2007年10月31日

疲労骨折の疑い

数週間前から痛みがあるのは右足の親指の付け根、そしてその外側、
それから親指の付け根とつながっている足の甲の部分。
ランニングショップで、そういうのは疲労骨折をしている場合もあると言われたので、
事務所の近くの整形外科でレントゲンを撮ってもらうことにした。
疲労骨折をしていたからと言ってどうなるもんでもないんだけどね。

受付で保険証を渡すと、女性の人に「今日はお仕事中や通勤の途中での怪我でしょうか」
と聞かれたので、「いいえ、違います」と答えた。
次に別の女性が問診票を持ってきて、それを渡しながら「今日はお仕事中や通勤の
途中での怪我でしょうか」と聞くので、「いいえ、違います」と答えた。
問診票に記入しているとまた別の女性が来て、
「今日はお仕事中や・・」と言いかけたので
「じゃかぁしやい!!」と怒鳴りかけたが、そこはそれ、こっちも大人なので
「その質問、3回目ですワ」と言うと、そのお姉ちゃんは顔を赤くして
「あ、え、す・・・すみませんでした」と言って引っ込んで行った。

まるでマニュアル通りにしかしゃべれないファミレスの店員じゃん。

今どきのレントゲン写真は蛍光灯の入ったアクリルのパネルで透過させて見るんじゃなく
パソコンの画面に出てくる。パソコンだから自由に写真を切り替えたり拡大して見たり
できる。それを見ながら先生に
「何カ所か炎症を起こしてますね」
「安静にしていたとしても、痛みが取れるにはかなり時間がかかると思いますよ」
「軟骨が変形してきていますね」
などと言われたが、疲労骨折はしていないらしい。

たとえ疲労骨折であったとしても、走るのは休まないけどね。
だって、痛いけど走れるんだもん。
カーブを曲がると痛いけど、真っすぐ走っている時はあまり気にならないし。

ま、しかし、靴を替えることで痛みの具合を補ってくれるのなら、ってことで、
今日から履いたシューズはこれ、ミズノ ウェーブ イダテンX。

071031idaten.jpg

今年になってからこれで4足目だ。
たいして走ってもいなかったくせに、靴だけは替えている。

履いて5kほど走ってみたところ、前足部に関して言うと、自分の足の形に
合ってるみたいだし、自分のフォームの癖にも合ってるみたいな気がする。
ただしカカトはナイキのカタナケージの方がタッチがソフトでよかった。
どちらかと言うと、着地をしてからつま先に体重が移動する感覚はサッカニーに近い。

きのう、雨の中でペース走をした疲れが残っているみたいで、
今日は脚が重たかったので、本当の走り心地はまだ何とも言えないけど、
フルマラソンも近いので、どうか相性のいい靴でありますように。
posted by まこと at 23:49| Comment(2) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月28日

3時間走&BBQ その2

朝、テレビで天気予報を見たら、日本列島にはまったく雲がかかっていなかった。
しかも最高気温予想は25度。10月の28日だろ? あと4日で11月だろ?
暖冬なのかな、今年は。

って、今日は暖冬の心配をする日ではなく、
第2回 万博公園3時間走&バーベキューの日。
いびがわマラソンにエントリーしているヨメやムーチャンをはじめ、
5人がそれぞれのペースで9時半から3時間走ってみた。

071028_3hrun01.jpg 071028_3hrun02.jpg

今日は3時間で走った距離がちょうど30k。キロ6分ペース?
入替えたインソールのおかげだろうけど、前回と違って土踏まずが痛くならなかった。
それも含めて、3週間前に3時間で25k走った時よりは、まだしっかり走れたかな。
いびがわマラソンまで2週間だし、しんどいながらもそれなりに走れないとね。

家に帰ってからは順番にシャワーを浴びて、青空の下でバーベキュー。
たっぷり走ったあとにビールをグビグビ飲みながら肉や野菜をムシャムシャと
食べるのは極楽きわまりない。というか、そういう楽しみがあるからこそ
3時間走れるのかもしれないし。

071028_3hrun03.jpg 071028_3hrun04.jpg
posted by まこと at 20:54| Comment(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月27日

レインボー

いや〜、見ごたえのある日本シリーズ第1戦だった。
強いチーム同士が対戦し、しかもそれぞれのエースがマウンドで立ちはだかると、
こんなにも緊張感のある試合になるのか。

