時からコナミへ泳ぎに。
カロリーを消費しておかないと、晩は飲み会だからね。
3日前は100mを10本泳いだところで足が攣ったけど、今日は12本いっても
なんともなかった。弱っちい筋肉でも、それなりに泳ぎの動きに慣れてきたのか。

午後からは、今日の友達のお祝いにケーキを注文していたので、
それをピックアップするために近畿道に乗って大阪狭山市へ。
注文していたケーキを受け取るだけのつもりだったのに、
ショーケースの中のおいしそうなケーキを選んで、店の中で食べてしもたがな。

080224cake01.jpg 080224cake02.jpg

そんでもって晩は結婚祝いの飲み会でビールやら日本酒やら揚げ物やらケーキやら、
たっぷりお腹に入れてしまったので、これまたスイム1800程度のエネルギー消費では
釣り合いがとれてないんちゃうのん、悲しいけど。

080224kanae.jpg 080224cake03.jpg
posted by まこと at 23:59| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月23日

舞妓Haaaaan

今日のイベントは「舞妓Haaaaan!!」を観たい人が家に集まって
DVDによる映画鑑賞会 & お鍋。
おっとその前にゴルフ場沿いのコースをランニング5k+5k。
なぜ5k+5kかというと、走り始めてしばらくしたら雨が降り出したもんだから、
(ヨメが買い物に出かけていたので)洗濯物を取り込んで部屋の中に干し直すために、
1周走った時点で一旦家に戻ったから。(小マメに動くダンナやな〜)
外はまだ降ってるし、そこでもうやめようかとも思ったけど、
夜に飲み食いすることを考えると、やっぱりあと5kは走っておかなくちゃと思って
雨の中をまた外へ出た。

そして夕方からは前から観たかった「舞妓Haaaaan!!」の上映会。
この映画、想像していたのよりも2倍くらいおもしろかった。

080223maiko.jpg

こういう、これでもかってくらい悪ノリをする映画って大好きだ。
どんな感覚でやればこんな面白い映画が作れるんだろう。

今日は面白い映画のおかげで、たくさん笑って、たくさん飲んで、
たくさん食べた。鍋だけじゃなく、お土産にいただいたいろんなスイーツとかも。
心もお腹も、満足、満足。

080223nabe.jpg

おおきに。みなさんまたおこしやす。

けど、だんさん・・・、
10k走らはったくらいやったら、カロリーの摂取量とバランスがとれてまへんえ。
posted by まこと at 23:59| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月22日

もっと動かナイト

今日は仕事帰りに大阪城公園で約1時間のランニング。
3月には千里で10マイルを走るし、5月の五木ひろしマラソン(20km)も
申し込んじゃったし、ちょっとは走れるようになっておかないとね。
本当は明日から3連チャンで飲み会が入っているので、体を動かしておかないと
間違いなく大幅に増量するので、それを回避するためというのも大きな理由として
あるし。

結果は、思っているスピードで体が前に進まなくて、あまり満足できる走りじゃ
なかった。きのう両足が攣ったのがまだ治ってないけど、ふくらはぎを伸ばした時に
痛いだけで、走っている時は痛くないので、それは関係ないと思う。
単純に練習不足。

そして走り終わってから、今日は久しぶりに「は」のつく友達も走りに来てたので、
帰りに駅前の串カツ屋で1杯飲んで帰った。
ん? ということは飲み会は今日から4連チャンになってしまったワケか。
もっと、もっと、タケモット・・・じゃなくて、もっと、もっと、体を動かさないと、
エライことになるじゃんか。
posted by まこと at 23:59| Comment(4) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月21日

口パクパク

朝起きて、自分の朝食、つまり牛乳と食パンと野菜を食べる。
食べていると横から文鳥のヒナがピー、ピー、チー、チーと鳴きながら
エサを待ってバタバタと騒ぎ出す。
パンを食べ終わると、せかされるように3羽の文鳥のエサを用意して
鳥カゴの外に出してやる。
文鳥は最初1羽だったが、そのあまりの可愛さに夫婦でコロリと参ってしまい、
2週間後には3羽に増えていた。

