2007年04月08日

芦屋ファンラン

きのうがレースだったらいやだったけど、今日は雨も上がり、天気に恵まれた。
芦屋国際ファンランという、桜並木をくぐりながら芦屋の公園や海沿いや
川沿いを走るコースでハーフのレースに出てきた。

桜が満開の季節だけあって、レースというよりは最初から会場はお花見気分。

070408ashiya01.jpg

070408ashiya02.jpg

それでもこっちは久しぶりのレースということと、
練習が十分にできていないことや、きのう体重を計ったら3kgも
増えていたことなどから、あんまり浮かれた気分ではいられなかった。

ハーフのレースは12時にスタートした。

070408ashiya03.jpg

事前に少し聞いてはいたが、道がめちゃめちゃ狭い。
「国際」という名前がついているのがおかしいくらい、
人が3人並んで走ったら後ろの人は抜けないという道の狭さ。
しかも曲がり角が多くて、90度の右折・左折なんて数えきれないほどあり、
180度曲がらないといけないところも何カ所もある。
(ひぇ〜、こりゃヘタしたらとんでもないタイムになってしまうぞ)という
気分になって、ちょっと気持ちが焦ってくる。

そんな状態の中、スキを見て前のランナーを抜かしつつ、
やや後ろからスタートした遅れを取り戻そうと走りながらの
10kの通過タイムが46分50秒。
実は5kを過ぎたあたりからすでにバテ始めていて、10kを過ぎてからは
逆に、考えられないくらいたくさんの人に後ろから抜かれた。
ゴールの近くなんて、沿道のみんながこっちを見て「ミッキー、ミッキー」
というので、(自分の後ろには仮装したミッキーマウスが走ってるのか。
これには抜かれたくない・・)と思ったけど、ミッキーにも抜かれた。
足がなかなか前に出なかったけど、気持が切れてしまったらホント
とんでもないタイムになりそうだったので、まあなんとか頑張ったって感じ。

ゴールタイムは、1時間37分56秒。

でもまあ、初フル以来4カ月ぶりのレースは楽しかった。
大勢のランナーに混じってレースペースで走るのは、
苦しいけど、ある意味気持ちよかった。
苦しくない人なんていないわけだし、その中でゴールに向かって、
というか、(はぁ、はぁ・・ゴールまであと何キロなんやろ・・)などと
思いながらも緊張感を持って走るのは(練習と違って)いいもんだ。

みんながゴールしたあとは、おのずと桜の木の下で宴会。
レースに出ない人や、先にレースを終えた人が買い出しに行ってくれていた。

070408ashiya04.jpg

ある程度盛り上がった後で写真を撮ったので、食べ物もあまり残っておらず、
単にゴミがちらかったところでミーティングをしているみたいに見えるけど、
食べ物も飲み物もいっぱい用意してくれてました。

今は、カラダに残った疲労と眠気がとっても気持いい。
今日のランニング・花見・ビールのセットは、
たまらなく心地よい一日を体験させてくれた。

次のレースのためにも、また頑張って練習しよっと。
posted by まこと at 23:38| Comment(8) | マラソン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。