2007年11月30日

沖縄観光

071131okinawa01.jpg

沖縄へは仕事で2回来たことがあっけど、
こうして遊びで来たのは初めて。
那覇空港に降り立って暖かい空気に触れ、
賑やかな国際通りを歩いたりしていると、
自分が何の目的で沖縄へ来たのかを忘れてしまいそう。

071131okinawa02.jpg

071131okinawa03.jpg

071131okinawa04.jpg沖縄料理店に行って、
タコライスを食べたり、
ゴーヤチャンプルーや
ソーキソバを食べたりして
沖縄を満喫しているうちに
すっかり気持ちは観光気分。

ほんと、沖縄へ何しに来たんだっけ・・。
posted by まこと at 23:23| Comment(0) | マラソン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月28日

実感なし 2

きのう、神戸から来たお客さんが、事務所にロールケーキを差し入れてくれた。

071128cake01.jpg

これがまた、包丁で切ると形が崩れるくらい軟らかいロールケーキで、
真ん中には生クリームの他に少しだけカスタードクリームも挟んであったりして、
メチャクチャうまい。

夜は神戸ハーフで応援してもらったお礼に、RWSに五感の純米ロールを持って行き、
自分でも大好きなロールケーキなもんで、差し入れておきながら一切れもらい、

071128cake02.jpg

そして今日は昼から夜にかけて、何を思ったのかカステラを4切れも食べてしまった。

071128cake03.jpg

なんかスポンジみたいなのばっかり食べてるけど、いいんだろうか。
週末にフルマラソンを走る実感なんて、ぜんぜんないぞ〜。
posted by まこと at 23:59| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

実感なし 1

父がお世話になっている病院は、本来なら2週間か、
せいぜい1カ月しか置いてくれないらしく、前から転院先を探してもらっていて、
今日はその転院の日だった。
朝から退院の手続きをし、荷物をまとめ、転院先の病院で入院の手続きをし、
診察を受け、入院についての説明を聞き、そんなこんなで事務所に着いたのは
午後の3時。あまりにも慌ただしかったので、今日までお世話になっていた病院にも
きちんと挨拶もできていない。明日の朝、もう一度行ってお礼を言ってこよう。

事務所は事務所で仕事が立て込んでいるので、どうしても帰るのが遅くなってしまう。
金曜日の午後の便で沖縄へ向かう実感なんてぜんぜんないぞ〜。
posted by まこと at 23:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月25日

神戸全日本女子ハーフ

今日は神戸でハーフの大会。
会場に到着して差し入れてもらったカステラを食べながら準備をしてると、
応援がてらマラニックに来たRWSチームが到着。

071125kobe01.jpg

プレッシャーやな〜。

ストレッチをして、トイレに行って、アップをして、招集されてスタート地点に
並ぶと、スタート5分前くらいになって突然、

野口みずきが現れて列の先頭に並んだ。

突然、群衆が興奮しだす。自分もヨメも、一目見たくて、後ろからピョンピョンと
ジャンプを繰り返したが後頭部しか見えなかった。
野口みずきが来るなんて聞いてなかったぞ。(ネットには載っていたらしいけど)

ま、それはそれとして、晴天の下、勝手知ったる街を走るマラソンはスタートした。

最初の5kが21分04秒。
自分にしてはメッチャ速いけど、ある程度は予定通り。

走る前からワクワクと期待していたけど、この大会はなんと言っても神戸の街を
突っ切って走るのが気持ちいい。
普段はクルマで渋滞している国道2号線を封鎖して、広い大通りを貸し切りで走れる。
灘区から三宮、元町、神戸駅を過ぎて長田まで一直線。
天気もいいし、沿道の応援も多いし、メチャクチャいい気分だ。

次の5kが21分45秒で、10kのラップが42分49秒。
10kのレースのベストがこの4月に出した46分だから、・・・どう考えても速過ぎ。
あれから半年経って、こんなに走れるようになってたんだ。

071125kobe02.jpg

15kまでのラップが21分52秒。
前半を抑え気味に走ってないので、だんだんとペースが落ちている。

走る前は知合いの応援がプレッシャーに思っていたのに、
走り出してからはついオレンジののぼりを探してしまう。
あと少し走ったらオレンジののぼりが見えるかもしれない・・・と期待しながら
走っている自分に気づいた時は、おかしなもんだと思ってしまった。
それだけ、人の応援を自分の力にしたかったんだろう。
実際、オレンジののぼりの横を通りすぎる時に大歓声を受けながら走ると、
意識しなくてもスピードが上がってしまう。

20kまでが22分6秒。

そしてゴールタイムの1時間31分23秒は、
大阪リバーサイド以来、1年ぶりの自己ベストじゃい!
欲を言えば90分切りたかったけど、絶対に力を出し切って走ろうと思っていたし、
それはできたと思う。

071125kobe03.jpg

いびがわ、神戸と、いい記録を出したかった大会が終わって気が抜けたのか、
レース後はクシャミと鼻が止まらなくなり、どうやら完全に風邪を
ひいてしまったらしい。数日前からその兆候はあったんだけど、きっと気持ちで
押さえ込んでいたんだろうね。病は気から、を実感してしまった。
1週間後のNAHAマラソンまでに治さなくちゃ。
posted by まこと at 22:26| Comment(12) | マラソン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月24日