1戦目からこんなにいい試合を見せられると、2戦目からも目が離せなくなりそう。

日本シリーズとは関係ないけど、今日の雨上がりの夕方、
とっても大きな虹を見た。

071027rainbow.jpg
posted by まこと at 22:25| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月26日

今週は3日も大阪城で走った

今までは
「こんな卑怯な親子いてないで」とか
「男らしくない男の世界チャンピオンになってしまいよった」とか
そんなふうに思っていたけど、もしかしたら亀田興毅は男かもしれない。

それにしても、アンチ派を感心させるほど立派な謝罪で始まった会見なのに、
後半はまるで取り調べだった。
マスコミは、スポーツを愛する者として質問してるんじゃなく、
ただワイドショーのネタが欲しかっただけなんだ・・・。

ま、社会ニュースを気ままに批判するブログっぽいマネはここまでにして、
昼間の大雨も夕方には上がり、今夜は大阪城公園でゆ〜っくりと9kあまりの
ランニング。一緒に走った人から、正しいフォームや、それを身に付けるための
練習方法などを教えてもらいながら、ずーっと会話ができたほどのゆっくりペース。

それでも家に帰ってきたら、脚もダルいし、カラダもなんとなくグッタリしている。
筋肉に疲労がたまっているのか、それとも遅いペースでも1時間のランニングは
それなりにダメージをくれるのか、よくわからないけど、なんか疲れてる。
いや、グッタリしてるのはひょっとしたら、
帰りにお好み焼き屋でビール飲んで帰ったからかな。

071026okonomi.jpg
posted by まこと at 23:59| Comment(2) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月25日

爪がピータン

今日も仕事帰りに大阪城公園に行けた。
今日は1周2.3kの周回コースを6周。しかもペース走。しかもキロ4分40秒。
5周目までは頑張ったけど、6周目の後半はどんどん遅れた。

しんどかったぁ〜・・・。
かもしかマラソンに出たからと言って、脚がかもしかになってるわけではない。
でも、しんどいということは、練習になってるということだ。

10月は自分としては他の月に比べてよく走れている。
特にこの3週間ほどはいい練習ができているように思う。
体重も順調に減ってるし。いい事ずくめ・・・かと言うとそうでもない部分もあって、
脚の爪が左右で10枚あるうちの、3枚がピータンのような黒い色になっている。
あと、昼間が眠たくて仕方がない。以前は昼休みにウトウトしていたのが、
今は昼飯を食ったあとに、無警戒なアホづらをさらして熟睡してしまう。
疲れてるのか、睡眠不足なのか、たぶん両方だろうな。

とりあえず、ビールと一緒にサプリメント食って、
気になるところにサロメチール塗ってさっさと寝よっと。
posted by まこと at 23:59| Comment(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月24日

十三夜の月

きのう大阪城公園を走っているとき、一緒に走っていた男性ランナーに
「今日は“いざよい”の月や」と教えてもらった。そしてその日が十三夜であることも。
無知な俺は「そっか、“じゅうさんや”と書いて“いざよい”と読むんですね」と
ひとつ勉強になったような気持ちで感心していた。

そして今日、今夜も月がきれいなので、それをネタにブログを書こうと思って
キーボードで“いざよい”と打って変換キーを押したら、[十六夜]と出た。

・・・・・・・・・・。

こら〜!「いざよい」は十六夜やないかい!

ったく、よそで言ったら恥かくところだったで・・・。
というか、もう十分に恥をさらしてるけど。

ま、そんな常識知らずの話はなかったかのように、今夜も月はきれいだった。
どちらかというと、今夜の方がきれいだったような気が・・・。

071024moon.jpg

その月を見ながら、夜に家の近所のゴルフ場沿いコースを使って
ゆっくりとランニング10k。

そういえば昔、陽水の曲で
「♪人恋しと泣けば十三夜〜」っていう歌詞があったけど、
陽水は「いざよい」とは歌ってなかったな。
posted by まこと at 23:59| Comment(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月23日

1カ月半ぶりペース走

かもしかハーフから2日。
ハムストリングスに軽い筋肉痛があるものの、
比較的疲れも残っていないようだったので、今日は仕事の帰りに大阪城公園で
ペース走(というか、前半ペース走で後半ビルドアップ走)をしてきた。
大阪城公園で火曜日にやっているペース走に参加するのは、なんと1カ月半ぶり。

