2007年12月29日

安全のために

071229tower.jpg

事務所から100mのところ、北浜の三越あとに日本一のマンションが建つ。
まだ工事が始まって数カ月だけど、何が日本一かというと、
高さが日本一らしくて、地面から200m以上の高さになるらしい。
(誰も望んでないのに、最近やたら高層マンションが増えてきたぞ)

そこの工事現場の近くを歩いていると、建設中の建物の壁面に
こんな標語が書いてあった。

    味の決め手は塩コショー。

        安全の決め手は指差呼称。


日本一のマンションを建てるという緊張感の必要な現場に、逆にこんなくだけた標語、
誰が考えたんだろう。言葉遊びのダジャレだけど、
これくらい肩の力が抜けたユーモアって、けっこう好きかも。

安全の決め手といえば、
我が家では今日、小雨が降る中、タイヤ交換をした。

ホイールナットを緩める → ジャッキアップをする → タイヤをはずす → 普段洗えないタイヤハウスの奥の方を洗う → スタッドレスタイヤを取り付ける → ナットを締める → ジャッキを下ろす
その間、ヨメははずしたタイヤのホイールをホースとブラシで洗う。

071229tire.jpg

二人で手分けしてやるこの作業も、もう6回目くらいなので慣れたもんだ。

今夜から寒波がやってきて、近畿の北部では雪になって、31日が寒さのピークだと
天気予報のお姉さんが言っていた。
家の近所は坂道が多いし、雪が積もると父の病院にも行けないけど、
冬用のタイヤに履き替えたのでとりあえずはひと安心。いつでも雪降っていいぞー。
posted by まこと at 23:59| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月27日

今年の漢字は

年末納品の仕事やら、年明けのコンペやら、年賀状の宛名印刷やら切手貼りやら、
なんかめちゃくちゃ忙しいぞー。
でも、曜日の巡り合わせで今年は年末年始の休みが長いから、
忙しくてもガンバルぞー。

そんな中、今週もココロ癒すロールケーキの差し入れが・・・。

クライアントが打ち合わせに来られた時に、手土産に買ってきてくれた。
(普通は逆だろ)
今回は北浜にある五感本店の、お米を使った純生ロール。(これ、めちゃウマ)

071227roalcake.jpg

その人はこのブログなんて存在すら知らないし、うちの事務所になぜか
ロールケーキの差し入れが多いことも知らない。
いったいどういうことなんだろう。ロールケーキを吸い寄せる見えない磁場のような
ものがここに存在するのか、それともこの顔に「ロールケーキ」と書いてあるのか・・。
こう重なると、これだけロールケーキがタダで食べられる職場は日本中探しても
他にないような変な自信がわいてきたりする。

よし、今年はめちゃくちゃロールケーキに恵まれた一年だったから、
今年の漢字はロールにちなんで「巻」にしよう。
今年の漢字、「巻」に決定〜!

なんか、年末の忙しい時にメッチャどうでもいい記事を書いてしまった・・・・。
posted by まこと at 23:40| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月23日

名古屋の魅力

この2年くらい、ラン友が数人できたこともあり、とっても名古屋を身近に感じている。
昼前に家を出、新大阪発の新幹線に乗って1時間。
名古屋駅から地下鉄を乗り継いで数十分。
よくわからないままに到着すると、そこには本当にこんな街があった。

071222italia01.jpg 071222italia02.jpg 071222italia03.jpg

ボン・ジョルノ〜! グラッツィエ〜!
    アリベデルッチ〜! マンマ・ミーア〜!
意味は知らなくても、ついイタリア語が口から出てきそうな、
ここは名古屋港にあるイタリア村。

071222italia04.jpg 071222italia05.jpg 071222italia06.jpg

ここが、手羽先と味噌カツとエビフリャーで有名な名古屋なのか?
いやちがう。きっと眠ってる間にイタリアまで来てしまったんだ。
イタリア人が調理をしていて、イタリア人がアコーデオンを演奏していて、
ドラゴン・・・じゃなかった、ゴンドラが運河に浮かんでいて・・・・、

