2007年08月30日

秋冬のエントリー

11月の神戸全日本女子ハーフマラソン(ハーフ※男も走れる)と
12月のNAHAマラソン(フル)に、今日エントリーした。

後から気付いたんだけど、10月下旬から12月アタマの6週間ほどの間に、
フルマラソン2本とハーフマラソン2本を走ることになっている。
何を考えたのか、1年ぶりに2回目のフルマラソンを入れたあと、
すぐに3回目のフルマラソンを入れてしまってるし・・・・・。
あとさき考えずに調子に乗りすぎたかな。
しかも開催地が三重・岐阜・兵庫・沖縄だから、交通費もかかるがなコレ。

お金払っちゃったので後悔しても遅いし、逃げたらお金がMOTTAINAIし。
ま、余計なことは考えないで、長い距離を走れるように
頑張って練習しよ〜っと。

あ、それと、体重落とさなきゃ。

あ、それから、仕事休む段取りも考えなきゃ。
posted by まこと at 23:59| Comment(4) | マラソン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月28日

世界陸上の悪?影響

070828office.jpg

今、事務所はこんなふうになっている。
もちろんうちの事務所がマラソンのコースになっているわけではなく
(当り前や。机のうしろを原裕美子や土佐礼子が走っていったら仕事にならない)、
男子マラソンが終わってからコースに張り巡らせてあったテープを
パチって、いや、いただいてきたのをセロテープで貼って飾っている。

そして、世界陸上が盛り上がりを見せてるもんだから、
本来仕事に集中しないといけないはずの事務所は
朝から晩までテレビのスイッチが入っている。

もちろん競技の中継は一日中やっているわけではないので、
関係ないバラエティ番組や関係ない昼のドラマまで見てしまったり、
見てしまわなくてもトークやセリフが聞こえてきたりする。

競技が始まったら、コーヒーを飲みながら、パソコンよりもテレビ画面を
見ている時間の方がヘタすると長かったりしてることも。
今の雰囲気は、仕事場よりも、社員休憩室という方が近いかも・・・・。
(仕事は、実はメッチャ忙しいんだけど・・・・)
posted by まこと at 23:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月27日

世界陸上2日目

日曜日、世界陸上2日目。
何カ月も前からチケットを買って楽しみにしていた長居競技場へ次男と行ってきた。

いつもの長居公園とはまったく様変わりしていて、競技場の外にもテーブルやイス、
パラソルがたくさん並べられ、大きなスクリーンで競技の模様が映し出され、
ミズノやコカ・コーラ、TBSなど、たくさんのスポンサーがショップを出して、
そのどこもが人の列を作っている。

競技場に入る前は警備員やスタッフがたくさんいて、ひとりひとりチケットの確認、
身体検査、手荷物検査・・まるで出国ゲートのような手続きを踏まされる。

飲み物を持ってきている人は、カップにあけさせられ、
それが(化学物質ではなく)飲み物であることを証明するために、
係員の目の前でひと口飲まされる。

競技場内に入ると、5時頃には空席が目立っていたが、7時、8時とだんだん
満席になってきて、徐々に熱気が高まっていくのがわかった。

070826aiif03.jpg

入場した時はちょうどメインスタンド前で女子7種競技の走り幅跳びをしていた。
やっぱり生はリアルだ。助走のスピードや、踏み切ってから空中へ飛び出す高さは、
テレビでは伝わっていなかったんだ。
息子と二人で「速っ!」「高っ!」という言葉が何度口から出てきたことか。

そのうちに女子7種競技のやり投が始まり、女子800mの準決勝が始まり、あっちでは
女子砲丸投げの決勝が始まり、こっちでは女子棒高跳びの予選が始まった。
ナイターの競技場のあちこちから、それぞれの競技に対する歓声や拍手や手拍子が
時間差で起こる。

7種競技の中田有紀という選手も、棒高跳びの近藤高代という選手も知らなかったけど、
応援しているうちに力が入ってきて、全力で闘っているのがこっちにも伝わってきて、
なんか熱くなってきて、すごく気持が高ぶってきて、涙が出そうになった。
(日本記録保持者であったり、日本選手権を何連覇もしている選手だということを
あとで調べて知って、知らなかった自分の勉強不足を恥ずかしく思った)

そして、いよいよ8時10分からは男子100m準決勝が。
競技場の空気がそれまでとは一変して、異様な雰囲気と歓声に包まれた。
場所を移動し(ほんとはいけないんだけど)、スタート地点のすぐ上まで行き、
「あさはらぁぁぁぁぁぁ!!!!!!」と声がかれそうな大声で何度も叫んだ。

070826aiif02.jpg

ファイナルには進めなかったけど、朝原と観客は、10秒の間、夢に向かって完全に
ひとつになっていた。まるで日本人選手が金メダル候補であるかのような、
ものすごい応援だった。