ちゃんと走れるかな〜、速いペースについて行けるかな〜、って
チョット不安だったけど、心配することもなく、1カ月半のブランクも感じず、
それなりについて行けた。

2日前のレースでの21k、それから今日の15k、どちらも自分なりにしっかり
走れていたような実感がある。(あくまでも、自分レベルでの話)
これくらいの距離ならば、ヘタレずに走れる脚ができてきたのかな。
フルマラソンの距離になると話は別かもしれないけど、
今まで練習不足だったのがここにきて少し取り返せてるのかも。
posted by まこと at 23:59| Comment(2) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月22日

第2回かもしかハーフ

ここは三重県、鈴鹿国定公園にある御在所岳のふもと。
第2回鈴鹿山麓かもしかハーフマラソンは、去年に続いてめちゃめちゃいい天気だ。
主催者や参加者に、強烈な高気圧ボーイか高気圧ガールがいるのかもしれない。

071021kamosika01.jpg 071021kamosika02.jpg

たかがハーフと、気楽な気持ちで来ているはずなのに、今回は一人旅で来たからか、
それとも3週間後にせまったフルマラソンに向けて脚が作れてきてるかを占う
レースになるからか、ガラにもなく、ゆうべは緊張して自分で自分の脚を
マッサージしたりしていた。

じゃあピストルが鳴ってスタートすると、気合いが乗ってぶっ飛ばしたのかというと
そういうわけでもなく、けっしてゆっくりではないけど、飛び出すわけでもない。
春の芦屋以来のハーフなので、どうもペースがつかめない。
このコースは途中にエグい坂道があるので、どちらかというと、速すぎないスピードで
速く走ろう、てな感じ。

今回は、ちょうど自分の前後になりながら並走しているおじさんが元気な人だった。
頭は全部白髪なのでけっこうなお歳だとは思うのだが、達者な走りで、
沿道の応援に対しても「ありがとー」「応援ありがとー」「僕だけ応援してー」と
手を振りながら走るくらい明るくて勢いのある人だった。

この人、よく観察していると、沿道の応援がしばらく途切れたときは
ややペースが落ちる。子供やお年寄りが「がんばれー」と応援してくれている所では
「応援ありがとー」と言いながらややペースが上がる。
しかし意識してスピードを変えているようには見えない。
何キロか一緒に走っているうちに気がついた。

(そうか。この人はまわりの応援を、自分の力にして走ってるんだ)

そう思ってからは、沿道の応援エネルギーを吸い取って、いや吸収して走ってやるぞ、
と思い、まるでドラゴンボールの悟空が元気玉を作る時のような気持ちで走った。
(「みんな、オラに元気を分けてくれ」と心の中で言ったりはしなかったけど)

今回は最初のいやな上り坂の途中に“おもてなしコーナー”というエイドがあって、
そこには給水の他にバナナやチョコレートも置いてある。
せっかくだからチョコレートをいただこうと思ったら、走りながらなので
うまく取れなかった。
しかし、そこでチョコレート好きの悲しさが出てしまって、
取り損ねたチョコをもらうために、わざわざ後戻りしてしまった。
なんか、食い意地のはったランナーみたい。(デパ地下の試食じゃないんだから・・)

でも、走りながらチョコを食べると、歯で噛んで細かく割れたチョコが口の中で
モゴモゴして・・・・こんなに走りにくいもんだとは知らなかった。

その後は、中盤以降に、約2k続くエグい上り坂がある。
去年そこを走った時は、「来年はたぶんエントリーしないだろう」という気持ちに
なったのにナゼか今年も走ってしまっているけど、今回その坂を上りながら、
「やっぱり来年は出ないぞ!」と気持ちを新たにした。
(と言いながら、また来たりして・・)

そして、2k上ったあとは、2kの下りが続く。去年はこの下りをうまく走れなくて、
どんどん後続の人に抜かれたのを覚えている。
今年は、自分のカラダが落ちていくことにまかせて、できるだけそれにブレーキを
かけないようにして走った。

その後は細かなアップダウンが続いて、最後は2.5kのゆるやかな下りを走ればゴール。

文章にしてしまうと短いけど、今年もやっぱりしんどかった。
記録は1時間37分02秒。
去年はこの大会が初ハーフで1時間40分25秒だったので、今年はそれより速く、
37分か38分で走れたらいいな〜と思っていたので、
このタフなコースで、しかもチョコを取るために後戻りもしてこのタイムは満足だ。
それに、タイムよりも、21kをしっかり走れたという実感が残っているし。