はたして傷は消えるのか

気温の低い日も以前よりは増えてきて、
毛布が温かく感じたり、鍋がおいしかったり、風呂が気持ちよかったりすると、
冬が近づいてきたみたいでヨカッタ・・・って思う。
(今までは、冬の近づく気配が感じられなくてイライラしていた)

鍋とスキーがある限り、冬は大好きな季節であり続けるだろう。
北海道で1mの積雪があったり、関西でもスキー場がオープンしたり、
そんなニュースを聞くと自分も早く冬を満喫したくなってくる。

そしてスキーシーズンを間近にしていつも慌てるのがチューンナップ。
何カ月ものシーズンオフの間に、なんで余裕をもって出しておかなかったんだろう・・
というのは、この時期、毎年恒例の後悔の念。

今日は3連休の真ん中で、あしたの神戸ハーフに向けてランニングはしないし、
行っとかないとチャンスはなくなるぞ、ってことで、板をクルマに積み、いつも
お願いしている神戸のショップに預けてきた。
今回のキズは、史上最高にエグいキズで、補修というよりも手術に近いかもしれない。
滑走面が剥がれて、下の素材がむき出しになってるようなこんなキズ、
直るんだろうか・・・・・・・・。

071124Fischer.jpg
posted by まこと at 17:58| Comment(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月22日

焼肉、焼肉、食べ放題

友達が焼肉店を経営していて、11月23日に2店目をオープンするにあたって
開店2日前にレセプションをするので来てくれという招待を受けた。
取引先でもないのに、なんというありがたい話。

お言葉に甘えついでに、早速ヨメや従業員や知合いを誘っておよばれしてきた。
飲み物は飲み放題だが、食べ物はユッケ、肉、魚介、ご飯物、デザート・・と
頼まなくても勝手にコースで出てくるようだ。

お、いきなり生レバーか。こりゃ鉄分もいっぱい補給できるぞ。
071121yakiniku02.jpg
すげー、続いては特大ステーキだ。
071121yakiniku01.jpg
なかなか、牛肉だっててんこ盛りだ。
071121yakiniku03.jpg
ホントにこれが全部タダで食わしてもらえるのか???
071121yakiniku04.jpg
うぉぉぉ〜、魚介類もホタテにイカにエビに・・・盛りだくさんだ!
071121yakiniku05.jpg
ホルモンも上ミノ、アカセン、テッチャン・・・こんなにサービスしていいのか??
071121yakiniku06.jpg
このほかにもユッケ、ビビンバ、デザート・・・などなど、
となりの男性ばかりのグループは食べ切れずに残していた。
(男1、女3のこっちのテーブルはなぜか完食・・ギャル曽根はいなかったんだけど)

ビールをジョッキでガブガブ、あとは焼酎を、最後はマッコルリも2杯ほど
いただいちゃって、お土産にキムチまで持たせてもらって、この恩返しはどうしたら
いいんだろう・・・って、酔っぱらってるから頭も回らない。

焼肉パワーか、キムチパワーか、ニンニクパワーか、おかげで風邪は治ったけど、
家に帰ったら体重がぁぁぁぁ!!!・・・3kg増えていた。
おそるべし、肉と酒の宴。
レースの4日前なのにぃぃ・・しかも朝起きたら酒が体に残ってたし。

なんとかしないとエライことになるぞ、というわけで、
今日は仕事帰りに大阪城で21k走ってきた。(極端なヤツ)
ま、焼肉をバカほど食べたからという理由だけではなく、
レース前にもう一回、納得のいく練習をしておきたかった。
それがちゃんとできれば、なんか自信につながるような気がしたので。

日曜日の神戸ハーフは、元上司も10kmの部でエントリーしてるし、
その人もそれに向けて頑張って練習してるだろうし、
こっちも恥ずかしくない走りをしなくちゃね。

今日は21kという距離をある程度レースに近いようなペースで走ってみたけど、
自分で思っていたよりもしっかりと走ることができたのでチョットびっくり。
こういう練習したのって初めてだし。

おかげで体重は元に戻っていた。(ほっ・・・)
ただ、レースの3日前にこんな練習をして、確実に疲れを引きずるんじゃないかと
ちと不安・・・・。
posted by まこと at 23:59| Comment(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月20日

汗で体が冷える〜

昼ご飯は、うどん鍋とご飯をお茶碗に3杯。
今日から炭水化物を摂りまくってカーボローディングじゃ〜。

夜は大阪城公園でのビルドアップ走。
気分的には余裕のあるキロ5分半のペースから珍しく集中して走っている自分がいた。
なぜなら、事務所で仕事をしていると夕方にこんなスイーツの差し入れがあったから。

071120suit.jpg

プチモンブラン、ロイズチョコレートプリン、「栗原さんちのおすそわけ」という名の
とろけるパンナコッタ。・・・相変わらず甘いモノには困らないありがたい職場だ。

日曜日の神戸ハーフに向けて体重を増やすわけにはいかないのに、
おいしいもんだから、ついペロペロッと食べてしまったもんだから、
そのカロリーを消費しないといけないもんだから、
だから頑張って走った・・・・・というわけでもないけど、実際は。(どないやねん)