準決勝の二組が終わると、今度は女子100mの2次予選。そして7種競技の800m。
その800mで中田選手が最後尾から3人抜いただけで、競技場はものすごい歓声に
包まれる。こっちも、「いけぇ〜、いけ、いけぇぇぇ〜〜〜〜!!!」と、
ほんとに優勝がかかっているかのような力の入った応援をしてしまう。
スピードといい、臨場感といい、ナマはすごい。

「やっぱり来てよかったな〜」と次男と二人で堪能しているところへ
今度は男子400m障害。決勝進出をかけた成迫健児が走る。
もう見ごたえが多すぎて体がしびれてくる。
「なりさこぉぉぉ!!! なりさこぉぉぉ!!!」と力一杯応援してヘトヘトに
なっているところへ、ジャジャ〜ン、男子100m決勝!・・・・もうたまらん。



レースが終わったあとも次男と二人で
「ゲイはすごい!」「ゲイはすごい!」「ゲイはすごい!」と、
千日前のあたりで言ったら別の意味にとられそうなセリフを何度も口にし、
興奮から抜け出せない状態が続いた。

生で4時間、世界陸上を見た緊張と興奮は、たぶんしばらくは忘れられない。
ナマ両陛下も2日続けて見れたし、ナマ織田裕二も遠くの方に背中だけ見れたし、
ナマ朝原も、ナマパウエルも見れたし、やっぱりナマはすごい。

この日、一番ど肝を抜かれたのは実はタイソン・ゲイではなく、女子棒高跳びの
世界記録保持者エレーナ・イシンバエワだった。ずっと寝ころんでいたのに、
最後に出てきて、他の選手が四苦八苦してクリアしているバーのはるか上を
飛び越えていくのを目の前で見て、こら次元が違うワ、と感じた。世界はスゴすぎる。

070826aiif01.jpgレース後にインタビューを受ける
タイソン・ゲイ。

070826aiif04.jpg試合後、通路で抱きあう
女子砲丸投げの
バレリー・ビリ。

posted by まこと at 23:59| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月25日

男子マラソンとマラソンコースRUN

いよいよ大阪で世界陸上が始まった。自分が生きてる間に大阪で世界陸上なんて
もう二度とないだろうと思うと、全部見ておきたい気分になる。

まず今朝は5時半に起きて男子マラソンの応援に。
7時過ぎに森之宮へ着くとコース上の歩道にはそこそこ人が詰めかけていて
旗を振ったりメガホンを持ったりしながら応援体制を整えている。

その頃、レースはスタートした直後で、RWSのテレビでは中継が始まっていた。
RWSのあたりは、ちょうど12k地点になる。玉造筋に入ったあたりから外へ出て
待ちかまえていると、パトカーや放送車のあとから、来ました、来ました、
先頭集団が。

070825marathon01.jpg

大阪国際女子マラソンの時も同じ場所で応援したけど、今度は世界陸上だから、
外国人選手の多さがぜんぜん違う。それに男子だからスピードも速い。

地元の小学生や中学生が、いろんな国の言葉で応援のメッセージを書いた横断幕を
用意していた。こういうの、大好き。

070825marathon02.jpg

他にも地元の自治会の人たちが、絵の具かペンキで各国の国旗を描いたボードを
何枚も用意していて、それを頭の上に掲げて応援していた。
いいな〜、こういう光景って。見ているだけで感動的で、涙が出そうになった。

しかしそんな熱い応援をしているから大阪人は世界陸上を勉強してるのかというと、
けっしてそうではない。今日も横からこんな漫才みたいな会話が聞こえてきた。

「お!あれが最終ランナーか? あれが最終ランナーやな?」
「ほんまや、どこの国の選手や」
(ゼッケンを見ながら)「ティーディーケーや」

あのな、おっちゃん。世界陸上の選手、全員ゼッケンにはTDKと書いてあるがな。
TDKって国の名前と違うし。スポンサーやし。

なにはともあれ、世界の一流選手を、生で、間近で見れたのはよかった。
応援するのに必死で、走りを参考にする余裕はなかったけど。

そして今日は、男子マラソンの観戦と練習会がセットになっていて、
レースが終わって普段の状態に戻った大阪の街に出て、
マラソンコースの中盤にあたる道をみんなで走った。
(もちろん歩道を。もちろん白バイの先導はなしで。)

森之宮から天満橋へ出て土佐堀通りを走り、中之島を抜けて淀屋橋から御堂筋へ
入り、心斎橋で折り返し、最後は大阪城公園の中も走る。
テレビで中継されていた景色を生で見ながら、ついさっき、選手はここを
どんな思いで走ったんだろう・・と感慨深く走る、そんな余裕はない。熱すぎて。

