2007年03月04日

まこと家の危機

なんだかブログのタイトルとは関係のない、父の闘病日記のような内容に
なっちゃってるけど、この数日はそれが中心だったから、ま、いいか。

検査のために入院して、たった2日しか経っていないのに、
父が目に見えて弱っていく。
話しかけても、頭がボケているわけではないけど反応が薄いし、
ご飯を食べるのも、下着やパジャマを着替えるのも、100%は自分で
できなくなってきてるし。
今日もベッドの横に立たせてみたら、ほとんど歩けなかった。
入院する時は歩いてきたのに。

退院してからは、元通り元気になれるように
家族が毎日、気長に励ましながらリハビリをしないといけないだろう。
頑張らなくっちゃ。

そんな時、土曜日から帰ってきている弟がしんどそうにしていたので熱を
計ったら微熱があって、ゴンゴンと咳が止まらなくなり、夕方には
38度5分まで上がっていて、休日救急診療所へ連れていったらさらに熱が
39度まで上がっていて、見事な右肩上がりの原因を調べてもらったら
1分でインフルエンザの陽性反応が出て・・・もう大変。

明日、俺は朝一で父が普段透析でお世話になっている主治医のところへ
経過報告とこれからのことについて相談に行ってから仕事へ、
ヨメは川へ洗濯に、って危機感のないギャグを言ってる場合じゃなく、
弟を連れて病院へ行ってから、そのあと父の病院へ。

とりあえず夜になって今日一日のことが落ち着いた気分になったので
こうやってブログを書いてるけど、
これ以上健康を害する人間が増えたら、うちの家はヤバイかも。

俺もヨメも、インフルエンザの予防接種、受けてないし、すでにヤバイかも。

そうなったら父の病室へ出入りするのもマズイのか?
posted by まこと at 22:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メシはうまいらしい

今日は朝から富田林まで行って用事を済ませ、昼からは父を見舞いに病院へ
行こうと思っていたら先に病院から携帯に電話がかかってきて、
主治医から家族に話があるというので、急いで行ってみたら、朝から
酸素濃度が下がったらしく(といっても、勉強不足なので、それが
どんなふうに悪いことなのか分からなかった)、急きょ透析室で水を抜いて、
その後で内蔵のCTを撮ったら、肺炎の兆候がみられると言われた。

脳と足腰が急に弱ったことについて検査してもらうために入院したのに、
他にも悪い状態が発見されて、先生もあわてたみたいだ。

ベッドのそばで先生とそんな話をしている横で本人は、
他人事のようにその話には興味を示さず、病院から出された昼ご飯を
食べていた。
後から「ご飯、どない?」と聞くと、どうやら今回は
3年前よりもおいしいらしい。昼ご飯も完食していた。

「よかったな」と言ったものの、いや、まてよ、逆にこれは喜ぶことでは
ないのかも。
要するにメシさえうまければ、あとは一日中ベッドで過ごせるわけだし、
人工透析をするにもクルマで送り迎えしてもらわなくても病院内に透析室が
あるわけだし、本人は「こりゃラクだ」とばかりに快適な入院生活を
謳歌するかもしれない。

そうすると歩けなくなるのは時間の問題だろうし、運動しなければ
新陳代謝もなくなって、脳に新鮮な血液や酸素が行かなくなるので
頭もボケるだろう。

ん〜〜〜〜、困った。
なにせ本人に危機感がないから、よけいにやっかいだ。


昼過ぎにはヨメと交代して、電車で大阪に向かった。
ここのところ毎日のように面接をしてるので、仕事がなかなか前に進まず、
火曜日に提出しないといけない仕事が手付かずのまま残っている。
ここのところ土日は、1日ないしは2日とも仕事をするのが当り前になってきた。
今はひとりだから眠たくなったらソファで寝てるけど、いずれ新入社員が
入ったら昼寝なんてしてられないし、どこかで現状のリズムを変えないと・・。
posted by まこと at 01:45| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。