キロ5分になっても集中力は保たれていて、4分半になってもまだ集中力は途切れず、
最後の1kは4分を切っていたかもしれない。
呼吸は苦しかったけど、「足が折れるまで走りたい」と言った野口みずきのセリフを
思い出して頑張ってみた。
結果的に、ビルドアップ走に参加して1年数カ月だけど、今日が一番速く走れた。

そのかわり、汗をいっぱいかいたまま、低い気温で急激に冷えたのが原因だろう、
着替える前からクシャミを連発。
家に帰ってから風呂で温まった後も、クシャミは止まらなかった。

もしもうちの家にハクション大魔王の壺があったら大変なことになっていただろう。

そんなことより、風邪ひかないうちに早く寝ないと・・・・。
posted by まこと at 23:59| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月19日

追っかけファン

日曜日、いつも通り6時過ぎに起きて、休日なのでランで父の入院先の病院へ。

071118hos.jpg

病院の朝食は今朝も完食。便秘も治ったみたいで便通もあり。前日は「しんどい」と
いう理由でリハビリをパスしたため、その分も含めて脚の運動と腹筋の運動を
いつもの倍やらせてみる。

2時間ほどのち、病院を出て、家には帰らず、家の近くを素通りし、
そのままランで次なる目的地へ向かう。
イチョウが黄色く色づいてきたエキスポロードを走り、

071118icho.jpg

病院から約2.5k先にある万博公園の外周道路に入り、

071118expo.jpg

いつもなら周回するところだけど、途中から道を渡って万博公園の中央口へ向かい、
今日は無料開放だということで切符も買わずにゲートを入り、

071118expo2.jpg

向かう先は太陽の塔の裏側にあるお祭り広場。
そう。お祭り広場で行われていた毎年恒例のイベントはこれ。

ABCラジオ祭り!!

071118abc.jpg

道上洋三さんはどーでもいい。
前からファンだったアシスタントの秋吉英美ちゃんを見ようと、駆けつけてしまった。
オッサンの「追っかけ」ほど気持ち悪いものはないが、
こんなに近くに来ているのに、ナマ英美ちゃんを見ない手はない。

会場に来てるのは、ほとんどがジイちゃん、バアちゃんだった。
1時間ちょっとの間、出演者のトークバトルを聞き、ゆっくりとナマ英美ちゃんを
見る時間的な余裕もなく、会場に出店していた福井県の鯖寿司を買い、
イベントはまだまだ途中だったけど、今度は急いで走って家に戻る。

なぜならばぁ〜、12時10分に東京国際女子マラソンがスタートするからだ。
パリの世界陸上で見た時からファンだった野口みずきが走るとあっては、
見逃すわけにはいかない。(今日はファンを追っかけて分刻みの移動だ)

アクシデントもなく、期待通りのものすごい圧勝だったし、すごいスピードだったし、
あんなの長距離の走り方じゃないし、アッという間の2時間半弱だったけど、
文句を言いたいくらい不満だったのはCM。

1月の大阪国際もそうだったけど、なんでレースが動いた大事な場面を
いつもコマーシャルに邪魔されるんだ。
メインスポンサーのドコモみたいに、テレビ画面の下を使って宣伝をすればいいのに。
・・・・ブツ、ブツ。

071118noguchi.jpg
posted by まこと at 23:55| Comment(2) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月15日

はぁ・・・しんど〜

日曜日のいびがわマラソンのあと、月曜日はもちろん休足、でも夜は事務所で飲み会、
マラソン後の筋肉痛がなかったもんだから火曜日は7kだけペース走に参加、
水曜日は久しぶりに三宮で飲む。昔働いていた会社の、ある部署の同窓会があって、
なぜか違う部署だった自分にも声をかけてもらったので、
野郎10人で鍋をつついてきた。

そんなこんなで、練習よりも飲んでる方が多かった3日間を過ごし、
ちょっと体重も増えてそうだし、ちゃんと走れるかなと思いながら、
真面目に練習会に参加するために仕事帰りに大阪城公園に行ってきた。

しかも、1週間前に通勤に使ったロード用のバイクをそろそろ家に持って帰らないと
いけないだろうと思い、事務所から森之宮までサイクリング気分で行った。

今日の練習は2.3kの周回コースを、1周ジョグで6周ペース走。
この3日間のアルコールで体が重たいと思いきや、苦しいながらもちゃんと
ついていけた。けっして楽しい練習じゃないけど、こういう練習を前向きにこなして
いると、気がつけば楽に走れるようになってるんだろうな。

一番しんどかったのは、その後のバイクでの帰宅。
家までの20kチョイの道のりを、太股がダルくなったり、股間が痛くなったり、
お尻の肉がつりそうになったりしながらも不屈の精神で(おおげさ?)帰ってきた。
元気な時ならまだしも、10k強のペース走をした後だから、
エネルギーもカラカラだし、筋肉も疲れてるし、ほんとにキツイ。
「この年齢でこんなこと続けてたら、しまいに血管切れるで」と
自分に言い聞かせながらなんとか家にたどり着いた時にはもう全身クタクタ。
あ〜しんど・・・。
posted by まこと at 23:59| Comment(4) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月13日