070825marathon03.jpg 070825marathon04.jpg 070825marathon05.jpg

かなりゆっくり走っているのに全身に汗が吹き出してくる。
よくこんな暑い中でレースなんてしたな・・・・。すごいワ、陸上選手って。

復路を走っていて大阪城公園にさしかかろうかという時、突然大阪府警の前で
全員止められた。通行人も自転車もみんな制止されて、車道にはクルマが1台も
走っていない。なんだこの不気味な光景は、と思っていると、
向こうから黒塗りのクルマが何台も列になってやってきた。

なんと、天皇陛下と皇后陛下を乗せたクルマだった。

クルマを降りてみんなに手を振られる両陛下。
う〜ん、写ってるんだけど、ちっちゃいのでわかりにくい・・。

070825marathon06.jpg
posted by まこと at 23:49| Comment(3) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月23日

8月はよく泣く

「最後の2イニングスは3年間を全部ぶつけろ」
1安打に抑えられている選手たちに、佐賀北高校の監督はそう言ったらしい。

はだしのゲンとか高校野球とか、8月は泣く材料が多い。

またまたビルドダウンで終わってしまったゆうべのペース走から一夜明け、
まだ汗で湿っているランニングシューズを履いて朝ランに出かけたが、
きのうの今日なので体はとっても重たく、ぜんぜん軽やかに走れない。
朝7時くらいになるとすでに太陽はそこそこ上の方に位置しており、
けっこうジリジリとした熱い陽射しが体に当たる。低気圧が近づいているのか
空気も湿っぽくてムッとしている。
そんな中、走らなきゃよかったかと思うほどヘロヘロな状態で8k走った。
たった8kなのに、途中で挫折しないよう、それなりに根性のいる8kだった。

熱い陽射しとか、湿度の高さとか、8月は泣きが入る材料も多い。
posted by まこと at 00:57| Comment(2) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月21日

サボりぐせストップRUN

仕事が終わって家に着いたのが今日は10時。普通ならシャワーを浴びて
ちめたいビールをブシュッとあけるところ。
しかし今日はささっと着替えて、早く晩飯を出して早く片付けたいであろうヨメに
「ちょっとだけ走ってくる」と言って待っててもらい、まっ暗な住宅街に出ていった。

そんなに速くないペースだけど、とりあえず夜だから涼しくて走りやすかったので
1時間ほどかけて10k。
いや〜、アブナイ、アブナイ。危うく土・日・月と3日続けてサボるところだった。

それからシャワーを浴びて、ヨメには悪いけど11時半から晩飯を出してもらった。
8月も20日だというのに、走ったのはまだ120kくらい。数ヶ月先にはハーフやフルが
待ってるというのに、やや練習量が足りないような気も・・・・。
なんか・・走ることで満足してるような気もするけど、ま、いいか。
posted by まこと at 00:35| Comment(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月19日

水道屋一筋40年

盆休み、ヨメや妹が台所で洗い物をしていると流しから水が戻ってくるので、
これは排水管が詰まってるに違いないってことで、洗浄液を流したり、ワイヤーを
買ってきて排水溝からゴシゴシ突っ込んだりしてみたが、結局直らなかった。

仕方がない。水道屋さん呼ぼう。

7軒くらい電話してやっとつかまった水道屋さんが、金曜日の夜に来てくれ、
しばらく頑張ってくれたが直らず、土曜日の朝一からもうひとり職人さんを連れて
また来てくれた。

流しを点検したり、家の外の排水管を調べたりしてくれたが、原因はわからず。
今度は台所の床下を開けて家の排水管がどう通っていて、
どこが詰まっていそうなのかを調べ始めた。

070818haisui01.jpg

最初はのぞくだけだったのが、それだけでは原因がわからず、
どんどんと奥深く入っていく職人のおっちゃん。

070818haisui02.jpg 070818haisui03.jpg

そのうち職人のおっちゃんは、床下を通っている排水管をノコギリで切り、
そこから棒を突っ込んだりホースを突っ込んで水を当てたりするのだが、
(このおっちゃんは壊し魔か?)と不安な目で見守るしかなく、
そうこうしているうちに排水管の切り口から詰まっていた水が逆流して流れ出し、
床下はビチョビチョ。

家の設計図を探してきて見せながら、
「排水管はここをこんなふうに通ってるみたいですね」と言っても、
「設計図はこう引いてあってもねぇ、なかなかその通りには作ってまへんのや普通は」
と言いながら、自分の思い込みの通りに床を探ったりマンホールをあけたりする。