080221illust01.jpg

文鳥がエサに満足しておとなしくなると、今度は20匹のメダカに
エサをやる。メダカはしゃべったりしないけど、毎日エサを与えていると、
少しずつ大きくなってきて、それなりに愛着がわいてくるから不思議だ。

080221illust02.jpg

メダカにエサをやり終えると、今度は病院へ行って父の食事の介助をする。
父は、3カ月前までは病院の食事を20分くらいで食べていたが、
そのうち1時間半くらいかかるようになり、今では自分で食べることができなくなり、
スプーンを口のそばまで持っていってやらないと食べられない。
しかも食べ物が口に入ったまま途中で噛むのをやめ、
そのまま寝てしまいそうになることもある。
(吉本新喜劇のお約束のギャグじゃないんだから・・・寝るなよ〜)

080221illust03.jpg

俺、いつからこんなふうに、朝からみんなの食事の世話をしまくることに
なってしまったんだろう。えぇわな〜、みんな、何も考えずに口あけて待ってたら
ええねんから・・なんて、時々ふと思うことがある。

今日は仕事の帰りにプールで泳いできた。
合計で1600m泳いだけど、満足な泳ぎができるのは最初の50mか100mまでで、
あとはもう、腕はダルいし足の動きも小さいし呼吸は続かないし、
もっと泳げるようになりたい。
100×10本いこうと思ったら、10本目で左足のふくらはぎが攣った。
最後に50×4本いって終わろうと思ったら、3本目で右足のふくらはぎが攣った。
もうボロボロじゃ〜。

泳ぎ疲れてきた時、つくづく人のことは言えないなと思った。
息継ぎの時、ヘロヘロの顔でポカ〜ンと口をあけてることに気づいて
なんや、自分も本能のまま口をパクパクしてるだけやん、と思うと
それがやけにおかしくて、文鳥もメダカも、父も自分も、
みんながパクパクしているところを想像してしまって、クスっと笑いそうになった。

080221illust04.jpg
posted by まこと at 23:59| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月18日

今度は堂島ホテルの・・

いかん。またロールケーキをもらってしまった。
あろうことか、代理店の一番エライ人が打ち合わせがてら手に下げてやって来られた。
無理な仕事を頼んでいるからという気遣いで持ってきてくださったんだろうけど、
本来は逆だろ。

しかも今日いただいたのは、「堂島ロール」ではなく、
初めて食べる「堂島ホテルのロールケーキ」。

080218cake.jpg

う〜ん、軟らかいスポンジに、生クリームがいっぱい。
フォークで切ろうとすると、生クリームがムニュムニュ〜とあふれてくる。
ヤバイ、ヤバイと思いながらも、
ロールケーキを食べながら打ち合わせをし、
ロールケーキを食べながら残業。

お腹の中がスポンジと生クリームで満たされて、
もし自分の体を輪切りにしたら、ロールケーキの断面みたいに
なってるんじゃないかと思うと、ちょっとゾッとしたりなんか・・・。
posted by まこと at 23:59| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月17日

石原さん・・悲しいこと言わんとって

080217tokyo.jpg

テレビをつけると、3万3千人のランナーが9時10分のスタートを待って並んでいた。
(写真は読売のサイトから拝借)
スターターの石原都知事が読売テレビのインタビューを受けていた。

「マラソンをする人がこんなに多いなんて、
よっぽどヒマとカネがあるんだね、この国は」

石原さんアンタ悪い人じゃないのかもしれないけど、時々間違ったことを言う。
そりゃあ飢餓と貧困にあえぐ国でマラソン大会を企画しても
15万人も応募してくることはないかもしれない。
でも、それにしても、今日まで練習してきたランナーに対して無神経すぎる。
都庁前でスタートを待っているランナーは、ヒマとカネの使い道として
この日に向けて走ってきたわけじゃない。

知事の発言になんか納得できないまま東京マラソンのスタートを見届けたあと、
9時半ちょうどに図書館へ行った。
9時半よりも前に行くと、図書館の開館を待って、いつも30人くらいの人が並んでいる。
この人たちだって、ヒマとカネがあるから図書館を利用しているわけじゃない。