いびがわマラソン 応援編

きっと誰もが同じ意見だと思うけど、
フルマラソンなんて人の応援なしではなかなか走れるもんじゃない。
今からたった一人で42kmを走ってこいと言われても、きっと途中で辞めちゃうか
歩いちゃうだろうし、42km地点にたどり着いても、感動はないような気がする。

応援やサポートが温かい大会はたくさんあるんだろうけど、
大会100選の5位にランクされるだけあって、いびがわマラソンもそーとー温かい。

まずボランティアの数が(主催者側の発表で)1400人以上いるらしい。
スタート地点には岐阜FMのブースが設けてあって、朝からいびがわマラソン一色の
放送をする。インタビューありーの、応援ソングのリクエスト受付けーの、
応援メッセージを募集しーの、マラソンのコース上にもスピーカーが設置されていて、
ランナーもそれらを聴きながら走ることができる。

スタート地点の公民館にはあらゆる壁という壁に、小学生の短い作文や水彩のポスターが
貼ってある。前回の大会後に、地元の小学生が書いたものらしい。
ほとんどがランナーを応援する内容だったり、一生懸命に走る姿を見て感動したという
内容だったりする。数があまりにも多すぎて、とても全部は読めない。

そして沿道の応援がこれまた苦しんでいるランナーを支えてくれる。
しばらく走っていると必ず小学生の列が現れて、
大勢の子供たちがランナーとハイタッチをしながら
「がんばれ〜」「ファイトォ〜」と声を出し続けている。
ハイタッチといっても、子供のハイタッチだから、ランナーにとっては
腰の位置くらいのタッチになる。
こっちもそれに応えて、「オエエエエエエエエエ〜〜〜〜〜〜〜〜イ」と叫びながら
ハイタッチを受けて走ると、不思議とその時だけスピードが上がっていた。

あとはコース上のどの場所にもいるのがおばあちゃん。「がんばりや〜」と言いながら、
たくさんのおばあちゃんが手を振ったり旗を振ったりしている。
こっちも、「おばあちゃん、ありがと〜」と応援に答える一方で、
(あのおばあちゃんたち、5時間も旗を振り続けるのか??)と心配になったりする。

揖斐川町の人口の90%は小学生とおばあちゃんか?と錯覚してしまうくらい、
沿道で応援してくれる小学生とおばあちゃんの数は多い。

きのうも書いたけど、300mくらい離れた向こう岸から旅館の女将が着物を着たまま
雨の中で両手に持った日の丸を振り続けていたりする。
そういう姿にどれだけランナーは励まされることか。

あとは生バンドの演奏もあった。往路を走っているとZARDの「負けないで」が
聞こえてきた。近づくと4人編成のバンドで、ちょっと年は食ってるけど
確かにZARDだった。復路では小林旭の「熱き心に」を歌っていた。
このバンドはたぶん5時間演奏し続けたんだろうな。・・マラソンより過酷かも。

それから、コース上にランナーを応援するメッセージの書かれた立て札が何十本も
立ててあって、そういうのを読むだけでもずいぶん励みになる。

[苦しくなったら前を向いて笑顔で]

{してきたトレーニングを思い出せ}

{がんばるな しかしあきらめるな}

{ゴールはひとつでも その先にはそれぞれの夢が}

こういうのにめっぽう弱いので、読んだだけで涙が出そうになるメッセージもある。
(さすがに泣きはしなかったけど)

30kを過ぎて苦しくなってきたあたりで、沿道のスピーカーから岐阜FMの放送が
聞こえてきて、ちょうど有森さんがDJとしゃべっているところだった。
その声を聴きながら(俺はまだ普通の顔で走ってるけど、バルセロナの時の
有森裕子は泣きそうな顔で走ってたやないか。もっと頑張れるぞ)なんて
思ったりもした。

自分にとって42kmはまだまだ長い。
そんな応援があってこそ走れる距離だと、つくづく思う。
苦しくて仕方がないのに、そういうたくさんの人の心の支えがあってのゴールだから
完走した後にはあんなに大きな感動が待っているんだろうな。

071111goal.jpg

ゴールのゲートをくぐると、中学生くらいの女の子たちが胸にアミノバリューの
ペットボトルをいっぱい抱えて、完走したランナーに手渡している。
自分もゴールした時、アミノバリューを渡そうとしてくれた女の子に
帽子をとっておじぎをした瞬間・・・・・涙が出てきた。

「ありがとうございました」と言ってボトルを受け取るつもりが、
のどの奥から何かがこみあげてきて、ちゃんとしゃべれなかった。
そのあと、今度は男の子がバスタオルを背中にかけてくれた時、
一気に涙腺が開いてしまって、ポロポロと泣いてしまった。

フルマラソンも2回目ともなると、さすがに感動して泣くこともないだろうと
思っていたが、やっぱり泣いてしまった。
きっと、それほど地元の人の応援の気持ちやおもてなしの心がうれしかったんだと思う。

071111child02.jpg

071111childn1.jpg
posted by まこと at 23:59| Comment(2) | マラソン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月11日

いびがわマラソン レース編

明け方の4時過ぎにクルマで出発して、会場には7時半頃に着いた。
早くから高石ともやさんのコンサートが始まり、9時過ぎからは招待選手の紹介や、
西田ひかるさんや有森裕子さんがステージに登場した。