台所の排水管とはぜんぜんつながっていないマンホールをあけて洗浄するおっちゃん。
070818haisui05.jpg

「こう行って、こう行って、物置の下を走っとんな〜。ここの床を剥がさなアカンか」
というひとり言が聞こえたので、(おっちゃん、これ以上壊さんとって・・・)
とビビって見ていると、別の職人さんが
「そことちゃうで。階段の下を通っとる」と正してくれた。
おっちゃんは「ホンマか。そっちか」と自分の思い込み違いに気付いてくれた。

(ほら見てみ、おっちゃん。さっき見せた設計図では階段の下通ってたやん)

はぁ・・とため息をついていると、トイレから出てきた父が下半身ハダカで
廊下を歩いてるし、その横を職人さんが道具を持って行ったり来たりしてるし、
今日のこの家は、なんか普通じゃないぞ〜。

そしておっちゃん今度は、廊下の床から出ている金属の突起を見つけ、
「これはなんや!こんなところにガスの栓が来とるんか」と調べ始めた。

070818haisui07.jpg

(おっちゃん、それは扉が壁に当たらんようにするためのクッションや〜!)

まあでも、気のいいおっちゃんだから、文句を言う気にはならない。
前の晩も遅くまで頑張ってくれたし、今日も職人さんをもうひとり手配して
朝一から来てくれたし、シャツの色が変わるくらい汗をビショビショにかいて
頑張ってくれてるし。

070818haisui04.jpg

結局3時間かかって詰まっているカ所を突き止め、そこにホースやらワイヤーやら
太いゴムチューブなどを突っ込んでガンガンたたき、排水管の内側にできた
コレステロールのような壁を崩し始めた。

マンホールに水が流れ始めた。

070818haisui06.jpg

詰まっていたモノがはがれて流れていく。
粘土のような、壁のようなものがどんどん流れてくる。ものすごい量だ。
おっちゃんは根気よく作業を続け、相当な量の壁を崩して、
水の流れる道を通してくれた。
排水管の内側が岩のようになって、完全に道をふさいでいたらしい。
築19年にもなると、こんなふうに詰まってしまうのか。
「これであと10年か15年は大丈夫でっしゃろ」と言われた。

おっちゃんのおかげで、高圧洗浄の業者を呼ばなくても排水管がきれいになった。
ほんと、お疲れさまでした。
posted by まこと at 23:28| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月18日

猛暑の中、記録会

またまた金岡の陸上競技場へ(昼間にちょいと仕事を抜けて)行ってきた。
この猛暑の中、中二の息子から記録会があると聞いたからだ。

070817kanaoka01.jpg

今回は三段跳びに出ていた。
これまで走り幅跳びやハードルや三段跳びにエントリーしてるのは、
いろんな種目を経験させようという顧問の先生の方針なのかもしれないし、
ひょっとしたら普通に走るのはたいしたことがないからなのかもしれないし、
顧問の先生が幅跳びの選手だったというのが理由としてあるのかもしれないし。
なんにせよ息子が頑張っている姿を見るのはいつもワクワク、ドキドキする。

070817kanaoka02.jpg

しかし、まあ・・右足で跳んで、また右足で跳んで、それから左足で跳んで、
よくあんな変則的な跳び方ができるもんだ。
考えただけでも(いや、考えたらよけいに)足がもつれそう。


それにしても、、、、、いやホンマ、、、暑いがな、、、、。
環境省が「運動の中止」を呼びかけるのも納得できる。

この猛暑の中、甲子園で試合をしている高校球児も、
この猛暑の中、競技をしている陸上部の子らも、
この猛暑の中、審判員や競技員をしている人たちも、
この猛暑の中、スタンドで大声を出して応援してる生徒たちも、
みんなスゴすぎる。

こっちは陸上競技場へ着くまでにすでにバテてるのに。
しかもスタンドで見てるだけで水を1リットルも飲んでるのに。
そのうえ事務所へ戻る時にアイスキャンディを1本、夜に大阪城公園を
7キロちょっと走ったあとにまた1本、帰りの駅を降りてからまた1本と、
暑さに対する我慢強さゼロの状態なのに。
posted by まこと at 00:14| Comment(5) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月16日

コメントエラー

コメント欄に入力しようとすると
ERRORと表示される。
ブログ全体を再構築しても正常には戻らない。
ただいまseesaaに問い合わせ中・・・。
posted by まこと at 11:16| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月15日

5日間の盆休み

5日間の盆休みが終わった。この5日間、何をしていたのかと言うと、
「草刈り&水まき」「妹の子供たちと遊ぶ」「走りに出かける」
「借りてきたDVDを見る」「普段できない家の片付けをする」
とまあ、だいたいその繰り返し。