071222italia07.jpg 071222italia08.jpg 071222italia09.jpg

フェラーリのグッズがいっぱい売っていて、イタリアの食材が何でも手に入って、
しつこいようだけど、ホントにここがういろうときしめんで有名な名古屋か。
中に入っているファッションや雑貨の店は(自分にとっては)どうってことないけど
食材とイルミネーションは、わざわざ出かけて行くだけの値打ちはある。
こんなところに新大阪から2時間以内で来れるなんて、近いぞイタリア。

JTBのお姉さんに勧められるまま、
倉敷のタイムズスクエアでもなく、和歌山のポルトヨーロッパでもなく、
門司港でもなく、広島の平和大通りでもなく、いったい名古屋に
クリスマスを楽しむための何があるのだ、と多少の疑問を持ってやってきたけど、
こんなに満足のできる1泊旅行になってしまうとは・・。


2日目は、クリスマスで賑わっているであろうJR名古屋高島屋を
ブラブラして帰ろうと思っていると、らんらんさんからこんなメールが。

《名古屋駅の地下街に「しゃちぼん」というシュークリームが売ってます。お味は
ともかく一見の価値あり》

しゃちぼん・・・・?
大阪では昔、深夜に「セシボン」というキャバレーのCMが流れていたけど、
「しゃちぼん」か・・・・。

その言葉の響きでイヤな予感がしていたが、それは的中した。


誰や〜、こんなシュークリーム考えたんは。

せっかくなので帰りの新幹線の中で撮影。(買ったんかい!)

071222syatibon.jpg

まわりの奇異な視線を気にしながらデジカメで撮っていると、
〈名古屋〉イコール〈イタリア〉に染まっていたイメージが、
〈名古屋〉イコール〈しゃちほこ〉に戻ってしまった。
posted by まこと at 23:55| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月21日

ランニングシティ大阪

今日は仕事が終わってから、1週間ぶりに大阪城公園で11k走った。
1週間前に走った時も1週間ぶりだったから、ということは、え〜っと、
ありゃりゃ、この2週間で3日しか走ってないことになる。

さすがに今日は体もなんとなく重たく、1周1.85kの周回コースを、
いくら頑張ってもいつもより15秒くらい遅れてしまった。
走れていないのがてきめんですな。


それはそうと、市民ランナーをバックアップしたり盛り上げたりという意味では、
大阪は東京ほど関心がないように思っていたけど、
大阪市のホームページにこんなのを見つけた。

071221running.gif

ランニング シティ オオサカ・・・?

どうも世界陸上の盛り上げの一環として世界陸上の前に作られたみたいだが、
要するに、疑似的にジョギングをしているような気になって
大阪の観光スポットを勉強しませんか・・・というのが狙いのようなサイト。

大阪の歴史や建築物、はては大阪出身の有名人にいたるまで、
いろいろと大阪についての知識を深めることができる。
ま、ジョガーを応援してるというよりも、観光紹介の意味合いが強いけど、
大阪市も多少は、走る人が増えてきてるというのを意識してるのかな。

このサイトを見てから大阪の街をジョギングすると、大阪のいろんな部分が
興味深く見えてくるんだろうけど、たぶん大阪のランナーの中には、
ある意味このサイトよりももっと詳しく、

「ここのカレー屋はな、店長が聞くまで勝手に注文したら怒られるで」とか

「ここの商店街にな、ブラウス100円で売ってる店があるんや。ブラウス、
全部100円やで」とか

「この近くにな、阪神の岡田に野球教えたいうのんが自慢のオッサンが
住んどんねや」とか

「ここの風呂屋はオバンのなわばりがあるから、勝手な場所に座って洗ったら
文句言われるで」とか

「ここにムッチャ旨いお好み焼き屋があったんやけど、もうなくなってん」とか

そんな話を延々としながら走れる人、きっといっぱいいるような気がする。
posted by まこと at 23:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月20日

なんの騒ぎ?