071111takaishi.jpg

071111arimori.jpg

有森さんとはホノルル以来1年ぶりの再会だ。
この日のためにヨメはホノルルで一緒に撮った写真をプリントし、
手紙まで書いて用意していた。
ステージから降りるタイミングで「有森さん!」と声をかけると、
ちゃんと覚えてくれていた。うれしいな〜。
「今日は頑張ってください」と言って握手までしてもらった。

それからは、着替えて、トイレを済ませて、アップをして・・・
そうこうしている間に選手の招集がかかり、7千数百人のランナーがスタート地点に
列を作り、あれよあれよという間に10時半にピストルが鳴った。


「練習はしてきた」「自分なりにちゃんと練習はした」
そう自分に暗示をかけながら、1年ぶり、2度目のフルマラソンはスタートした。

いびがわマラソンは前半がほぼ上り、後半がほぼ下り。
ただ、初めて走るコースなのでどの程度の起伏なのかはわからない。

スタート直後は、まずフォームを意識して走ろうと決めていた。
今までの経験から言って、スタートの雰囲気にのまれて、
体の動かさないといけない部分が動いていなかったり、
余計な所に力が入って固くなっていたりすると、最後までそんな調子で走ってしまって、
修正できないままにしんどいだけで終わってしまう。

自分の場合のチェックポイントは、骨盤が軽やかに振れているかどうか、
それと、腕の振りと足の着地が同調しているかどうか。

走り出してすぐに小雨が降り出した。これくらいの雨なら、かえっていいタイムが
出るかも、と少しうれしい気持ちで走った。
雨の中でレースをするのは構わないんだけど、応援をする人たちが気の毒だ。
雨の中、傘をさしながら小学生の列が大きな声で応援してくれている。
揖斐川の向こう岸では、旅館の女将らしき人が、着物を着たまま、雨の中で
両手に持った日の丸を振り続けている。

横を見るとスパイダーマンが走っていた。
頭のてっぺんから足の先までスパイダーマンだ。暑くないんだろうか・・。
スパイダーマンはマスクをしているので、給水所でコップを手渡されて、
「飲めないよ〜」と言っていた。ギャグのできるスパイダーマンだ。

最初の5kは24分22秒。

そのうちに雨も上がり、曇り空に変わった。風は強い。
徐々に上りが始まった。
5kから10kまでが23分50秒。上りなのにペースが上がっている。
キロ4分45秒くらいかな。

今回は前半から、ぶっ飛ばしはしないけど、自分的に少し息が苦しい状態で走った。
風は強いけど、暑くもなく寒くもなく、気温は最適な感じ。
だんだんとキツイ上り坂が増えてきた。
10kから15kまでが23分26秒。上りがキツくなってるのに、またペースが上がっている。

横を見ると、スパイダーマンも苦しくなってきたのか、
マスクが下からめくり上げられていて、アゴと口と鼻が見えている。
スパイダーマン!正体がバレてしまうぞ。

この頃になると、雲が割れて陽が射し始めた。相変わらず上りが続く。
15kから20kまでが24分16秒。もうすぐ折り返しだと思うと、かなり気が楽に走れる。

ハーフが1時間41分32秒。
今回は1年前のホノルルに対して、前半で5分、後半で10分上回ろうと思っていた。
なのに前半で9分半も上回っている。
折り返したら後半はほぼ下りだから、これひょっとしたら、けっこういいタイムが
出るんとちゃうん??

しかし、そうはイカの金玉。後半はまるで浸水した船のように
思うようなスピードが出ないまま、徐々に沈んでいくのであった。

20kから25kまでは24分09秒。これはまあいい。
25kあたりで1本目のパワージェルを飲もうと思っていたのに、水で流し込むための
エイドがない。パワージェルだけ生で飲んでもいいんだけど、エイドがないとゴミも
捨てられない。

エネルギー補給をしたかったので、エイドの表示を探しまくりながら走り続けた。
しばらく行くと、立て看板が見えて、「100m先」と書いてある。お、エイドか?
と思って近くまでくると、「100m先」の下に「工事中」と書いてあった。
なんじゃい!工事中の看板かい。

またしばらく走ると、先のコーナーに白いテントが見えた。
今度はエイドに違いない。エイド! エイド! エイドリア〜ン!

しかしそこでは、少人数でほうじ茶を配っているだけだった。
水じゃなくても、この際ほうじ茶でも何でもいいから流し込んでやれ。
ウエストポーチからとり出したパワージェルは、たまたま梅味だった。
ほうじ茶と一緒に流し込むと、なんだか梅こぶ茶を飲んでいるような気分・・・。

25kから30kは、下りが続いているにもかかわらず24分31秒。
初フルの時はこのあたりですっかり脚のあちこちに痛みが発生して辛い状況だったけど、
今日は走るのが辛いような痛みはどこにもない。
それでも、脚にバネがなくなってきているのがわかる。

30kから35kはとうとう26分03秒。
ここまで来たら気持ちの中でゴールが見えてるんだけど、体は前に進まない。
「腕を振れ。脚を大きく動かせ」
そうやって脳ミソから命令してやらないと、体は動いてくれない。
後ろへ置き去りにしたはずのスパイダーマンにも抜かれてしまった。

ここからの7kの、いや1kずつの長かったこと。
余裕でいいタイムが出せそうだったのに、体は進まずに時計ばかりが進む。
40kを過ぎ、残り2kになってもダッシュができなかった。