外出らしい外出といえば、墓参りと市民プールくらいだった。

あとは突発的に家の前のミゾ掃除をしたり、台所の排水溝が詰まったので
清掃する道具をホームセンターへ買いに行ったり、、、

見たDVDは「ハウルの動く城」「踊る大捜査線 レインボーブリッジを封鎖せよ」
「みんなの家」「007カジノロワイヤル」「北の国から(の20数年前の第1話)」

走った距離は・・・・
行き当たりばったりの性格ゆえ、5日間で100k走る計画を立てるタイプでも無く、
時間をみつけて適当に走って70kくらいになったらうれしいナ〜〜なんて
思っていたが、結局走ったのは4日間で49k。

振り返ってみると、
父のもとに兄妹が集まって、子供たちと団子になって遊んで、草刈りも毎日できて、
部屋もほんの少しきれいになって、走りにも出られて、映画も観て・・・
考えたら5日間120時間のうち、たぶん100時間以上は家の中にいたけど、
それなりにいい盆休みだったな。
posted by まこと at 20:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月12日

市民プールへGO

猛暑だ。各地で猛暑だ。
ちまちまと細かい雑草を抜いていてもTシャツがビショビショなるくらい猛暑だ。
こんな日は海かプールへザブンと浸かりたいもんだけど、めっきりそういう
機会が減ってしまった。

ところが、きのうから泊まりに来ている妹に、
「子供らに水泳を教えたってくれへん?」というリクエストがあったので、
「よっしゃ、ほな、今から行こか」ということになって、朝から
保育園児、小1、小4の3人を連れて市民プールへ行くことになった。

070812pool01.jpg

今まで来たことがなかったけど、市内には市民プールが3カ所あって、
今日行ったところは、ウォータースライダーが2本、25mプール、流れるプール、
幼児用プールなどバリエーションが多く、子供たちがはしゃぎまわるには
十分な設備だ。幼児用のプールは水深が浅いために、太陽で熱せられて風呂のように
なっていた。う〜ん、やっぱり猛暑だ。
プールに着いた子供たちは、「まこちゃんに水泳を教えてもらう」という意識は
まったく無く、ゴーグルをつけて思う存分水中遊泳を楽しんでいる。

070812pool02.jpg

これだけ水に慣れてたら、泳ぎなんて教える必要ないやん。

ちょっとびっくりしたのが、写真を撮るのに誓約書のようなものを書かされて、
首から撮影許可の札をぶら下げなければいけなかったことだ。
ぜんぜん知らなかった・・・。今って、こんな時代になってるんだ。
きっと、よからぬ撮影をするヤツがいたり、写っては困る人が偶然写ってしまって
こんなうふにブログにアップされてトラブルになったりとかするんだろうな。
しかし、自分の甥っ子や姪っ子の写真を撮るのに撮影許可がいるとは・・・・。

3時半頃家に帰り、ちょっとだけ草刈りをし、そのあとは夕方ランをした。
子供たちもついてきたが、200mほど走って、あとは諦めて家に戻っていった。
当り前じゃ。サンダルでついてこれるほど、おっちゃんの走りはヨレヨレだと
思っていたのか。

フッフッフ、ホントのこと言うと、ヨレヨレじゃ〜。
今日の走行距離は10kだけど、きのうの20kよりもしんどかった。
水分の減り具合もめちゃくちゃ早かった。
確かにきのうは、ほとんど日が暮れかかっていて涼しかったもんな。
プールで疲れたとは思わないし、きのうの疲れが残ってるとも思わないし、
ちょっとした時間帯の差や、気温や湿度で、こんなにも違うんだ。・・勉強、勉強。
posted by まこと at 23:59| Comment(3) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月11日

夕方万博ラン

今日の予定はお盆の墓参り。それ以外に用事はない。
うちのお墓は家からそんなに遠くはない。
070811haka.jpgクルマがピタッと止まったままで
まったく流れていない中国自動車道を横目に
側道をビューンと走れば30分で到着する。

父は37度ほどの微熱があったので、どうするかと
本人に確認したら、「無理やな」という返事だったので、
家で留守番してもらい、ヨメと弟と3人で行った。
日に日に足が弱くなってる父を見てると、父が墓参りに
行けるのは今回が最後かなと思ってもいたので、
一緒に行けなくてかなり残念。

墓参りから戻って、昼ご飯を食べ、雑草を抜き、リハビリの
先生が来る日だったので父のリハビリの様子を見、
そうこうしているうちに夕方になり妹家族が来た。
予定では朝から一緒に墓参りに行くつもりだったんだけど、お盆の帰省ラッシュで
クルマが混み混みで、京都から数十キロの茨木市まで、なんと7時間かけてやって来た。

そこからは妹の子供たち4人と遊んだのかというとそうではなく、
ノースリのシャツと短パンに着替えて万博公園へ走りに行ってきた。
今日は1周5kの外周道路をゆっくりしたペースで4周。