今朝は久しぶりのチャリ通。
産業道路を走り、吹田から上新庄を抜け、菅原城北大橋はしんどいので赤川鉄橋を
渡り、家から事務所までの20kを1時間かけて走った。
こんな季節でも、ペダルをこぎ続けると体がホコホコして汗が出てくる。
事務所に着いた時には、脇の下と腰回りだけシャツの色が変わっていた。

071220bike.jpg

いつもならJRでウトウトしながら出勤するのに、今日はバイクをこいでたもんで、
事務所に着いてから眠気が襲ってきた。夕方くらいに舟をこぎそうになりながら
なんとか一日を終えると、晩になってから事務所の様子が予期せぬ状態に一変した。

7時半頃からドタドタと仕事帰りのオッサンやオバ、いや、年ごろのお姉さんたちが
続々と入ってきて、ピーナッツやポテトチップス、サンドイッチに串カツ、
タコ焼き、ポテトサラダ、ビビンバなどを広げて、
気がつけば宴会の用意が始まっていた。

おしかけ忘年会・・? 寂しい者同士のクリスマスパーティ・・?
なんだかワケがわからないけど、こんな予定になっていたなんて、聞いてないぞ〜〜。

今まで仕事場だったのに、一瞬にして1杯飲み屋になっとるやないか。

071220enkai.jpg

取引先からお歳暮でもらっていた缶ビールは飲み尽くすわ、
走る気もないくせにマラソンの話題で盛り上がるわ、
こいつらはいったいなんなんだ。。。。
突然襲ってきて、食い荒らして去って行く、まるでイナゴの大群みたいだ。

五木ひろしマラソンとか、ディズニーマラソンとか、ボルドーマラソンとか、
ホンマに出るんやろな・・・。飲んだ時に宣言したことは忘れよるからな、こいつら。
posted by まこと at 23:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月19日

年末は何をするにも余裕がなくて

何カ月も前からわかっているのに、今年もまたまた年末がやってきた。
年末が近づくことで片付いていく仕事・・・もあれば、

年末が迫ってきたために急に入ってくる仕事・・・もある。

年末だから処理しなければいけない経理業務・・・。

年末のたびにやってくる年賀状の制作という依頼・・・。

人それぞれ理由は違えど、年末というのは誰もがあわただしい。
朝、病院へ寄って、ほとんど自分で手を動かそうとしない父の食事の介助をし、
遅刻して事務所に入り、たいして回転しない脳ミソを動かし、たいして速くもない
手を動かし、夜は遅い時間に、忘年会帰りでいい調子のサラリーマンやOLと一緒に
電車に揺られて帰り、日付が変わってから晩ご飯を食べ、寝不足のまま朝を迎え・・・
・・・ここしばらくは横道に脱線することもない、そんな真面目で、しかし疲れの
たまりそうな日々が繰り返されている。

自分の年賀状のアイデアを考える時間もない毎日に追われていたからか、
週末に迫ったクリスマスの計画用に脳ミソを動かすことなど
まったくしておらず、1泊でどこかへ行けないかと探しても、
あわてて調べたところでどこも空いていなかった。
(というか、週末にクリスマスが迫っていること自体、
理解しているようでも実感がなかった)

困ったあげく、我が家で最も厚い信頼を置いているJTB茨木の○村さんという
お姉さんに相談したところ、いくつかの候補地と、近辺のホテルの空き状況を
調べてくれ、迷ってる時間もないのでその中からすぐに結論を出し、
22日に1泊だけ時間を作って名古屋のイタリア村へ行こうかなどと
考えたりなんかしている。(忙しいくせに)

いやほんと。何をするにも年末はあわただしい。

071219italia01.jpg 071219italia02.jpg
posted by まこと at 23:59| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月15日

落ち葉の季節

落葉樹とは、冬になると葉を落とす木のこと・・・と理科の時間に習ったっけ。
カエデ、イチョウ、白樺、・・サクラだって紅葉してから葉を落とす。

山の中で落ちた葉は天然の腐葉土になり、森に栄養を与える。
街の中でもイチョウの葉が落ちた道路なんて、黄色い絨毯を敷いたようにきれいだし、
葉が落ちて木が丸裸になった街路樹は、それはそれで、
なんとなくもの寂しいような寒々しいような、いかにも冬らしい景色を作ってくれる。

そして春になると、枯れたように見えた枝から小さな芽がいぶき、
新緑の季節になると、黄緑色のツヤツヤした葉におおわれて、街全体が
生命力にあふれたような雰囲気になる。

それが毎年繰り返される自然界のサイクルであり、
そんなふうに四季を移り変わりを見ることができるのも、
日本に生まれたからことだということは十分に理解しているつもりではあるけれど、