ゴールタイム:3時間28分05秒。

それでも1年前の初フルよりは18分縮まっている。
一生懸命に走ったことは確かだし、自分にしては上出来と考えていいかな。

でも、こうして文章にするとアッという間だけど、フルマラソンはやっぱり長い。
ゴールした後は、立っていようが、座ろうが、ストレッチしようが、
どんな姿勢をとっても脚のどこかがつった。
こんなにしんどい距離、もう二度と走りたくないぞ〜。

ただ、しんどいけど、走り終えた今、これだけは言える。
・・・・・・・・・フルマラソンは素晴らしい。

071111taol.jpg

071111kinen.jpg
↑一緒に走ったelemama夫妻や、
 初フルで見事に完走したムーチャンと記念写真。
posted by まこと at 23:59| Comment(17) | マラソン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月10日

前日も走るの?

金曜日、大阪城公園で9k強を走り、それですべて終わりにしようと思っていたら、
ある人から「あしたも走ってくださいね」と言われた。
レースの前日はな〜〜んにもしないつもりでいたのに。

「1kか2k、全力で走っておいてください。心臓が強くなりますから」

ん?何もしないつもりでいたけど、心臓が強くなるんならやってみようか。

そしてレース前日の今日、
午前中は家族関連の用事などでいろいろと動いて、
午後からちょっと昼寝して・・・と思っていたら、なんと夕方まで寝てしまった。
とりあえず夕方には起きたけど、横になっていたらいくらでも寝れそうだ。
いろんな疲れが、かなりたまっているのかな〜、って感じ。

で、5時頃にヨロヨロと起きて、ストレッチをして、ゆっくり2kジョグして、
1kだけ全力で走っておいた。
そういえばそのアドバイスをくれた人は以前、自分のレースの前に、
信じられないような激しい息づかいで走っていた。
レースで走る心臓を強くするための練習だったのか。

今晩から友達のムーチャンが家に泊まりに来る。
夜中3時か3時半頃に起きて、4時過ぎには出発する予定だからだ。
なぜなら、4時半までに名神高速に乗ったら通行料金に夜間割引が適用されるから。
(セコ〜・・←でも片道で1,000円くらい差が出る)

ムーチャンは今回が初フル。
いつも冗談ばかり言って笑ってるけど、内心はキンチョーしてるだろうな。

さて、明日のいびがわマラソンの天気はと・・、
お、きのうまでは降水確率80%だったのに、
朝6時までは雨で、それ以降は曇りに変わってるぞ。

でも雨に備えて、アップ用とレース用でウエアとシューズを2セット持って行こう。
それからテントも。
あとはサプリ関係。
レース前に飲むもの、レース中に飲むもの、レース後に飲むもの・・・、
人の分も入ってるけど、これじゃまるで健康食品の会社案内用の写真みたいだ。

071110ccd.jpg

あしたは1年ぶりのフルマラソンだし、なんといっても経験が少ないし、
どんなペースで走ったらいいのかわからないけど、自分の好きなペースで走ろう。
posted by まこと at 19:08| Comment(4) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月07日

バイク出勤 ラン退社

天気も回復したことだしと思って、今日は初めてバイクで職場へ向かってみた。
いわゆる「チャリンコ通勤」。
サイクリングパンツの上に綿パンを履き、ヘルメットをかぶって
通勤ラッシュのクルマや、国道を大阪市内に向かって走るトラックに交じって
脚をダァァ〜〜っと回しながら走る。

そんなにスピードは出せていないわりには、汗だけ出てくる。
調子よく走りながら、日曜日はよくこんな距離をランで行ったもんだと感心した。
日曜日に走ったのは東淀川までの13kだけど、こうしてバイクで走ると
実際以上に長い距離に感じる。

事務所までの20kを、ほぼ1時間で走った。
ということは、平均時速20km/h?(おそ〜)
ま、お尻と腕がちょい痛かったけど、走れない距離ではなかった。
たまには、こういう出勤もいいかな・・・たまには。

071107bike.jpg

ビルの1階に着いて郵便受けの中を見がてら、いつものおばちゃんに挨拶をする。
ビルの全部の事務所の郵便受けがある所に定食屋の裏口があって、
そこからいつも中に向かって「おはよ〜ございま〜〜〜す」と挨拶をする。

今日のおばちゃんの反応は「い〜や!兄ちゃんカッコえんやん。みんなチョット
見においで、はよ、はよ。兄ちゃんどないしたん。それ、買おたん!
競輪選手みたいやな〜。茨木からコレ乗って来たん!ほんま兄ちゃん、運動好きやな〜。
スピード出して怪我せんようにしいや。え?ゴマの葉っぱ、おいしかったて?
奥さん嫌がってないか? どうせ『定食屋のオバハンが・・』とか言うてんねんやろ」
とまあ、狭いビルの1階はちょっとした騒ぎになった。


それと・・・、
日曜日のフルに向け、この辺でもういっちょうロング走をやっておきたかったんだけど、
夜は何時に帰れるかわからないし、家に帰ってからまた着替えて走りに出かけるのも
面倒な気がしたので、んじゃ事務所から走って帰ればいいじゃんと思い、
バイクは置いといて、今日はRUNで帰ることにした。