2週間前は真っ昼間に15k走って倒れそうになったけど、
今日のように夕方から走ると、20k走ってもペースが速くない限りそれほど疲れない。
この時期、昼間に走るのと夕方に走るのとでは、まず気温がぜんぜん違うし、
用意した水が減るペースもぜんぜん違う。ほんと、何もかもが違う。
昼間に走ったときは2周で水がほぼなくなったけど、今日は500mlで4周走れた。
直射日光から逃げも隠れもできない昼間と違って、夕方は太陽が傾いているので、
日陰の面積だって圧倒的に違う。

ランニングが終わってペプシを飲みながら家に向かって歩いていると、
犬を連れた近所のご主人に会った。立ち話をしていると、その人は高校時代は
陸上部だったらしく、去年ケガをした時に診てもらった接骨院のマラソン専門の
先生の先輩だということがわかった。(世の中狭い・・)

そして立ち話の中でその人は、
「若い頃は炎天下で走ってどれだけエネルギーが持つかという練習をしたけど、
歳をとったらそんな練習はしたらアカン。この季節は朝か夕方に走らないと」と言った。

怠け者の自分にとってなんという力強いお言葉。アドバイスいただいた通り、
35度を越えるような炎天下で走るようなことは積極的に控えます!
posted by まこと at 22:51| Comment(3) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月10日

ウララ〜 ウララ〜 ウラウラで〜

夏の全国高校野球、大会2日目、第1試合。
仕事をしながら、テレビで滋賀の近江高校の応援もした。
なぜ滋賀県出身でもないのに応援するのかというと、近江高校の野球部員は
うちの事務所から100mのところにあるホテルに宿泊してるのだ。

ただそれだけの理由だけど、ただそれだけで親しく感じるのも事実。
近江高校のみなさん、1回戦突破おめでとうございます。

070809koshien01.jpg 070809koshien02.jpg

ところで、高校野球の応援の演奏曲って、「ルパン三世」だったり、
「暴れん坊将軍」だったり、ピンクレディの「サウスポー」だったり、
山本リンダの「狙い撃ち」だったりするけど、
今の高校生って、山本リンダの「狙い撃ち」って知ってるんだろうか。

ロンパールームの「♪さぁ、みんなでギャロップ、ギャロップ」みたいなステップで
ステージを左右に動き回り、怖い顔で「この世は私のためにあるぅぅ!」って
歌ってる山本リンダの姿なんて、普通に考えたら知ってるワケないよな。

「狙い撃ち」というのをバッティングにひっかけて演奏され始めたんだろうけど、
原曲をおそらく知らない世代になっても、応援曲の定番として今も演奏されている。
「なんでや〜」と聞かれても、、、う〜ん、、リンダ困っちゃう・・・・。

しかも、「栄冠は君に輝く」だけじゃなく、これも阿久悠さんの作詞らしい。
作詞といっても、応援団がアルプススタンドで歌うわけじゃないので
作詞家は関係ないかもしれないけど。
あの詩を歌っても、高校球児への応援にはならないし・・・。
posted by まこと at 00:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月09日

コスプレ税理士

両太股の後ろ側のやや内側が筋肉痛になっていた。
ゆうべは情けない走りをしながらも、自分なりに頑張ってたんだろうか。
いくら思い出しても、ヨレヨレの走りしか記憶にないんだけど。

ま、それはそれとして、今日の小ネタをひとつ。
うちの税理士さんはとっても面白い人で、今日も事務所へやってきて
こんな格好で帳簿の中間状況を見てくださった。
(ブログのプロフィールと同じポーズだけど、同類ではないので念のため)

070808megami.jpg

頭にかぶっているのは、スポンジでできている自由の女神のカンムリ。
この人の性格はスポンジよりももっとやわらかいし、ホコリよりも軽いし、
「税理士はおカタイ職業」というイメージはまったくない。

週末に子供とニューヨークへヤンキースの試合を見に行くというのは
聞いてたので、事務所に来るなり「マツイの100号、見たんですか?」と聞いたら、
それは見れなかったらしく、でもA. ロッドの500号は目の前で見たらしい。
posted by まこと at 01:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月08日

暑さに弱い・・?