071021kamosika03.jpg 071021kamosika04.jpg

あー、やれやれ、という気持ちで、会場で合流した友達の車で近くの温泉に
連れていってもらい、夕方からは名古屋へ場所を移して、名古屋のラン友と宴会。

その日のうちに大阪まで帰らないといけないのに、翌日は仕事なのに、
約1年ぶりの再会なのでついつい飲み続けてしまい、3軒もハシゴをして、
飛び乗るように新幹線のホームに駆け上がり、車内で爆睡(新大阪止まりじゃ
なかったら、どこまで行ってたかわからない・・)して帰ってきた。

いや〜、天気はよかったし、自分なりにそこそこの走りができたし、酒は上手かったし、
ええ一日じゃった。

071021nagoya01.jpg 071021nagoya02.jpg
posted by まこと at 23:59| Comment(7) | マラソン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月20日

湯の山温泉にて

20071020184358.jpg
20071020185629.jpg

6時30分、湯の山温泉に到着。
去年もお世話になったけど、この民宿は料理が盛りだくさんで、
1枚の写真ではメニューが全部収まらない。

明日は、第2回 鈴鹿山麓かもしかハーフマラソン。
去年この大会で初めてハーフマラソンというものを走って、
それなりに走れたのが、それなりに自信になった。

でも・・・アップダウンのキツいコースだったので、
来年は走らないかも・・走るとしても10kかなと思っていたのに、
なんで今年もハーフにエントリーしちゃったんだ??

ま、せっかく三重県まで来たんだし、
美味しい料理を前にしてビールもガマンしてるわけだから、
それなりに完走して、それなりに手応えが持って帰れるように、
それなりに走ってみっか。
posted by まこと at 21:02| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月19日

木原光知子さん

ベルリンオリンピック200m平泳ぎ金メダリストの
葉室鐵夫さんが代表を務めるスイミングスクールで水泳のコーチを2年間
していたことがあって、そんな関係で、今から2年前、その葉室さんが
亡くなられた時に催された「葉室鐵夫氏を送る会」に参列した時、
舞台の上で遺影に向かってお悔やみを述べていたのが木原光知子さんだった。

木原さん自身、水泳が強かった中学・高校時代から葉室さんとの付き合いが
あったようで、それから今日まで家族ぐるみでお付き合いをさせてもらってる事など、
たくさんの思い出を話されていた。

帰りの南海電車でも同じ車両になり、言葉は交わさなかったが、
とても気さくそうな素敵な人だった。

自分が水泳を始めた中学生の頃、泳ぎが上手くなりたくて、
初めて買った本が、木原さんの本だった。

なんとなく身近な存在に感じていただけに、それだけに今回の訃報はショックだった。
あんなに健康そうな人が60まで生きられずに命を落とすなんて・・・。
ご冥福をお祈りするというよりも、できることなら生き返ってきてほしい。
posted by まこと at 23:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月18日

ステーキ20枚分

きのうは家に帰ってから夜にヨメと近所を10k。
ヨメと一緒に走るのなんて、いつ以来だろう。半年ぶりくらいかな・・・。

ゆっくりと、会話ができるスピードで、仕事のこと、家族のこと、友達のこと、
今日の朝と夕方の父の病院での様子など、お互いに報告し合いながらの
ランニング。(というよりジョギング)
時計を見ると、66分かけて10kを走っていた。

そして今日、仕事を早く終えて、大阪城公園へ。
先週に続いて、木曜日の「頑張らナイト」。
すごくキツいコースだし、週末にレースを控えてるし、行こうかどうしようか
迷ったんだけど、この練習も今週で最後と聞いていたので、
んじゃ行っとくかと思って参加してきた。
(なのに、どうも今週で終わりかどうかは未定らしい・・・来週はどうしよ・・)

大阪城の堀沿いの道や天守閣付近を利用した1.3kのアップダウンコース使って
80分走。初めて参加した先週は、80分っつうと1時間10分か、と思っていたが、
80分は1時間20分だった。
一瞬、「詐欺や〜」と思ったが、それは詐欺ではなく、自分のアホな勘違いだった。

前の方の集団にはついて行けなかったけど、先週よりはしっかり走れたし、
少しずつだけどビルドアップ気味にペースを上げることもできた。
詰めて走っていた先週とは脚の疲れも違うし、慣れもあるだろうし、
それでもキツい上り坂を後半になってもタイムを落とさずに走れたのは収穫かな。
(全体の中でのレベルは別として)
シューズの中敷き、つまりインソールを替えたから、その効果もあった??

