2007年03月07日

ドーピング効果?

ブログをちゃんと更新しておかないと
インフルエンザで倒れよったのかと思われちゃうしね。

今朝の父はこれまでよりも元気だった。目もぱっちり開けて、
自分から会話をしてきたりもした。先生に聞くと、透析の時に水を多めに
抜いて体重を1kg減らしたらしい。微妙なものなんだなと思う。
今日は午後からMRIを撮るので、その付き添いはヨメにまかせて出勤した。

午前中に取引先へ行った帰り道、市役所の横に献血のバスが止まっていたので
去年の7月以来の献血をした。

070306kenketu01.jpg

血液検査をしてくれるお婆さん看護婦さんと
「今年の冬は暖かいわね〜」
「そーですねー。冬らしい日は1日もなかったですもんねー」
などとご近所の主婦の挨拶のような会話をしてバスの中へ。

若いOLや、ラッパーみたいな兄ちゃんも椅子に寝て血を抜いてもらっている。

一番奥の椅子へ案内されて、腕を消毒され、
「刺す時にちょっとチクっとしますよー」と言われながら
穴が見えるほどの太い針を血管に刺される。
ま、何度もやってるからこっちも慣れてるけど。

「3時間以内にはお風呂に入ったりお酒を飲んだりしないでくださいねー」

「わかりました」(誰が風呂に入ったり酒飲んだりする?
看護婦さん、まだ朝の10時半やで)

「それと、今日1日、激しい運動はしないでくださいねー」

え・・?

「あの・・・夜にランニングの練習があるんですけど・・・」

「あまりしない方がいいでしょうねー。血が減ってますからねー。
運動して血行がよくなるとしんどくなるんですよー」

(今さらそんなこと言われたって、もう血ぃ抜いとるがな)

070306kenketu02.jpg



夜になって、結局練習には行った。
今日は大阪城公園で15kのペース走。

看護婦さんの言葉で暗示がかかっているのか、いつも通り走っていても
なんとなくしんどいような気がする。
心臓がポンプの役目をして血液を送り出しても、いつもよりも
400mL少ないわけだから、カラダ中に酸素が行き渡らないのかもしれない。
まあそれでも、要は心臓をバクバクさせるような走り方をしなければ
いいんだろう、と思いながら、みんなから遅れてもマイペースで走った。
それに、血が少ない状態で練習したらドーピング効果もあるかもしれないし。
(そんな科学的なトレーニングを狙って献血したわけじゃないけど)

15k走り終わった時には両手首から先がビリビリと痺れていた。
やっぱりカラダ中に血液を行き渡らせるには、量が足りなかったみたいだ。
posted by まこと at 01:23| Comment(8) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。