図書館を出てから10時ちょうどにスポーツクラブに行くと、
その前には、ざっと数えても70人くらいの人が、扉が開くのを待っていた。
この人たちだって、ヒマとカネがあるからという理由で
スポーツクラブに入会したわけじゃない。

人間の向上心とか、生きている意味を知りたい欲求とか、
人生の喜びを見つけたい気持ちとか、自分に挑戦する心とか、
そういうものをバカにするな。
posted by まこと at 22:40| Comment(4) | マラソン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月16日

万博公園へ

積もるほどではないにしろ、今日も雪がちらちらと舞う冬らしい一日だった。
その寒さも、暖房の効いた家の中にいては実感がなく、温かい部屋から窓を見ると、
外が小春日和のように見えてきて、久しぶりに万博公園へ走りに出かけた。

万博の外周道路を走るのなんて、いつ以来だろう。
去年のいびがわマラソンの2週間くらい前に3時間走をやった記憶はあるから、
う〜ん、もしかしたら3カ月半ぶりくらいかもしれん。

080216expo.jpg

冬だから街路樹はすべて枯れているし、エキスポランドは閉園したままだし、
なんとなくもの寂しいし、冬だからか、走っている人もそれほど多くない。
それでも男性、女性、若い人、年配の人を合わせて何人もの人が走っていたし、
いつ行ってもよく見かけるおじいさんも走っていた。
このおじいさん、たぶんいつも10kから20kくらいを走ってるんだろうけど、
すれ違う人には必ず軽く右手を挙げる。
最初はちょっと照れ臭かったけど、今はこのおじいさんとすれ違う時は、
「ウイッス」と言ってこちらからも右手を挙げるようになった。

今日走ってみた自分の調子はというと、
昼飯を食べてすぐだったからか、風が強かったからか、体重が重いからか、
理由はわからないけどやけにしんどかった。
キロ5分半くらいで15kmっていう、そんなに負荷のかかる走りじゃないのにね。
posted by まこと at 23:56| Comment(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月15日

ワープする地下鉄

うちの従業員も年末のホノルルマラソンに向けて練習を始めている。
あいかわらず仕事は忙しいけど、無理やり終わらせて、今日も走るために
二人で大阪城公園へ向かった。

事務所からだと北浜から地下鉄に乗って森之宮で降りる。
北浜から堺筋線に乗り、堺筋本町で中央線に乗り換えた。
乗ったのは、ちょうど[森之宮止まり]の電車だった。
谷町四丁目を過ぎて、森之宮のホームに入って行った時、
車内アナウンスが流れてきた。

  「ご乗車お疲れさまでしたァ。終点、『コスモスクエア』です」

・・・・・・・・・? ? ?

こらー! 南港へ連れて行ってどないすんねん!

  「失礼いたしました。終点、『森之宮』です」

あーびっくりした。車掌さん、ちょっと緊張感ないんとちがう?
そりゃ俺だって、難波に向かうつもりが間違って新大阪行きに乗ったことはあるけどね。
ま、とりあえず無事に森之宮に着き(はなから電車は無事に森之宮に
着いてるんだけど)、遅れることもなく大阪城公園を11k走ってきた。
それなりに一生懸命走ったつもりでも、そんなに軽快には走れなかった。
キロ7分から4分20秒くらいの、ゆる〜いビルドアップかな。
posted by まこと at 23:59| Comment(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月14日

2 . 14

いや〜、本当の男の魅力がわかる女性が増えたのか、
この歳になるとバレンタインデーといっても保険屋のおばちゃんが
配ってくれるチョコがメインだったのに、今年はなんだかんだといただいた。

ジャーン、まずはゴディバのチョコレートだ。

080214bd01.jpg 080214bd02.jpg

うちの従業員は、「私、ゴディバのチョコレート食べたことないんです」と言って
幸せそうにつまんでいた。今度生まれてくる時は男に生まれてきなさい。

続いては・・・出たぁ!「うに揚げせん」!
ん? これってちょっと、バレンタインデーらしくないような気も・・。

080214bd03.jpg

こっちはどうだ!「ぼんち焼」!!・・あれ?