そして家に帰って体重を計ったら、・・ジャジャン! 半年前よりも4kg減っていた。
4キロっつったらあーた、200gのステーキ20枚分の肉が落ちたということだで。
(いけねぇ、興奮のあまりナマってしまってるだ)

でもこういう事実は、3日後のハーフに向けて、気持ち的にうれしい材料かも。
posted by まこと at 23:59| Comment(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月16日

ありがたや、ありがたや

ロールケーキ教という宗教法人があって、教祖様にロールケーキを貢がないと
救われないとか、まことしやかにそんなウワサが立ちそうなくらい、
大阪でうちの事務所ほど堂島ロールに恵まれている職場はないかもしれない。

今日もまた、昼飯を食いがてら、カメラマンがお土産に持ってきてくれた。
堂島ロールを売っている店はこっちへ来るのとは違う方向なのに、わざわざ
そっちへ立ち寄って、お金を出して買ってきてくれる。
(誰もリクエストも強要もしていないのに)

071016dojima1.jpg

071016dojima2.jpg

いままでに堂島ロールは何度も食べさせてもらったけど、
自分で並んだこともなければ、自分でお金を出したこともない。
こんなにおいしいお菓子をタダでいただけるなんて、なんてありがたい話なんだろう。
この、おいしくてありがたいロールケーキを、今日は二切れ半も食べてしまった。
さすが教祖様。(違うって)

少しずつだけど順調に体重が減ってきていたのに、
さっき計ったら、むむ、少し増えているではないか。当り前といえば当り前か・・。
もっと修業に励んで、精進せねば。
posted by まこと at 23:59| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月15日

秋のゴキ

きのうは午前中に2時間くらい走ろうと思っていたけど、
どーーーーしても走る気になれず、いくら待っても走る気が湧いてこず、
朝の10時過ぎに畳の上に横になって目をつぶったら、昼過ぎまで寝てしまった。
やっぱり、なんだかんだ言いながら疲れてたのかな。

その昼寝(というか朝寝?)のおかげで元気になったのか、
夕方になったらなんとなく走りたくなってきて、ゴルフ場沿いのコースを5k走って、
そのまま止まらずに父の病院まで続けて走って行った。

走っていてもそんなに汗をかかないし、
毎朝、父の車椅子を押して病院の駐車場をグルッと散歩したりしていても
だんだん肌寒くなってきたし、もうすっかり秋になってしまったみたい。

・・・・・・・なのに、今日の晩、家に帰ってからご飯を食べていると、
食卓の下にゴキブリがいた。

そのゴキブリを指差して、ヨメに
「見てみ、これより弱いんが亀田や」と言うと、
「そんなことどうでもいいから、早く捕まえてよ」と、相手にされなかった。
posted by まこと at 23:59| Comment(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月13日

茨木→都島RUN

ロード用のバイクに興味があって、どれだけ使うかはわからないけど、
前から気にはなっていた。そしてついに今日(まだ買ってないよ)、
自転車の専門店に行くのに、ラン仲間のelemamaさんに付き合ってもらった。
elemamaの紹介してくれる自転車屋さん(というか正確に言うと
Athlete Companyというアスリート専門の自転車を取り扱っている店)は
elemamaの店から淀川を渡ったところにある。

以前、elemamaはうちの家まで夫婦で走って来たことがあるので、
じゃあ俺だって走れるだろうと思い、茨木から都島区へ向かった。
万博公園を抜け、産業道路を走り、吹田のアサヒビール工場の前を通り、
上新庄を通過して菅原城北大橋を渡り、赤川まで。
信号で止まったりしながら1時間半かけ、地図で調べると14kチョットだった。

そこからはelemamaと並走しながら赤川鉄橋を渡って淀川の北側にくれば
目的の店はすぐに現れた。
そのお店の店長にいろいろと相談にもらい、バイクを予約しておいた。
とりあえずバイクとヘルメットがあれば、と言われたけど、
自転車を漕ぐ生活がもし続いたとしたら、他にもいろいろグッズを買ってしまいそう。

そのお店からの帰りは、elemamaが新大阪駅までまたまた並走してくれた。
どんどん自分の家からは遠くなっていくのに・・・優しい人だ。
帰りは走ろうとは思わなかったので、JR茨木から走って父の病院に寄って、
ヨメはついさっき病院から家に帰ったあとだと知り、家まで1kちょっとの道のりだけど、
また走った。本日の走行距離は大阪までのランも含めて19kちょっと。
posted by まこと at 23:12| Comment(3) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月12日