仕事を終えて事務所を出たのが9時20分。

071107night run.jpg

北浜から南森町を抜け、天六を抜け、赤川鉄橋を渡り、上新庄から吹田を通り、
万博公園を回って帰ってくるコース。
万博公園はわざと大回りしたので、事務所から家まで21.5kだった。
その距離を約2時間かけて帰ってきた。

練習のつもりだったので“帰宅ラン”という感覚はなかったけど、
大阪の北浜から家まで、走って帰れるもんなんだ・・すごいなー、人間の脚って。

でもそのかわり、家に着いてからはストレッチをしているだけで
脚のあちこちが攣りそうになった。弱い脚やなー、まだまだ。
ハーフの距離ならある程度ちゃんと走れても、25k、30kを過ぎたら脚が
どうなっているのか、そこから先はまだ自信がない。

ウダウダ言っても仕方ないんだけどね、4日後には2度目のフルを走るんだから。
posted by まこと at 23:59| Comment(3) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月06日

ゴマの葉

10日に一度くらいのサイクルで豚キムチをくれる定食屋のおばちゃん。
最初の頃は、いつもいつも悪いなと気を遣っていたけど、すごくおいしいので、
このごろはあつかましくも楽しみに待っていたりもしている。

そのおばちゃんに今朝も「おはようございまーす」と挨拶をした時に、
「お兄ちゃん、ちょっと待っとき。ええもん持ってきたから」と言われて、
おばちゃんに逆らう気はないので言われたとおりに待っていたら、
「これ、ゴマの葉っぱやねん。ゴマの葉っぱをな、漬けてんねん。
ごはん巻いて食べたらおいしいから」と言って、ビニール袋の包みをくれた。

家に帰って早速ゴマの葉っぱでごはんを巻いて食べたら、
ほんのり甘くて、ほんのり苦くて、めちゃくちゃおいしかった・・・・・・!!!

071106goma.jpg


おばちゃん、ありがとう。
今日もビルドアップ走で15k走ったし、
これがあったらたくさんごはんを食べられそうだから、
おいしいだけじゃなくて、失われた炭水化物も補給できるしね。
posted by まこと at 23:59| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月05日

4部練のような一日

きのうの日曜日の、なんと長かったことか。
朝はいつも通り病院に寄り、朝ご飯の面倒を見たり、足の運動に付き合ったあと、
「今日は淀川マラソンの応援に行くから、ゆっくりでけへんねん。ごめんな」と
父に断って8時過ぎに病室を飛び出し、病院の駐車場で軽くストレッチをしてから
枚方に向かって走り出した。

JR茨木駅を越え、阪急茨木市駅を横切り、父がいつも通っていたスナックの前を通り、
高槻市を抜け、10k先の淀川市民マラソンの会場へ向かう。
約1時間後、淀川にさしかかり、枚方大橋を渡っている時に
ちょうどフルマラソンの部がスタートしていた。

071104full start.jpg

会場に着くと、オレンジののぼりを立てたRWSチームが集まっていて、
それぞれにレース前の準備をしていた。晴天のもと、和気あいあいとした雰囲気が
あるものの、笑顔の中にもなんとなく緊張した空気感がある。

実は昔の元上司もこの大会にハーフの部でエントリーしていて、
その人を応援するのも、今日の目的のひとつだった。
その人は長い間病気を患ったために仕事ができず、これがいわば、
社会復帰を実感するためのレースだった。
このレースのために練習をすることがその人にとっての再出発であり、
大会の当日にスタートラインに立つこともまた再出発のスタートであり、
完走してゴールラインを越えることそのものが再出発の証だった。

その人に「今日は暑いですから塩分が失われますよ」と言って塩飴を2コ渡し、
スタートラインまで一緒に行き、「ゴールで待ってますから」と言って
スタートを見送った。

071104iwahashi.jpg

RWSの応援に来ている他の人と1時間ほど話しながら過ごしたあと、
戻ってくるランナーを迎えるためにゴールから数百メートルの地点に移動。
まず店長が1時間14分台という信じられないタイムで帰ってくる。
その後も20分を切る人、30分を切る男性、女性、30分台前半で帰ってくる人、
40分を切る人・・・普段一緒に走っている人たちが続々としっかりした足取りで
目の前を通り過ぎて行く。

いつも一緒に走っている人たちの快走を応援をした後、
一旦はコースから離れてブルーシートの地点に戻る。
しかし自分はまたコース上に戻る。元上司が帰ってくるからだ。

「途中で歩いてでも、3時間あったら帰ってこれるやろ」とその人は言っていた。
しかし3時間どころか、遠くにその人の走る姿を見つけたのは2時間半よりも前だった。
ゴール前で応援の声をかける。走って先回りして、また応援の声をかける。
そしてその人は1歩も歩かずに21キロを走り抜き、2時間半でゴールした。
完全復活だ。その人の元直属の部下に速報をメールで送る。
よかった。ほんとによかった。
ただ前だけを見て懸命に走るその姿を思い出すと、今でもこみあげてくるものがある。


