2007年12月23日

名古屋の魅力

この2年くらい、ラン友が数人できたこともあり、とっても名古屋を身近に感じている。
昼前に家を出、新大阪発の新幹線に乗って1時間。
名古屋駅から地下鉄を乗り継いで数十分。
よくわからないままに到着すると、そこには本当にこんな街があった。

071222italia01.jpg 071222italia02.jpg 071222italia03.jpg

ボン・ジョルノ〜! グラッツィエ〜!
    アリベデルッチ〜! マンマ・ミーア〜!
意味は知らなくても、ついイタリア語が口から出てきそうな、
ここは名古屋港にあるイタリア村。

071222italia04.jpg 071222italia05.jpg 071222italia06.jpg

ここが、手羽先と味噌カツとエビフリャーで有名な名古屋なのか?
いやちがう。きっと眠ってる間にイタリアまで来てしまったんだ。
イタリア人が調理をしていて、イタリア人がアコーデオンを演奏していて、
ドラゴン・・・じゃなかった、ゴンドラが運河に浮かんでいて・・・・、

071222italia07.jpg 071222italia08.jpg 071222italia09.jpg

フェラーリのグッズがいっぱい売っていて、イタリアの食材が何でも手に入って、
しつこいようだけど、ホントにここがういろうときしめんで有名な名古屋か。
中に入っているファッションや雑貨の店は(自分にとっては)どうってことないけど
食材とイルミネーションは、わざわざ出かけて行くだけの値打ちはある。
こんなところに新大阪から2時間以内で来れるなんて、近いぞイタリア。

JTBのお姉さんに勧められるまま、
倉敷のタイムズスクエアでもなく、和歌山のポルトヨーロッパでもなく、
門司港でもなく、広島の平和大通りでもなく、いったい名古屋に
クリスマスを楽しむための何があるのだ、と多少の疑問を持ってやってきたけど、
こんなに満足のできる1泊旅行になってしまうとは・・。


2日目は、クリスマスで賑わっているであろうJR名古屋高島屋を
ブラブラして帰ろうと思っていると、らんらんさんからこんなメールが。

《名古屋駅の地下街に「しゃちぼん」というシュークリームが売ってます。お味は
ともかく一見の価値あり》

しゃちぼん・・・・?
大阪では昔、深夜に「セシボン」というキャバレーのCMが流れていたけど、
「しゃちぼん」か・・・・。

その言葉の響きでイヤな予感がしていたが、それは的中した。


誰や〜、こんなシュークリーム考えたんは。

せっかくなので帰りの新幹線の中で撮影。(買ったんかい!)

071222syatibon.jpg

まわりの奇異な視線を気にしながらデジカメで撮っていると、
〈名古屋〉イコール〈イタリア〉に染まっていたイメージが、
〈名古屋〉イコール〈しゃちほこ〉に戻ってしまった。
posted by まこと at 23:55| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。