それでもこの落ち葉地獄はヒドイやろ・・・・・。

071215ochiba01.jpg

071215ochiba02.jpg

うちの近所はどの家も同じ悩みを抱えてはいるだろうけど、隣に神社がある我が家は
一番ひどいような気がする。
うちに落ちているのと同じ形をした黄色い葉をつけた大木が神社にあり、
それがまだまだたくさんの葉を残しているのを見たりするとゾッとするものがある。

「さあ!今日は落ち葉の掃除をするか」と決心をして作業を始めたものの、
ザザーと軽く掃いただけでゴミ袋がいっぱいになる。
これだけ多いと、90Lのゴミ袋に3杯や5杯集めても、ぜんぜん景色に変化はない。

いつもなら焼却炉で燃やしたりもしていたけど、
その焼却炉もサビがひどくなって、ついにボロボロに崩れてしまって、
次の大ゴミの日に出されるのを待っている状態。
次は高温で燃焼させてダイオキシンが出にくいタイプにするか、
今まで通りじゃんじゃん燃やせるタイプの焼却炉にするか、現在迷い中。
落ち葉を生ゴミや鳥の糞などと一緒に層にして積み重ねて堆肥にする人も
いるようだけど、この大量の落ち葉を積んでおくような敷地もないし・・。

掃いている最中にも風に舞ってハラハラと落ちてくる葉を見て、
(これが全部お札なら)と、大阪人的なお約束の発想をしてしまった。
もうなんとかして・・・・・・。
posted by まこと at 23:30| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月12日

べろを調べろ

たとえば、何かの拍子に舌を噛んでしまったとして。

ボケ:「っっっったぁぁぁぁ!舌噛んだがな。ちぎれるかと思たで、ホンマ」

ツッコミ:「だいじょうぶや1枚くらいちぎれても。オマエ、舌2枚あるから」

ボケ:「そうそう。あっちの人にしゃべる時と、こっちの人にしゃべる時と
    使い分けて・・・。なんでやねん!!」

・・・とまあ、これが大阪人の正しいボケとツッコミであるわけだが、
お笑いの講義をしている場合ではなく、ここのところ舌が荒れて痛い。
舌の奥の両側がヒリヒリして、すっぱいモノや辛いモノを食べるとしみたりするのが
かれこれ2週間以上も続いている。

胃が荒れてるわけではなく、変な物を食べたわけでもないのに
こんなに長期間治らないというのもおかしいし、もしやこれは舌ガンか???
そう思っていろいろ調べてみたが、おそらくそれも違う。

最近は患部も移動してきて、舌の裏側に口内炎のようなものがポチッとできたことも
あったし、今は舌の上にザラザラ感があって、味も半分くらいしか感じない。
まるで熱いモノを食べて口の中をヤケドした時のような感覚に近く、
なんとなく麻痺しているような感じにも思える。
モノを食べるのがおっくうな時もあれば、しゃべるのがおっくうな時もある。

ボケ:「べろに口内炎ができて、痛うてしゃべられへんがな、コレ」

ツッコミ:「ホンマにしゃべられへんかどうか試したろ。べろの3段活用は?」

ボケ:「ベム、ベラ、べろ」

ツッコミ:「妖怪に〜ん〜げん・・・ちゃうやろ!!!!」

とまあ、これも大阪人の正しいボケとツッコミなわけだが、
そんなギャグを言ってる場合でもなく、これはきちんと診てもらおうと思い、
ネットで近所の医院を調べてみる。
口腔外科と耳鼻咽喉科とでは、どっちがいいんだろう。

ふむ、ふむ・・・、耳鼻咽喉科で診てもらった方がいいみたいだぞ。
てなわけで事務所の近くの耳鼻咽喉科を調べて行ってみたら、
これっぽっちも予想していなかったことだが、そこの医院は女医さんだった。

女の人に口をア〜ンと開けて、舌をベ〜っと出して、
舌の表面やノドの奥を覗かれたりするのって、なんとなく恥ずかしい。

てっきり細胞を取ったり唾液を採取したりして詳しい検査をするのかと思っていたら、
早く口を閉じたいとか、早く舌を引っ込めたいと思っているこっちの口の中を
さんざん観察したあげく、ちっちゃな塗り薬を出してくれただけだった。