080214bd04.jpg

・・・なんか違うような気がするんだけど。
でも確かに「バレンタインデーですから」と言って渡してくれたしな。

お! 今度こそチョコレートだ!

080214bd05.jpg

でも、チロルチョコレートと書いてあるだけで、食感はきなこもちだった。

続いては、なんと甘栗。

080214bd06.jpg

中国産かぁ? 食べてもだいじょーぶ・・・?と疑うのはくれた人に失礼で、
京都産のめちゃウマ甘栗だった。

そして今度は・・・なんじゃこりゃ、真っ黒なトイレットペーパー。

080214bd07.jpg

これってもしかして、「自分のケツは自分で拭かんかい!」って意味?

まさか、「腹黒いヤツは、どーせウ○コも黒いやろ」って意味じゃないよね・・。

最後の一粒は、仕事帰りに寄ったコナミで男性会員に配っていたチョコ。

080214bd08.jpg

こうなったら、義理であろうが義務であろうが、何でもいただくで〜。
しばらくはずっと口が動いたままで仕事することになりそうなので
メタボには気をつけないと・・・。
トイレットペーパーは食べないけどね。ヤギじゃないんだから。
posted by まこと at 23:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月13日

旅好きの女性

昔、とあるボランティアをしたことがあって、
そこで同じくボランティアをしに来ていた女性と知合いになり、
その人が今日、事務所に遊びにきた。

080212yuina.jpg

その人は時々、季節の草花や木々の便り、あとは奄美大島から沖縄を
キャンプをしたり民宿に泊ったりしながらひとりで回ってきた話など、
旅行記のような近況をメールで知らせてくれたりしていたけど、
直接会って話しをするのは5年?・・いや、ひょっとしたら6年ぶりかもしれない。
でも、すごく久しぶりに会うのに、ぜんぜん変わってなかったな〜。

話を聞くと、家にいるのはそれほど多くはなく、ほとんどは国内や海外へ旅行に
行ってると言う。家にいる時に仕事をしたり、旅先で少し稼いだり、そんなことも
含めて生活を成り立たせているらしい。

野田知佑が何かの本で言っていた言葉を思い出した。
「あたりまえのことだけど、人間はどんな生き方をしてもいいのだ」

今日も、ザックをかついでテントで寝泊まりしながらハワイ島を2週間くらいかけて
ひとりで回ってきた話や、来月から半年間くらいインドに行ってくる話や、
そのほかいろんな国や土地へ行って、いろんな人と触れ合って、いろんな経験を
してきた話を、少しだけしてくれた。(彼女の人生など、短時間で全部は聞けない)

彼女は、その土地の自然や、その土地の人の中に溶け込んでいくのが好きなようで、
空を見たり、音を聞いたりしているだけでいろんな事が自分の中に入ってくるらしい。
月を見ただけで過去から現在までの時間の流れに思いを馳せるような人だから、
そんな感受性で花や木の香りを吸ったり、森の音や海の音を聞いた日にゃ、
もうおとぎの国へ連れて行ってくれるアウトドアエッセイストのように、
感覚的な言葉で自然や人間の素晴らしさを語ってくれる。

そんな彼女が持ってきてくれたのは、
いろんな旅の思い出話だけではなかった。

080212role.jpg

うWぉぉぉ・・・五感の純生ロールケーキじゃないか!
(結局そこへ話が行くんかい!)
しかし、1年間にいったい何本のロールケーキが、このお腹に入っていくんだろう。
しかも今日はロールケーキだけじゃなく、
ハワイのお土産まで持ってきてくれたぞー!