朝のランニング

ゆうべは寝たのが1時を回っていたので、さすがにダメだろうと思いながら
とりあえず目覚まし時計をセットして寝たら、
どうしたことか、今朝も5時に起きていつものコースを走ってしまった。
2日続いただけでも自分で驚いていたのに、3日続くとは。

しかも今朝は、相手がジリリリリと鳴る前にこっちから先にスイッチを切ってやった。
フッフッフ、攻撃は最大の防御なり。(なんのこっちゃ)

最近どうも疲れがたまっているようだったので、
きのうはRWSでサプリメントを買って、寝る前に4錠飲んでみた。

071012sapli.jpg

ついに俺も薬物に手を伸ばしてしまったかと思ったが、
疲れていたはずのカラダが、今朝はすっかり元に戻っていた(ような気がした)。

どこも痛くないし、故障につながりそうな、きのうまで感じていた筋肉の違和感も
ないし。やっぱりサプリメントの効果はスゴイぞと思いながら走り始めたら、
足がぜんぜん前に出ない。
痛くもダルくも重くもないけど、カラダ全体がドン臭い感じ。
8k走ってみたものの、キロ6分から5分半くらいで、それ以上はほとんどスピードは
上がらなかった。でも、空気が冷たい中を走るのは、決して悪い気分じゃない。

周回コースなので、ウォーキングをしているご婦人と何度かすれ違い、
「何周も走っておられるんですか?」と聞かれたので、「今、4周目です」と答えると、
「すごいわね〜」と言われた。たいした距離じゃないけど、その人にしてみたら
すごいことなんだろう。
たわいもない会話だけど、朝の道で言葉をかわすのは、なんか気分がいいもんだ。

走り終わって家に着くと、走り始めた時は真っ暗だったのに、
まるで中世の絵画のような美しい空が広がっていた。

071012sky.jpg

肉体はしんどくても、人と交わす言葉や、朝の空気感や、日が高く昇る前の空とか、
朝のランニングには気持ちのいい要素がいっぱいある。
posted by まこと at 23:59| Comment(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月11日

1カ月ぶり大阪城

今朝も5時に起きて8k走った。
日曜日から両方の足の裏が痛いままだし、両方の親指の爪も触っただけで痛いし、
太股の内側も肉が変にコリコリしてきてるし、ちょっと疲れも残ってるみたいだけど
2日続けて起きて走ったことで、意味もなく満足してしまいそう。

7時台に走っていても、よっぽど顔見知りになってる人以外は挨拶をすることもないが、
5時台に走ると、暗闇の中ですれ違うほとんどの人が、「おはようございます」と
挨拶をしてくる。
科学的な証明はできないが、[5時台は不思議と挨拶をするの法則]を発見したかも。

昼間はウトウトと居眠りをしながら眠気と闘い、夜は遅くまで残業・・・のつもりが、
仕事のすき間というか、台風の目の中にいるというか、つかの間の無風状態というか、ちょっとスキができたので、1カ月ぶりに大阪城公園の練習会に行ってきた。

今日は初めて参加する、木曜日の「鍛えナイト」。
1周1.3kのアップダウンの多いコースを80分間走り続ける。
「しんどい」とは聞いていたが、ほんとにしんどい。
大阪城公園を使って、こんな足にこたえるコースがとれるんだ。知らなかった。

うちの近所にも坂道は多いけど、石段はないし、チャリンコでも上がれないような
急勾配もない。ほんとに今日のコースはキツい。
家に帰ったら、いや、家に帰る前から、もうヘトヘトだった。
もちろん参加したことは有意義だった。毎週続けたら強い脚が作れそうだけど、
う〜ん、気持ち的には逃げ腰になりそうで、あまり積極的にはなれなかったりして・・。
ただ、10日後のかもしかハーフに向けては、いい練習になったような気がする。
絵に描いたような一夜漬けの練習だけど・・・。
posted by まこと at 23:59| Comment(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月10日

朝晩、真っ暗ラン

今の生活じゃ朝も夜も走る時間はないぞ〜〜〜
と言い訳めいたことは言ってないで、じゃあ、いつなら走れるのか
落ち着いて考えてみようと思って落ち着いて考えてみたら、
夜が仕事で遅くなると仮定すると、朝の6時までしか空いてる時間がなかった。

んじゃ5時に起きたらいいんだろ!ってことで5時に目覚ましを合わせて寝たら、
きっちり5時に目覚ましが鳴った。(当り前やろ)