やってしまいました、ビルドダウン走。
大阪城公園でのペース走。最後の1週だからと
一所懸命、一生懸命走ったつもりなのに、気持も体もなえてしまって5分10秒/k。

ここんとこ以前より走れていたのは、シューズを新しくしたからじゃなかったのか?
ちょっと湿度が高くなって不快指数が上がっただけで、走りがヘロヘロになり、
「フッフッフ、オマエの実力なんてこんな程度さ」と思い知らされてしまう。
今日なんて1周目から暑くてしんどかったし、今もまだ、
なんとなくハァハァ言いながら、水をゴクゴク飲んでブログを書いている。

ま、しんどいということは、練習になってるということなんだろう。
・・・と考えていいのかな。
・・・と思わないとやってられないし。
posted by まこと at 00:20| Comment(4) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月07日

イタリア語ワカリマセ〜ン

せっかくゆうべは走ったのに、今朝はまったく起きれなかった。
旅行疲れか、出勤するのがやっとというくらいの寝坊ぶり。
晩は飲みに行く約束をしてたから、なおさら走っておきたかったんだけど・・。

そして何も運動をしないまま晩になり、知合いと4人でイタリアンを食べに行き、
とっても美味しくて、とっても楽しい時間を過ごしてしまった。
(席についてビールを頼むなり痛風の心配をされたけど・・・み、みんな、
やさしいな・・・・)

070806italian01.jpg 070806italian02.jpg 070806italian03.jpg

イタリア料理というのは、名前ばかり長くて、肝心の料理が想像できない。
ナニナニのパニーニとか、ホニャララのタリアテッレとか、
ナンチャラのゼッポリーニとか言われても、
イタリア人じゃないのでさっぱり意味がわからない。

まあ、外人が和食のメニューを見て
ナニナニの竜田揚げとか、ホニャララの白みそ仕立てとか、
ナンチャラの南蛮漬けとか言われても、どんな料理か想像がつかないのと同じか。

ボローニャ風とかシチリア風とか言うのも、
京風とか浅草風みたいなもんかな・・・。

posted by まこと at 02:03| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月05日

能登半島へ

この土日はもともと父は介護サービスの施設へお泊まりに行ってもらい、
妹の家族を連れてキャンプに行く予定だったのが、
妹のダンナや子供たちが都合悪くなったために中止になり、
ポカンと空いたこの週末をどうしようかと悩んだあげく、
思いつくまま金沢方面へ行ってみようということになった。

大阪から金沢まではサンダーバードで2時間半だった。
サンダーバードといっても、もちろん
「パパ、パパ」「なんだバージル」のサンダーバードではない。
北陸本線を走る特急サンダーバードだ。(って説明しなくても決まってるか)

しかし、もっと遠いと思っていたけど、意外と近いんだ、金沢って。
金沢駅の改札を出てすぐに「近江町市場」をキョロキョロ、麩で有名な「不室屋」で
食事、「東茶屋町」でお香や手ぬぐいを買い、金箔の「箔一」、加賀友禅の「木倉や」
などなど、まるで百貨店の物産展会場を回っているようなコースを歩き、
兼六園に寄る時間もなく夕方からは能登半島の和倉温泉へ。

070805noto01.jpg 070805noto02.jpg 070805noto03.jpg

温泉につかってゆっくりしたあとは、ちょうどお祭りの日だったようで、
浴衣姿で出かけてみると、それは祇園祭と高山祭りとねぶた祭りを足して
5で割ったくらいのスケールの、勇壮な男の祭りだった。
高さ15m、重さ2tの奉燈を100人の男が肩で担ぎ、太鼓や笛の音とともに
街を移動していく。大きくて重いのでゆっくりとしか移動しないが、
重すぎてコントロールできず、倒れそうに傾いたり、
ブレーキがかからずに見物客の中に突っ込んでしまったり、
担ぎ手の男も苦しそうだし、なかなか見ごたえのある祭りだった。
こういうのを見ると、「やっぱ男は男らしくないとな」などと、
ぜんぜんたくましくない自分の体を見て思ってしまう。

070805noto04.jpg 070805noto05.jpg 070805noto06.jpg

翌日曜日は朝から海を渡って能登島へ行ってみた。
この島にある「のとじま水族館」は、水族館らしくいろんな海洋生物が
飼育されていたりアシカやイルカのショーがあったりしたが、
気持がよかったのはイルカの水槽の下がトンネルになっていて、
イルカたちの白いおなかを見ながら歩けることだった。
旭山動物園の影響がこんなところにも、って感じ。
そのあとは能登島ガラス美術館でガラスの歴史や制作工程を紹介してもらい、
ダリやピカソのガラス作品を鑑賞したり、吹きガラスの実演を見たり、
「ガラスもええもんやな〜」とすっかりその気になって売店でガラス製品を買ったり、
そんなこんなで時間は進み、2時頃の特急に乗って帰ってきた。