080212choco.jpg

最近、自分が痩せない理由がわかってきたような気がする。
本人の努力も足りないけど、日々あまりにもスイーツに囲まれ過ぎている。

今日の彼女はスマートだったけど、常に旅をしている人間と、
常にお菓子を食べながらマウスやキーボードを触ってる人間の違いかな・・。
posted by まこと at 00:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月12日

一日スキー

キャホー!
ラン仲間とクルマに相乗りして、1日だけハチ北へ行ってきた。
スキーの神様も、「まこと夫婦は、もう今年はスキーに行かないんじゃろうか」
と思っていたに違いない。ところが1日だけ行くことになったと聞いて、
「せっかくじゃから、ええ天気にしておいてやるか」と思ってくれたのか、
抜群のコンディションを用意してくれていた。

080211ski01.jpg

080211ski02.jpg

視界の上半分は雲ひとつない真っ青な空。
下半分はタップリの雪で真っ白になったゲレンデ。
朝から夕方まで、思う存分滑ってきた。
今日一日、汗をいっぱいかきつつ、足もヨレヨレになりながらスキーを
楽しんだおかげで、いい意味で自分をリセットできたような気がする。
あしたからの生活や仕事に、力が湧いてきたような気がする。
posted by まこと at 00:13| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月11日

神戸バレンタインラブラン

080210loverun.jpg

本日は携帯から投稿。
バレンタインラブランの駅伝(ひとり6k)を走ってきたけど、
これしか写真を撮っていなかった。
神戸学院大学チアリーダーズ。

それにしても、駅伝の
6kmは長かった。
posted by まこと at 01:22| Comment(2) | マラソン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月10日

忙しい雪の一日

080209road.jpg

雪の積もった道路では、雪に滑って溝に落ちた車や、下り坂で止まることができずに
接触事故を起こした車を何台も見かけた。
その横をスイスイと走り抜けて父の病院へ向かう。
ガハハハ、スタッドレスタイヤに履き替えておいたのが、こんな時に役に立ったぜ。
(冬用タイヤに履き替えた本来の目的はスキーに行くためなんだけど・・・)

カー用品屋さんで、やや弱ってきたバッテリーを交換してから家に帰ると、
雪国のような景色になっていた。こんなに積もったのは2年ぶりくらいだろうか。

080209snow.jpg

午後からは、メダカの水槽の水を換えてやり、もう一度ヨメと病院へ行って
昼ご飯の介助をし、家に帰って文鳥にエサをやり、
雪の中を今度は電車に乗ってヨメと一緒に、4カ月半ぶりの散髪に行った。
スノトレを履いて美容院に行くのは初めて。
おもてで大雪が降っているのがウソのように、店の中はポカポカしていた。

080209tress.jpg

朝から息つくヒマもなく過ごしていたので、ヨメが髪の毛を切ってもらっている間、
かなり居眠りをしていたような気がする。オッサンが待合席で舟をこいでるもんだから
他のお客さんに対して店のイメージを落としてしまったかも・・・ゴメンナサイ。

二人が髪を切ってもらい終わった頃にはもう日は暮れ、7時頃になっていた。
そこから今度は京都の今出川へ出、前からずっと行きたかった居酒屋へ行ってきた。
多くても20人までくらいの小さい店だけど、おいしそうな器と、
おいしそうなお酒と、おいしそうな食材があって、
それをご主人においしく料理された形で出てくる。

080209take01.jpg 080209take02.jpg

紹介してくれた人に聞いていた通り、ほんとにいい味の料理が出てきた。
調子に乗って飲み食いしてると、京都駅までの地下鉄がなくなり、
タクシーで京都駅まで出てJRに飛び乗って帰ってきたら、夜中の1時を回っていた。
あちゃちゃ、あした、バレンタイン・ラブラン、走れるやろか・・・。
posted by まこと at 01:56| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月07日

思い出にさよなら

うちの事務所には、10日ほど前に壊れてしまったコーヒーメーカーと、
まったく使われていないパソコンが2台ある。
コーヒーメーカーは、独立した時に祝いでもらったものなので愛着があるし、
これまでに何千杯というコーヒーを飲ませてもらったし、
パソコンも設立当初から昼となく夜となく活躍してくれていたものだ。
つまりコーヒーメーカーもパソコンも、それなりに貢献度も高いし、思い出もある。