こんな時間に起きたことはめったにないのに、耳元でジリリリリリリーーーーッと
鳴り始めたもんだから「寝ぼけながらパニクる」というワケのわからない状態になり、
手を伸ばして目覚まし時計をつかんだものの、どこをどうしたら止まるのかわからず、
まるでアツアツの焼きイモを持った時のように手の中でこねくり回しているばかり。

いつまでも鳴りやまないもんだから横からヨメが手を伸ばして目覚まし時計を
取り上げはしたが、ヨメも寝ぼけているらしく、うす暗い中、同じように手の中で
時計をこねくり回している。

ようやく音が止まって部屋に静けさが戻った。しかしそのままフーッと寝ては
いけないわけで、なんとかカラダを起こしたものの、げっ、外はまだ暗いやん・・。
低血圧で朝は弱いんだけど、でも今朝は走ると決めてゆうべ寝たわけだし、
Tシャツと短パンに着替えてストレッチをして、とりあえず家の外に出て走り始めた。

真夏だと4時半頃に夜が明けるのに、この時期は5時をまわっても真っ暗だ。
人のブログを読んでると4時半や5時に起きて走っている人がいるけど、
よくこんな時間に起きて走れるもんだ。
クルマもほとんど走っていないし、いつもの池のまわりの道とは雰囲気が違う。

暗い中、腰にラジオをぶら下げて朝の散歩をしている(あるいは夜の仕事からの
帰宅途中の?)年配の男性に「おはようございます」と挨拶をされた。
2周目くらいから空が明るくなり、いつもは滅多にランナーとすれ違うことも
ないコースなのに、今朝は2人のランナーを見かけた。
時間帯が違うと出会う人も違うもんなんだ。

とりあえず今朝は起きて8k走れたけど、たぶん続かないだろうな。
それに、こんなことをしていたら仕事中に眠くて仕方がないし。
     ・
     ・
     ・
そして夜、今日は10時過ぎに帰ってこれたので、
んじゃ、また走りに行ってくっか、ってことで今度はゴルフ場に沿った道を
5kだけ走った。最近、10時過ぎに帰ってこれるのはホント珍しい。

しばらくちゃんと練習できてないのに、まるで試験前の一夜漬けみたいな走り方。
こんな時にケガをしたりするんだろうな。・・・・気をつけよっと。
posted by まこと at 23:59| Comment(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月08日

フルマラソン向け3時間走

きのうは万博公園の外周道路を使っての3時間走。
3カ月くらい前から計画していたけど、これに向けてしっかり練習してきた者あり、
最近あまり走れていない者あり、とにかくこの11月、12月にフルマラソンを
予定している4人が集まって、朝9時半から3時間走がスタートした。

事務所の従業員が私設エイド(というか荷物番)をしてくれたので、
みんな1周ごとに水分や補給食を摂ったりすることができる。
身軽な格好で走れるので、これはとってもありがたかったな〜。

071007run01.jpg 071007run02.jpg 071007run03.jpg

暑すぎるほどの天気にも恵まれ、気持ちよく走り出せた。
このコースを走るのは初めての人もいるので、
「ここの観覧車の前はゆるやかな上り坂、ここが千里住宅公園、ここに自販機、
この下が中国道、ここが屋内テニスコート、ここにトイレ、これが阪大」と
観光案内のように目印のポイントを説明しながらゆっくりと走り始めた。

キロ7分から6分強のペースだったので、5k、10kまではラクチンに走れたが、
15kくらいで早くも足の裏に痛みが・・・・。
土踏まずのアーチが垂れてきてるんだろう。練習不足のバロメーターのような
症状だ。20kくらいになると、ショックなくらい足がキツくなってきて、
信号のたびに「イタタタ」と言って屈伸をしながら走り続けた。
同じペースで走っていたムーチャンも太股が痛いと言っている。

結局2人は3時間で25k。ヨメは、従業員が走りたいと言ったため1周だけエイドを
替わってやったので20k。はへほ〜さんは5k走って、あとはノルディック・ウォーク。

3時間走ったあとの家までの帰り道、25kしか走ってないとは思えないほど
男2人は足が痛くて普通に歩けなかった。こっちは足を降ろすたびに足の裏が痛いし、
ムーチャンなんて、ふくらはぎがつってしまって、ぎこちなく歩く姿を見てみんなで
笑ってしまった。2人とも1カ月先のいびがわマラソンが思いやられる・・・・。
なんちゅう情けない足や。