(センセ、それだけ・・?荒れてる場所が移動してるんですよ。もう2週間以上も
治ってないんですよ・・)
という人の心配をよそに、
「お口の中を清潔にしたあとに、綿棒で塗ってくださいね」と言った。

なんかちょっと肩透かし。
とりあえず一日に数回、「口の中を清潔にしたあとで」塗るようにしている。

071212drag.jpg

薬の袋を見て気づいた。口の中に入れるトローチと、肛門に入れる坐薬は
同じ袋を使うんだ・・・。
別に変じゃないと言えばぜんぜん変じゃないけど。
posted by まこと at 23:59| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月09日

今ごろホノルルでは・・

今日はマイ・バースデー。
父の病院に朝と夕方に行き、あとは庭の落ち葉を拾ったり雑草を抜いたり、
これといって特徴のある一日ではなかったけど、
夜は行きつけの洋食屋でヨメが乾杯をしてくれた。
ヨメはクルマを運転しないといけないのでジンジャエールだけど。

071209beer.jpg

そして今日はホノルルマラソンの日。
今年もエントリーしていたら、バースデー・ランになっていた。

ハワイとは19時間の時差があるから、
12月9日の午前5時にスタートするホノルルマラソンは、
日本時間でいうと12月10日の午前0時スタートということになる。

ということは、ホノルルマラソンに出る人たちは今、
ちょうどスタート20分前くらいなんだ。
車椅子のランナーがスタートしたあと、主催者やスポンサーの挨拶があって、
アメリカ国歌の斉唱があって、1年前はそこに自分もいた。

今ごろ、3万人近いランナーが真っ暗な中で、特に初フルの人とかは
緊張とワクワクの入り交じった気持ちでスタートを待ってるんだろうな・・・。

楽しくて思い出に残るマラソンになるように、みんな、がんばれ。
posted by まこと at 23:38| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月07日

太る事務所

ただ一度フルマラソンを走りたくてランニングを始めたのに、
この1年間で3回もフルマラソンを走ってしまった。
初フルの後は、何カ月も燃えつき症候群のような状態だったけど、
さすがに2回目、3回目になると、2日後からは走り始めている。

今回も那覇を走った2日後に9kだけビルドアップ走。
水・木は仕事に追われて、今日金曜日に7k。
けっして長い距離じゃないけど、機嫌よくランニングは続けられている。

具体的な目標はしばらくないけど、嫌にならない限り走ることは続けておいた方がいい。
なぜならば、今の体型を保つには、日常生活に敵が多すぎるからだ。

たとえば、ほれ、

071207suit01.jpg

ほれ、ほれ。

071207suit02.jpg

ね。差し入れの多い事務所というのは、それだけ皆さまから可愛がってもらってると
受け取ればいいのかもしれないけど、幸せな反面、その喜びにだけ浸ってしまうと
エライことになる。
(そういえばこの春まで働いていた子は、転職してから10kg痩せたらしい)

俺もせっかくこの2年間で体重が減ってきたんだから、どうか走ることが嫌いに
なりませんように・・・。(切実・・)
posted by まこと at 23:56| Comment(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月06日

もひとつ沖縄ネタ

ブログに載せられるかなと思ってアレコレ撮影してきたもんだから、
間抜けなタイミングだけど、せっかくなので沖縄のちゅらうみ水族館の画像。
この水族館、ど肝を抜かれるほど水槽がデカイ。
大阪の海遊館の水槽も大きいのが自慢だけど、それよりまだデカイ。

071206fish01.jpg

071206fish02.jpg 071206fish03.jpg

071206fish04.jpg 071206fish05.jpg

071206fish06.jpg 071206fish07.jpg

那覇から車で約2時間。
夏に行った石川県の能登島水族館に続いて今年2館目。
この水族館は水槽の大きさだけじゃなくて、沖縄近海に生息する魚を中心に、
サンゴ礁、マングローブの浅瀬、深い海、夜の海など、いろんなゾーンに
分けられていて、魚や生息地の説明もていねいで細かい。
イルカのショーも、ジャンプや立ち泳ぎだけでなく、芸の覚え方や、
超音波を発信してモノを見分ける実験など、興味をひくような趣向で考えられている。