080207mac.jpg

080207pc.jpg

080207coffee.jpg

とはいえ、使っていない以上はただのオブジェになっているだけなので
本当は処分したいんだけど、今の時代、パソコンの本体やモニタを大ゴミの日に
出すことはできない。古いマシンの場合には、引き取ってもらうにもお金がかかる。
どこの会社や家にもそういうパソコンが眠ってるかもしれないが、
うちの事務所にも、約7年前のWindows PCと、おそらく10年くらい前のMacがある。
どちらもまったく使っていないし、電源すらこの1年以上は入れていない。

仕事はしないけど場所はとってる。
場所はとってるけど家賃は払わない。
処分したいところだけどお金がかかる。

そういう、可愛そうだけど必要のないパソコンくんを
どうしたものかと以前から悩んでいたところへ、
10年前のパソコンでもいいので現金で引き取りますという業者から電話があった。
詳しく話を聞いてみると、古いマシンでも、中身を分解して
パーツを中国やアフリカに流すらしい。

早速その業者に来てもらうことにしたが、Macだけは自分の持ち物じゃなくて、
2年前までうちの事務所に間借りしていたコピーライターの置き土産なので、
処分してもいいものかどうか、ご本人に電話してみた。

その人と電話で会話をするのは、たぶん1年半ぶりくらいかな。
「どうしてはりますのん」と聞くと
「ええ仕事がなくて死にかけてますわ」と元気な声が返ってきた。
着払いでその人にパソコンとモニタを送るというのも考えたことがあったけど、
送料を負担してもらうのはその人にとっても負担だろうし、
そもそもパソコンを送るのにいくらかかるかも知らないし、
きっとその人もこちらで処分してもらえるのなら助かるだろうと思って
事情を話したら、案の定、喜んでもらえた。

ただ、中に大事なデータが入っていてはいけないので、
「大事なデータとか、思い出に残る仕事とか入ってませんか?」と尋ねると、
「ハハ・・ぜんっぜん入ってませんわ」ということだった。

「インターネットからダウンロードしたエロ画像とか入ってませんか?」
と笑いながらツッコミを入れると
「あ、それは残ってるかもしれませんワ」という返事が自然に返ってきた。
その人の人間性からして、そんなものは入ってるわけもないし、
実際に電源を入れてもハードディスクには仕事のデータしか入っていなかった。
でも、そういう冗談に乗ってきてくれると、
(元気にしてはるみたいでヨカッタ)と思えてうれしくなる。
posted by まこと at 23:59| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月05日

センセ、虫歯ないか診てください

「甘いもんばっかり食べてたら虫歯になるよ!」
たいていの子供は大人からそんなふうに言われて育ってる。
自分自身も昔から歯は丈夫な方じゃないし、学校で歯科検診を受けるたびに
歯医者へ通っていたような気がする。

最近は2年前くらいに治療をしたような覚えがあったが、
しょっちゅう甘いもんを食べてるし、そろそろ虫歯もできてるだろうと思って
きのうの朝、検診に行ってきた。
アゴの回りをぐるっとレントゲンの機械が回り、あとは例の金属の棒の先に
丸い鏡がついた、これぞ歯医者さん!っていう器具を使って
(唇を左右に引っぱられながら)隅から隅まで診てもらった。

先生いわく、
「虫歯は1本もありませんよ。歯もきれいに磨けてますね。」

(ウソッ・・・・・)
歯医者でそんなこと言われたことがなかったので、
まるで初めて何かを褒められた子供のようにうれしくなってしまった。
前に歯医者で「すき間が磨けてませんね」って言われたので、すき間がちゃんと
磨けるようにと、毛の細い歯ブラシに替えたのがよかったんだ、きっと。
やったぜ!これで気にせずに甘いもん食べられるやん。

だがしかし、油断してはいけない。落ち着いて考えればわかることだが、
甘いもん好きにとって、敵は虫歯だけではないのだ。

「甘いもんばっかり食べとったら、糖尿になるで〜」

「甘いもん減らさへんかったら、また体重増えるで〜」

子供の頃には関係なかった、大人になったからこそ言われる悲しい忠告・・・。
そうだ、虫歯がないと褒められたからと言って安心してはいけない、
などと思っていたその日、
夜の9時頃になって、去年まで働いていた子が事務所に遊びに来た。

