2007年10月10日

朝晩、真っ暗ラン

今の生活じゃ朝も夜も走る時間はないぞ〜〜〜
と言い訳めいたことは言ってないで、じゃあ、いつなら走れるのか
落ち着いて考えてみようと思って落ち着いて考えてみたら、
夜が仕事で遅くなると仮定すると、朝の6時までしか空いてる時間がなかった。

んじゃ5時に起きたらいいんだろ!ってことで5時に目覚ましを合わせて寝たら、
きっちり5時に目覚ましが鳴った。(当り前やろ)

こんな時間に起きたことはめったにないのに、耳元でジリリリリリリーーーーッと
鳴り始めたもんだから「寝ぼけながらパニクる」というワケのわからない状態になり、
手を伸ばして目覚まし時計をつかんだものの、どこをどうしたら止まるのかわからず、
まるでアツアツの焼きイモを持った時のように手の中でこねくり回しているばかり。

いつまでも鳴りやまないもんだから横からヨメが手を伸ばして目覚まし時計を
取り上げはしたが、ヨメも寝ぼけているらしく、うす暗い中、同じように手の中で
時計をこねくり回している。

ようやく音が止まって部屋に静けさが戻った。しかしそのままフーッと寝ては
いけないわけで、なんとかカラダを起こしたものの、げっ、外はまだ暗いやん・・。
低血圧で朝は弱いんだけど、でも今朝は走ると決めてゆうべ寝たわけだし、
Tシャツと短パンに着替えてストレッチをして、とりあえず家の外に出て走り始めた。

真夏だと4時半頃に夜が明けるのに、この時期は5時をまわっても真っ暗だ。
人のブログを読んでると4時半や5時に起きて走っている人がいるけど、
よくこんな時間に起きて走れるもんだ。
クルマもほとんど走っていないし、いつもの池のまわりの道とは雰囲気が違う。

暗い中、腰にラジオをぶら下げて朝の散歩をしている(あるいは夜の仕事からの
帰宅途中の?)年配の男性に「おはようございます」と挨拶をされた。
2周目くらいから空が明るくなり、いつもは滅多にランナーとすれ違うことも
ないコースなのに、今朝は2人のランナーを見かけた。
時間帯が違うと出会う人も違うもんなんだ。

とりあえず今朝は起きて8k走れたけど、たぶん続かないだろうな。
それに、こんなことをしていたら仕事中に眠くて仕方がないし。
     ・
     ・
     ・
そして夜、今日は10時過ぎに帰ってこれたので、
んじゃ、また走りに行ってくっか、ってことで今度はゴルフ場に沿った道を
5kだけ走った。最近、10時過ぎに帰ってこれるのはホント珍しい。

しばらくちゃんと練習できてないのに、まるで試験前の一夜漬けみたいな走り方。
こんな時にケガをしたりするんだろうな。・・・・気をつけよっと。
posted by まこと at 23:59| Comment(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。