2007年11月13日

いびがわマラソン 応援編

きっと誰もが同じ意見だと思うけど、
フルマラソンなんて人の応援なしではなかなか走れるもんじゃない。
今からたった一人で42kmを走ってこいと言われても、きっと途中で辞めちゃうか
歩いちゃうだろうし、42km地点にたどり着いても、感動はないような気がする。

応援やサポートが温かい大会はたくさんあるんだろうけど、
大会100選の5位にランクされるだけあって、いびがわマラソンもそーとー温かい。

まずボランティアの数が(主催者側の発表で)1400人以上いるらしい。
スタート地点には岐阜FMのブースが設けてあって、朝からいびがわマラソン一色の
放送をする。インタビューありーの、応援ソングのリクエスト受付けーの、
応援メッセージを募集しーの、マラソンのコース上にもスピーカーが設置されていて、
ランナーもそれらを聴きながら走ることができる。

スタート地点の公民館にはあらゆる壁という壁に、小学生の短い作文や水彩のポスターが
貼ってある。前回の大会後に、地元の小学生が書いたものらしい。
ほとんどがランナーを応援する内容だったり、一生懸命に走る姿を見て感動したという
内容だったりする。数があまりにも多すぎて、とても全部は読めない。

そして沿道の応援がこれまた苦しんでいるランナーを支えてくれる。
しばらく走っていると必ず小学生の列が現れて、
大勢の子供たちがランナーとハイタッチをしながら
「がんばれ〜」「ファイトォ〜」と声を出し続けている。
ハイタッチといっても、子供のハイタッチだから、ランナーにとっては
腰の位置くらいのタッチになる。
こっちもそれに応えて、「オエエエエエエエエエ〜〜〜〜〜〜〜〜イ」と叫びながら
ハイタッチを受けて走ると、不思議とその時だけスピードが上がっていた。

あとはコース上のどの場所にもいるのがおばあちゃん。「がんばりや〜」と言いながら、
たくさんのおばあちゃんが手を振ったり旗を振ったりしている。
こっちも、「おばあちゃん、ありがと〜」と応援に答える一方で、
(あのおばあちゃんたち、5時間も旗を振り続けるのか??)と心配になったりする。

揖斐川町の人口の90%は小学生とおばあちゃんか?と錯覚してしまうくらい、
沿道で応援してくれる小学生とおばあちゃんの数は多い。

きのうも書いたけど、300mくらい離れた向こう岸から旅館の女将が着物を着たまま
雨の中で両手に持った日の丸を振り続けていたりする。
そういう姿にどれだけランナーは励まされることか。

あとは生バンドの演奏もあった。往路を走っているとZARDの「負けないで」が
聞こえてきた。近づくと4人編成のバンドで、ちょっと年は食ってるけど
確かにZARDだった。復路では小林旭の「熱き心に」を歌っていた。
このバンドはたぶん5時間演奏し続けたんだろうな。・・マラソンより過酷かも。

それから、コース上にランナーを応援するメッセージの書かれた立て札が何十本も
立ててあって、そういうのを読むだけでもずいぶん励みになる。

[苦しくなったら前を向いて笑顔で]

{してきたトレーニングを思い出せ}

{がんばるな しかしあきらめるな}

{ゴールはひとつでも その先にはそれぞれの夢が}

こういうのにめっぽう弱いので、読んだだけで涙が出そうになるメッセージもある。
(さすがに泣きはしなかったけど)

30kを過ぎて苦しくなってきたあたりで、沿道のスピーカーから岐阜FMの放送が
聞こえてきて、ちょうど有森さんがDJとしゃべっているところだった。
その声を聴きながら(俺はまだ普通の顔で走ってるけど、バルセロナの時の
有森裕子は泣きそうな顔で走ってたやないか。もっと頑張れるぞ)なんて
思ったりもした。

自分にとって42kmはまだまだ長い。
そんな応援があってこそ走れる距離だと、つくづく思う。
苦しくて仕方がないのに、そういうたくさんの人の心の支えがあってのゴールだから
完走した後にはあんなに大きな感動が待っているんだろうな。

071111goal.jpg

ゴールのゲートをくぐると、中学生くらいの女の子たちが胸にアミノバリューの
ペットボトルをいっぱい抱えて、完走したランナーに手渡している。
自分もゴールした時、アミノバリューを渡そうとしてくれた女の子に
帽子をとっておじぎをした瞬間・・・・・涙が出てきた。

「ありがとうございました」と言ってボトルを受け取るつもりが、
のどの奥から何かがこみあげてきて、ちゃんとしゃべれなかった。
そのあと、今度は男の子がバスタオルを背中にかけてくれた時、
一気に涙腺が開いてしまって、ポロポロと泣いてしまった。

フルマラソンも2回目ともなると、さすがに感動して泣くこともないだろうと
思っていたが、やっぱり泣いてしまった。
きっと、それほど地元の人の応援の気持ちやおもてなしの心がうれしかったんだと思う。

071111child02.jpg

071111childn1.jpg
posted by まこと at 23:59| Comment(2) | マラソン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。