よりによって、こんな手土産を持って・・・・。

080205misudo.jpg

何も食べずに残業して腹も減っていたし、「コレとコレは新製品ですよ」とかって
説明するのを聞いてるうちに、2つ半も食べてしもたがな。

そして1日経った今日、今日は仕事が早く終われたので
大阪城公園に走りに行ってきた。
火曜日の夜は「走らナイト」という名の練習会。
というか、自分にとっては「走っとかナイト」。

何日か前にジムのトレッドミルで5k走って以来のランニング15k。
週末のバレンタイン・ラブランの駅伝に向けて練習しておかないといけない事に加え、
運動もせずに「ウマ〜」とか言いながらドーナツを食べた危機感がプラスされて、
先週のビルドアップ走よりは、まあしっかり走れた・・かな。
posted by まこと at 23:59| Comment(2) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月02日

1カ月たって思うこと

時々食べに行く、豊中の曽根にある洋食屋さん。
そこはご夫婦と、あとはアルバイトがひとりいるだけの小さな店だけど、
ご主人が腕のいい料理人で、いつもおいしい肉やハンバーグや魚を
食べさせてもらっている。その店の特徴は、ご主人の料理の腕と奥さんの愛嬌と
もうひとつ、それは毎回違うのが出てくるこの箸袋。

080202hasibukuro.jpg

この袋の絵は、奥さんのお父さんが家で1枚ずつ描かれている。
お父さんというのは、画家でもありグラフィックデザイナーでもある方らしく、
昔は教科書の挿し絵も描かれていたらしい。

色のついた紙を買ってきて、切ってのり付けした手作りの箸袋に、
お父さんがひとつひとつ絵を描かれるらしい。もちろん季節や行事も意識して、
春だったらサクラの花だったり、ひな人形だったりというように。
その絵がかわいくて素敵なので、いつももらって帰ってきていたら、30枚ほどに
なっていた。何カ月に1度しか行かない我が家だけで30枚もあるくらいだから、
お父さんが描かれた箸袋の数は、少なくとも何百という単位ではないだろう。

そのお父さんが、10日あまり前に亡くなられた。

お会いしたことはなかったけど、お通夜に行かせてもらった。
祭壇の横には、箸袋のかわいい絵とはぜんぜん違う、展覧会の会場で額に入れて
飾ってあるような見事な絵画が並べられてあった。
棺の中のお顔を見せてもらうと、あごひげをはやして、ニット帽をかぶって、
こういう表現は適切じゃないかもしれないけど、すごくかっこいい人だった。

最近思うことは、いつまでも生きていてほしい人ほど早く逝く。

なのに、きのうもまた訃報が。

仕事でも遊びでも関わりのある女性友達、ずっとお父さんと二人暮らしで、
ずっとお父さんの介護をしていたが、きのうの朝、息を引き取られたらしい。
明日、お通夜に行かせてもらおうと思う。
いつも様子を聞かせてもらっていたのですごく身近に感じていたけど、
実はそのお父さんとお会いするのも明日が初めて。

悲しい出来事ばかりが続くようだけど、入ってくるのは悲しい知らせばかりではなく、
「結婚することになりました」という祝福すべき知らせも、この1カ月の間に
2人の友人から届いた。

今年は年が明けてからやたらと仕事が忙しいし、
スキー命だなどと言いながら、いろんな事情でまだ1日も行けてないし、
なんか・・よくわかんないけど、なんか例年と違う。

なんかよくわかんないけど、今年は平坦な一年じゃないような気がしてきた。
じゃあ、去年は?おととしは?その前の年は?平坦だったのかというと
そうでもなかったか・・・・・。
う〜ん、何が言いたいのかはっきりわからないけど、
とにかく、おそらく、たぶん、なんとなく、何かが違う・・・ような気がする。
posted by まこと at 23:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。