水族館好きの自分としては、そうとう満足度が高く、たっぷり堪能してしまった。
ここで過ごしている間は、翌日にフルマラソンを走ることなどすっかり頭から消え、
(こんなに深い水槽で泳いでいて、こいつらは潜水病にならないのか?)などと
自分のことよりも魚の心配をしているありさまだった。
posted by まこと at 23:59| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月03日

NAHAマラソン

071202naha00.jpg

「太陽と海とジョガーの祭典」NAHAマラソン。
午前9時前。スタートを待つ2万3000人のランナー。(沖縄タイムスより拝借)

071202naha000.jpg

沿道でミカンを配ってくれる地元の人たち。

071202naha02.jpg

こっちでは太鼓を打ち鳴らす女の子たち。

071202naha03.jpg

沿道で応援してくれたおばあちゃん。おばあちゃんの持ってる紙には
「ゴールの後のビールがおいしいぞー」と書いてあった。

071202naha04.jpg

コース上には、ザワワ、ザワワ、のサトウキビ畑が続いているところもある。

071202naha05.jpg

坂を上りきると突然、目の前に海が広がって、
ホノルルマラソンのダイヤモンドヘッドを上った時とまったく同じ景色があった。

071202naha06.jpg

街に入ると今度はたくさんの女の子たちがエイサーを踊ってランナーを応援してくれる。

071202naha07.jpg

こっちはメチャクチャ長い男子高校生のハイタッチロード。

071202naha08.jpg

NAHAマラソンはすごくいい大会だと聞いていたけど、まったくその通りだった。
何がすごいって、まず、スタートしてからゴールするまで、42kmに渡って
応援がとぎれることがない。
沖縄県内で、家に閉じこもっている人や仕事をしている人は
一人もいないんじゃないかってくらい、ものすごくたくさんの人が
沿道に詰めかけている。
おとなも、子供も、年寄りも、八百屋さんも、自衛隊員も、マクドナルドの店員も、
トヨタカローラの社員も、みんな道に出てきて応援していた。

そしてその人たちが家からどっさりと、水や塩、ミカンやバナナや黒糖などを持って
コース上で待ちかまえている。
せっかくのご好意は受けとらねばと思い、できるだけたくさんもらいながら
走ってみたけど、ゼリー、チューペット、飴、沖縄そば、リンゴ、チョコ、
サーターアンダギー、カステラ、氷、中には栄養ドリンクも・・・
・・そんなのをクーラーボックスまで用意して、家族総出で、
あるいは社員全員でランナーを力づけてくれる。
ゴールまでにミカンをいくつもらったことか。
凍ったチューペットを何本食べたことか。
そしてコース上には常に、太鼓や金の音が聞こえていた。

こんな大会、はじめてだ・・・・。

どこを走っていても水や食べ物を持った手が出ているので、
水とバナナとミカンと黒糖にはまったく困らない。
ある小さな女の子が小さいビニールに黒糖を一粒入れて配っていたので受け取ると、
そのビニール袋にマジックで「ゴールめざして頑張れ!!」と書いてあった。
いったいいくつ用意したのかわからないけど、前の晩にマジックで字を書いて、
黒糖のかけらを一粒づつ袋に入れて一生懸命準備したんだろうなと思うと、それだけで
十分に感動できるし、その女の子の気持ちが、まさにこの大会をすべて象徴している。

レースの翌日になっても、「きのうは沖縄の人にたくさん応援してもらったよなー」
っていう会話が出るくらい、それくらい印象に残る忘れられない応援だった。

今回は、沿道の人たちの応援に応えながら、ハイタッチをしながら、飲み物や
食べ物をたくさんいただきながらヨメと並んで走ったけど、
タイムを狙わないレースがこんなに楽しいんだということを初めて知った。
飲み食いしながら、踊りを見ながら、生バンドの演奏を聴きながら、
写真を撮らせてもらいながら、そんなふうに楽しく走って、4時間23分台でゴール。
それでも、たくさんの応援に後押しされたのか、ヨメは神戸女子ハーフに続いて
自己ベストを連発。
いや〜、めでたい、楽しい、温かい大会だった。
沖縄の皆さん、とっても楽しく走らせてくれて、ありがとうございました。
posted by まこと at 23:59| Comment(8) | マラソン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。