2007年09月05日

万里君を救う会からの礼状

万里君を救う会」というのを友達のブログで知ったのが半年ほど前。
橋本万里くんという男の子が先天性の心臓病を患っていて、渡米して心臓・肝臓の
同時移植をする他に助かる道がなく、そのために募金活動をしていると知り、
郵便局からお金を振り込んだ。

数日前、「万里君を救う会」からお礼状が届いた。
8月に、無事に手術を終えることができたらしい。
こういうニュースは大歓迎だ。うれしくて、うれしくて、うれしくて仕方がない。

そのお礼状が届いたのは世界陸上の真っただ中だったので、森千夏選手のことを
思い出した。
アテネオリンピックに女子砲丸投げの日本代表として出場した森千夏選手は、
あとになってから分かったことだが、すでにその時、虫垂ガンに冒されていた。
治療費が高額であることから、為末選手や日本陸連が中心になって募金活動を
していたので、その時も自分が出せる範囲内でお金を振り込んだが、

みんなの祈りも空しく、数カ月の闘病後、森千夏選手はガンに命を奪われた。
「お礼」という見出しの手紙が入った悲しい封書が届いたのが、
去年の12月、ホノルルマラソンへ出発する前日だった。

それだけに、今回の連絡はものすごくうれしい。
誰だって生きたい。
人の命があの世へ連れていかれるか助かるかは、もしかしたらわずかな違いなのかも
しれないけど、その結果は両極にある。

手術が無事に終わったということは、万里くんの体の中では、脳死した人の心臓と、
あと肝臓が動いているんだろうか。
移植を受ける本人いわく、「臓器移植は、見知らぬ誰かの命を引き継ぎ、ふたり分の
人生を歩むことを意味します。〜数え切れない方々の善意に支えられ、守られた命だからこそ、全力で生き抜き、恩返ししたいんです。」

「いのち」の定義というのはすごく難しい問題だと思う・・・けど、
臓器を提供した人のおかげで、死んで欲しくない、そして死にたくない「いのち」が
生き続けていることは事実だし、素直に「よかったね、よかったね」と言ってあげたい。

「最後まで頑張る」というのが21歳の橋本万里君の口ぐせらしい。
・・・・・・・・・・・土佐礼子みたいだ。
posted by まこと at 23:40| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。