070805noto07.jpg 070805noto08.jpg 070805noto09.jpg

あっという間の2日間だったけど、のんびりはできたかな。
とくに金沢は、半日で回れるようなところではないので、今度は冬に行きたいかな。

家に着いたのは7時頃。
この土日は走らないつもりだったけど、二日間でたくさん飲み食いしたものがお腹に
たくさんたまって重たく感じたし、やっぱり走りにでかけた。
6kほどのつもりだったけど、調子こいて10k走ってしまった。
サンダーバードの中で缶ビールを2本飲んでいたからちょっと重たかったけど、
このランニングがなければ確実に数百グラムはブタになっていただろう、確実に。
posted by まこと at 23:59| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月04日

飲む日は走る

夜の1時を回ってから布団に入って、6時台に起きるというのは自分にとっては辛い。
仕事中に眠たくならないようにしようと思うと、7時間は寝たいかな。
ナポレオンには絶対なれないタイプだ。

今朝もかなり眠たかったけど、晩は飲む予定が入ってるし、こんな日こそ
走っておかなくてはと(飲み会をダシに)気持を奮い立たせ、なんとか起きた。

8月に入ってまだ3日目とはいえ、いちおうは出勤前にランニングはできている。
起きる時間がまちまちなので、初日6k、2日目4k、今日10kと
距離はその日によって違うけど。

そして晩の飲み会はというと、
知合いというか大先輩の「フォトグラファー30周年記念」というパーティだった。
会場には、カメラマンらしき人、モデルらしき人、スタイリストらしき人、などなど、
ファッションファッションした、いかにもギョーカイジンって人がいっぱい来ていた。

070803jiro02.jpg 070803jiro01.jpg

男性は1ドリンク2,000円。
2,000円でグラス1杯の酒かよ、と思って飲むとなんだか味も水くさくて、
パーティが終わるのは夜中の3時らしいけど、1時間半ほどワイワイとしゃべってから
9時半頃に店を出て、近くのおでん屋に行ったら、これが美味しいおでん屋で、
ヨメと、一緒に行ったスタイリストと3人、2軒目で盛り上がってしまった。
しかも3人で3千いくら。すっかり遅くまで飲み食いしちゃったです。

あしたとあさっては金沢方面へ急きょ旅行に行くことに・・・。
ランニングの用意も持っていかないので、この土日は走りませ〜ん。
posted by まこと at 01:05| Comment(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月02日

健康診断の結果

健康診断の結果が届いた。
血液検査その他内臓系の細かな項目については、
去年5項目で標準値からはみ出していたのが、今年は3項目に減っていた。
とはいえ、普段から運動がそこそこ足りているから全身健康体なのかというと
そういうわけでもないわけだ。

まず、リウマチ反応が陽性。
これは毎年ひっかかるので最近は気にしていない。先生の説明によると、
どうも生まれつきそういう因子を持っているようだ。

あと、去年も今年もひっかかったんだけど、尿酸値が高いらしい。
どういうことですかと先生に聞いたら、

先生「尿酸値が高いのはね、プリン体が原因なんです。
   プリン体って、プリンと違いますよ」

って先生あのね、知ってますがな、それくらい。ビールのコマーシャルで
よく出てくる言葉でしょ。

先生「プリン体はね、ビールとか魚や肉なんかに多く含まれてるんですよ」

なるほどね。確かにビールは毎日飲んでますわ。

先生「尿酸値が高いとどうなるかと言うとね、痛風になったりするんです」

なぬ!痛風?? 風が吹いても痛いという、あの痛風かいな。
これはイカン。プリン体ゼロのビールに替えなきゃ。(それでも飲むんかい)

それ以外の、視力・聴力・血圧・心電図・レントゲンなど大きくは異常なし。
肺活量は増えていた。総コレステロールは減っていたけど、中性脂肪は
めちゃめちゃ増えていた。といっても標準内には入ってるけど。

そして、恐ろしいことにまた身長が伸びていた。
去年よりも4mm。
なにせ身長だけは毎年伸び続けていて、この10数年間で18mm伸びている。
どうやら、まだまだ成長期のようだ。
きっと新陳代謝が活発で細胞が盛んに分裂をしていて、新しい骨や肉を作ってるんだ。
そう考えたら、なんかこう体の内側から力が湧いてくるような気がするぜ。

だから先生、帰りぎわにこんな、年寄り向けのパンフレット渡すのやめてよ。

070802book.jpg
posted by まこと at 23:54| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月01日

アンアンという雑誌

コンビニの雑誌コーナーの前に立ったら
「ダルビッシュ有フルヌード」という見出しが目に入ったので立ち読みをした。
アンアンという雑誌は、売上げが欲しくなったら「占い」か「SEX」の特集を
するけど、今回のも、ダルビッシュのグラビアページなんてカワイイもので、
その他の特集ページがなんともエグかった。
男性が見る、いわゆる「エロ本」よりもある意味で生々しい。
こんなのを高校生とかが読むのかと思ったらゾッとする。
なんとかならんのか。
posted by まこと at 23:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。