2007年06月10日

トレイル初参加

ずーっと前からトレイルのイベントに参加しよう参加しようと思いながら
タイミングが合わずに時間が過ぎていき、
ようやく今日が初めてのおつかい、じゃなかった、初めてのトレイル。

阪急中山を9時前に出発してJR武田尾まで3時間ほどかけて連れてってもらう。
なにせ初めてなもんで、これが距離的に短いのかどうか、斜面も急なのかゆるいのか、
道も狭いのかこんなものなのか、走っている自分の中に基準がないのでわからない。

ただスタートしてすぐに、気持ちよさが体をじわじわと満たしていくのが感じられた。
息もあがるし汗もふき出すけど、顔や腕に冷たい空気が当たってヒンヤリするし、
右も左も黄緑色のきれいなシダが原生林のように繁っているし、
コースを進むにつれて(名前は知らないけど)シソの葉のような植物が増えてきたり、
山アジサイが咲いていたり、緑を観察するだけでもキョロキョロしながら走ってしまう。
植物の名前に詳しかったらもっと楽しいのになと思いながら、
平坦なアスファルトの上を周回するランニングとはまったく違うことをしていると
いうことがはっきり体感できた。

特に下りは楽しかったなー。まるでスキー場にいるみたいな錯覚。
足場の悪い下りはコブ斜面をインストラクターに「目線が上下しないように脚の
曲げ伸ばしを使ってぇ〜」と指導されながら滑っているみたいな気分だったし(だから
ついつい足を外に振りながらやや横に向けて着地してしまう)、足場のいい
走りやすい下りはわざわざ体を傾けて左右に少し蛇行しながらスラロームのように
走ってしまったり。(もちろん、けっして上手に滑れたわけではないけど)

上りは上りで、どこに向かっているのかわからずについて行くのは
小学校の遠足みたいなワクワク気分だったし、
ゴールまで、大げさに言うとまるで少年に変身したような3時間だった。

ぜったいまた行こ。いや、次の機会は留守番してヨメに行かせてやらないと・・。

070610takedao.jpg
posted by まこと at 23:29| Comment(6) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。