ゴールしたその人にお疲れさまを言い、RWSの人たちに挨拶をし、
また10kの道のりを家に向かって走り出した。
途中、阪急茨木のミスドでドーナツとさつまいもパイを食べ、
家に帰ってからはシャワーで汗を流してシャツを着替え、
今度は大阪の東淀川区に向かって走り出す。
目的は、注文しておいたロード用のバイクを取りにいくため。

この行程はひとりではなく、ヨメと一緒に走った。

071104keiko.jpg

万博公園を回り、摂津市を抜け、吹田市を縦断し、
目的のアスリートカンパニーまで約13kのランニング。

ヨメとペチャクチャとしゃべりながらのゆっくりペースで走り、
約1時間半でアスリートカンパニーに到着。すでに朝から33kほど走っている。

071104athlete com.jpg

071104treck.jpg

そこで注文しておいたバイクを受け取り、ヘルメットやバイク用のパンツを
買ったあと、今度は赤川鉄橋を渡り、晩ご飯をもらうためにelemamaの家へ。
(なんちゅう忙しい一日や・・)
自転車屋を紹介してもらい、晩ご飯までおねだりしておきながら、
無神経なことに手ぶらでおじゃましてしまった。
そればかりか、風呂に入って汗も流させてもらい、めちゃめちゃ美味しい鍋まで
ご馳走になり、好きなだけビールを飲ませてもらい、1日の締めくくりとしては
このうえなく極楽な時間を過ごさせてもらった。

071104nabe.jpg

しかし実はこれが1日の締めくくりではなく、
そこから茨木の自宅までバイクを漕いで帰らなければならない。
elemamaが「練習がてら途中まで送るから」と言ってバイクを出してくる。
ヨメはバスで大阪駅まで出て、そこからJRで帰る。

ヘルメットをかぶり、ライトを点けて走り出したものの、
「練習がてら」と言うだけあって、elemamaは速い、速い。
こちとらビールが回って頭がガンガンしてるし、朝から動きっぱなしなので
いいかげん眠たいし、それなのにelemamaはものすごい回転数で足を回している。

結局吹田まで先導して(というか引っぱって)もらった。
家に着いてからは、もう死んだかのように速攻で眠りに落ちてしまった。
1日たった今日も、カラダがだるくて、眠たくて、もう仕事中もヒョロヒョロ。
posted by まこと at 23:59| Comment(5) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月03日

カキ食えば〜・・

うちの家には柿の木があって、普段は気にしないのに、何週間か前にふと見ると
いっぱい実をつけていた。
オスとメスの木が植わってるわけではなく、ただ1本だけ立っている。
わざわざ手間をかけて受粉をしてやったわけでもなく、
植えて15年くらいは一度も実をつけたことがなかったらしいけど、
この数年は秋になると柿色の(当り前か・・)柿がぶら下がるようになった。

しかも今年は、気が狂ったかのように、異常にたくさんの実をつけた。

071103kaki01.jpg

脚立を持ってきて、柿農家の収穫ってこんな感じなのかなと思いながら
そこそこ美味しそうに色づいているのをいくつかハサミでパチンと切って袋に入れた。

071103kaki02.jpg

そしてそれを今度は1個ずつていねいに拭いて、箱に並べた。
お、色ツヤがよくなって、なんか、出荷できそうな雰囲気。

071103kaki03.jpg

柿はビタミンCがメッチャ多いらしいけど、食べ過ぎたらお腹を冷やすというのも
聞いた事があったな、そういえば。

今日だけでも4つくらい食べたんだけど、大丈夫やろか。
posted by まこと at 22:45| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月01日

10月終わり11月始まる

10月の月間走行距離は281kだった。
普段からたくさん走っている人にとってはたいした距離じゃないかもしれないけど、
自分的に言うとこれはとんでもない数字であって、今年になってから
一番たくさん走っているし、去年もこんなに走った月はなかったし。

10月はあらゆる面で、走る事に対しては条件が悪かったんだけど、
毎朝父の病院に寄ってるからとか、仕事で遅くなる日が多いからとか、
だから朝も晩も走る時間はないとか、そういうのは言い訳にしかならないわけであって、
要はヤル気の問題だということがよ〜〜〜〜〜くわかった。

そして今日から11月。
今日は大阪城公園で1周2.3kのコースをレースペースに近いスピードで
6周するペース走。
そこで本格的にミズノのイダテンXを使ってみた。
そしたらば・・・これがなかなか感触がよくて、
炎症を起こしている右足の親指への荷重もちゃんと受け止めてくれるし、
ゆうべはカカトの着地感が粗っぽい印象だったけど、それは前日のペース走の
疲れで脚が重たかっただけのようだった。
実際に自分レベルでそこそこのスピードで走ってみると、
アッパーもソールも包み込んでくれるようなしっかり感があるし、
重量も軽いし、着地のあとの抜けもいいし、自分の足の形や走りのフォームと
相性がいいというか、好きな性格というか、肌が合うというか、そんな感じを受けた。

これで痛みを感じずにいびがわマラソンを走れるかな・・と、
ちょっと安堵の気持ちで家に帰ってみると、
きたーーっ! いびがわマラソンのゼッケン引換票やパンフレット。
071101ibigawa.jpg
う〜ん・・練習はしているとはいえ、実際にこういうのが手元に届くと、
(42kも走れるんやろか・・・)なんて心配になったりもする。(・・この小心者)
posted by まこと at 23:59| Comment(2) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。