2007年03月10日

走る息子 歩く父

まず、息子である自分の今日は、
朝からRUN-WALK Styleの練習会に参加して、大阪城から大川沿いを
ゆっくり、ゆっくり、キロ7分から7分半くらいでのLSDで始まった。
途中で止まってフォームの説明を受けたり、走っている時もかなりゆっくりの
ペースなのでぜんぜんしんどくはなかったけど、
練習が終わったあとには、ちゃんと足にダメージが残っていた。

少し肌寒かったり、ややポカポカしたり、全体的にはこの時期らしい
走りやすい気温だった。(って、アンタは評論家か)
走った日を書き込んでいるカレンダーを見ると、
この5日間で4日走っている。自慢にもならないけど、今年に入ってからの
自分の毎日を考えると、頭をなでてやりたいくらい珍しいことだ。
この流れのまま、今晩降っている雨が明日は上がって、
また走りに行けたらいいのに。

午後からはヨメと父の病院へ。いつも交代で見舞いに行っていたので、
ヨメと二人そろって行くのは初めてかも。

晩ご飯を食べ終わるまで病室にいたけど、
父は今日も元気で、意識もはっきりし、普通に会話をしていた。
家族がそばにいる時に限るけど、2日前から歩行訓練も始めている。
それはベッドの横を、ベッドにつかまって歩いたり、
歩行器を使って廊下を歩いたり、ベッドに寝たまま、こちらが負荷をかけて
足を曲げたり伸ばしたりの筋トレをしたり。

歩行器につかまって10m先の廊下の端まで歩いても、帰りは足も腰も
くだけてしまって歩けなくなり、こちらが脇の下から手を入れて
抱きかかえないと床に崩れてしまう。今はまだそんな状態だけど、
それでも、早く退院したいという本人の強い意思が、
歩けるようにリハビリをしようという意欲につながっているみたいだ。

頑張れ。
posted by まこと at 23:01| Comment(2) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。