2007年06月15日

計算間違い

コンピュータは必ずしも完璧ではない。
たとえば自分の業務の場合、ある座標軸に補助線を入れようとして、
2つの方法を試みた時に、2つの結果は必ずしも一致せず、1000分の数ミリ単位で
誤差が生じる場合がある。
どちらも目分量ではなく、数値を入力して操作しても、インチをミリに変換する時に
違う演算方法であるために微妙な差が生まれるのかもしれない。

あってはならないことだけど、これは事実だよ、と社員に説明したついでに
「電卓も計算間違いするの知ってる?」と聞いてみた。

「え!!!電卓が計算間違いするんですか!!!!」

あれ?知らなかったんだ。誰でも知ってると思ってたのに。

「うん。たとえばさぁ・・・1÷3×3は?」

「1○△×◇※・・・・・・・・・・≠$@÷3○△×・・・・
・・・・>♂≠$@#×3◇×・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・わかりません!!」

わかりません、って・・・

「1を3つに分けて、それを3倍したら?」

「・・・・・・1です」

「1やな。ほな、電卓でやってみるで。
■いち・・■わる・・■さん・・■かける・・■さん・・■は」


    ==========
     0.99999999999
    ==========


「ほら」

「わあああああああああ!
電卓でも計算間違いするんですね!!!」

なんだかちょっぴり、学校の先生になった気分。

「他の電卓もですか?」

俺の電卓だけがアホやと思ってるわけ?

「すご〜い!電卓も計算間違いするんだ。

・・・・・・・・・・・・人生とおんなじですね。」

は?・・・人生とおんなじって、君の人生はそんなに計算間違いだったわけ?

俺の人生は計算間違いが多いけどね。
いや、たいした計算もしてなかったくせに計算間違いってのも矛盾してるな。
計算間違いというよりも、どっちかっていうと「ひっかけ問題」にやられることが
多かったって感じかな。

いやいやなかなか、人生は簡単には割り切れない。
posted by まこと at 00:47| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。