家に戻って順番にシャワーを浴びたら少しさっぱり。
あとは食材を切って、火をおこして、ビールをついで、
お疲れさまバーベキュー。準備をするだけで、みんなもうヘトヘト。

071007bbq.jpg

ちょうどいいいタイミングで友達から栗が届いたのもあったし、
松茸の差し入れもあって、真夏のバーベキューとはまた違って、
秋の風情を感じながらの宴会は、日が暮れてからもずっと続いた・・・・。
ランニングの疲れもズシンときてたので、おかげで夜はブログの更新もできず。
posted by まこと at 14:59| Comment(2) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月06日

10月の初ラン

071006higan.jpg

彼岸花は、彼岸の頃に咲くから彼岸花と呼ばれる(んだろう、たぶん)。
そして、植えた覚えはないけど例年はお彼岸の頃にきっちりと咲いていたうちの
彼岸花。
今年は1週間以上も遅れて、10月になってからようやく咲いた。

「もう10月6日だぞ。何をやってたんだ今まで」と攻められそうな立場にあるのは
彼岸花だけではなくランニングについても同様で、今日がなんと10月の初ラン。

さすがに今日は走りたい、ということで、
昼ご飯を食べたあと、さっさと着替えて万博公園に出かけた。
平年よりも気温が高いという予報どおり、10月とは思えない暑さだ。
真夏の高温にに比べたらましとはいえ、それでも彼岸花が時期をずらして咲くのも
わかってあげたい気がする。
合計で16kほど走ったけど、予想以上にのどが渇いて、
500mLのペットボトル1本じゃ足りないくらいだった。

走ること自体が1週間ぶりなので足も重たいし、ゆっくりでも十分にバテた。
でも、しんどいけど、久しぶりにカラダを動かして気持ちよかった・・かな。
あした3時間走る予定なんだけど、それはホントにメッチャしんどいだろうな・・・。
posted by まこと at 23:44| Comment(4) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月05日

替え刃を買えば?

男ならたいがい朝はヒゲを剃る。
その日も出勤前に洗面所で鏡を見ながらヒゲを剃っていた。
すると突然、皮膚に刃物で切られたような痛みが走った。
たまたまヒゲの1本が電気カミソリの中に引っ張られたのかと思って
続けていると、また鋭い痛みが・・・。

鏡で自分の顔を見ると、猫に引っかかれたような傷が3本ついていた・・・。

ヒゲ剃りを見ると、外の刃に穴があいていた。

071004hige01.jpg

アチャ〜、穴あいてる・・・。ひげ剃りのアミ刃って、穴があくのか。
ヒゲを剃るのは毎朝の習慣なので、仕方なく新しいシェーバーを買いに
電気店へ行った。
どれを買ったらいいのかと思って売場のお姉さん(この電器店は、男性用ひげ剃りの
コーナーに女性が立っている。ヒゲを剃らない女にヒゲ剃りの事がわかるのか??と
誰もが疑問に思うところだが、信じられないくらいの商品知識を持っていて、
的確なアドバイスをくれる)に相談すると、新しいモノに買い替えなくても、
メーカーと品番が分かればそれに合う替え刃があると言う。

ヒゲ剃りの刃なんて替えたことがなかったので、そんなものが売ってること自体、
知らなかった。

自分の使っているヒゲ剃りの品番を調べて翌日に買いに行った。
刃を取り換えるだけで、今まで通り使える。覚悟していたよりも安くついた。

071004hige02.jpg

2日ほどたって、今度は父の使っていたヒゲ剃りを病院へ持っていき、
父のヒゲを剃ってやった。

ヒゲを剃ってやると、父が、
「イタッ、イタタ」と言うので、
また、またぁ、ヒゲ剃ったくらいで、そんなおおげさな、
と思いながら続けていると、また「イタッッッ!」と言う。

もしや、と思って父の電気カミソリを見ると、
・・・・外の刃に穴があいていた。

071004hige03.jpg

この家には穴のあいたヒゲ剃りしかないんかい!!

仕方なくまた電器店へ行き、今度はもう勝手も分かってるので、
品番に合った替え刃をもらってきた。

071004hige04.jpg

これで1件、いや2件落着。
売場の人に聞くと、外の刃は1年、内側の刃は2年くらいが寿命と言われてるらしい。
(もうかれこれ5年は使ってたので、その話を鵜呑みにはできないが・・)
ただ、刃を替えてからは剃り味がすごくソフトになった。
やっぱり、時々は替えた方がいいのかな。
posted by まこと at 00:37| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。