2007年03月31日

ひとりペース走失敗

今日も結局、走りに行ったのは夜になってからだった。
今日“も”って、きのうは走ってないけど・・。

1周5kの万博外周道路を3周。
15kをキロ5分のペースで走ろうと思って走ってみたら、
走れると思っていたのに走れなかった。
しかも1周目、つまり最初の5kから25分以上かかってしまって、
まあ1周目はこんなもんだけど2周目からややビルドアップしていけば
と思って走っていたら2周目も25分以上かかってしまって、
なんじゃコレ、って感じ。
今の自分にはそんなペースは無理だということがよくわかった。

今月の走行距離は135kだった。これでもフルを走ってからは
一番たくさん走ってる、ってそんなこと言ってるようじゃ、
ろくに走れないのも当り前だわな・・。
posted by まこと at 23:52| Comment(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月29日

セセンンババツツ高高校校野野球球

去年の夏から、高校野球の開催中は事務所のテレビで中継を流すようにしている。
ところがこれが、今の時代に信じられないくらい映りが悪い。

ビル街の電波障害が原因なんだけど、すべてが二重に重なってしまって、
たとえば緊迫した投手戦で得点が1-0であっても、
うちのテレビでは11--00という一見ワンサイドゲームのように見えてしまう。

ピッチャーの投げる球はすべて分身魔球になるし、バッターが打った球も
もちろん分身打球になる。
というか、マンガにたとえて言うと、タッちゃんとカッちゃんが
同時にマウンドから投げていて、南ちゃんはどっちを応援すればいいのか
困ってしまうような、そんな映像になってしまう。

070329koshien01.jpg

もしこのブログをうちのテレビで見ると
ホホノノルルルルママララソソンンにに出出ててかからら……
となってしまうだろう。


ところが神は我が社を見捨ててはいなかった。
急に、ビルにケーブルテレビが引かれることになったのだ、ガッハッハ。
ケーブルテレビが提供する多チャンネルは別途加入しないと見れないが、
今までの地上波が、電波をアンテナで受信するのではなく、
ケーブルを通って映像が送られてくる。
するとどうだ、いきなり霧が晴れたように画面がクリアになった。

070329koshien02.jpg

まるで初めてカラーテレビが家に来た時のような子供の頃のうれしさと
同じ興奮を覚えそうになった。

しばらくしたらケーブルテレビの会社が営業に来るだろう。
入っちゃったらパソコンの画面よりテレビばっかり見そうだしな・・・、
でも入っちゃうかも・・・、あ〜、どうしよう・・・。


ぜんぜん関係ないけど、
今日は家に返ってからランニングを12キロ。
久しぶりに万博公園の外周を走った。
・・・ほんと、ぜんぜん関係ないけど。
posted by まこと at 23:56| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月28日

春ですね〜

今朝は久しぶりに朝のランニング。
池のまわりを2周走っても3周走っても通学路に立っているいつもの
おじさんがいないなと思ったら、もう春休みなんだ。
朝の挨拶をする人がいないというのも寂しいもんだ。
確かに子供の集団登校の列もなければ、幼稚園の送迎バスも走っていない。
やっぱり春休みなんだ。

でも、寂しいことばかりじゃなくて、近くの公園ではもう桜が咲いていた。
と言っても咲いているのは1本だけで、あとの木は全部つぼみだったけど。
1本だけ種類が違うのか、それとも1本だけオマセさんなのか、
それとも単に気が短い桜なのか・・・。

いずれにせよ、今シーズンで一番冬らしかった3月も終わりに近づき、
もうすっかり春めいてきた。
昔、NHKのお母さんといっしょに出ていた坂田おさむおにいさんの
「はるのかぜ」という歌がすごく好きだった。聴いているだけで、
すぐそこに春が来ているような気持ちになったのを覚えている。

そういえば、さっき食べた晩ご飯は筍ご飯だったし、
ふきの炊いたのも出てきた。いかなごのくぎ煮もあった。

あ、他にもあった。
ヨメは「ヤマザキ春のパンまつり」のシールをいしょうけんめい集めていたぞ。

気がついたら、日常のいろんなシーンが春になっている。
posted by まこと at 00:18| Comment(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月25日

風呂にて

土曜日はとっても退屈だった。
雨なのでランニングをする気にはならず、雨なので草刈りもできず、
父のリハビリに付き合おうかと思っても本人に意欲はなく、
部屋を片付けようとしたが、あまりにも大変そうな状態におじけづいて
後ずさりし、結局きのうは何をしたんだろう・・・。
録画していた先週の探偵ナイトスクープを見て終わったような気がする。

ほんじゃ日曜日は走るぞーと思っていたが、結局走りに出ないまま
晩メシまで食ってしまった。でもその後で、何を思ったのか
服を着替えて暗い中を申し訳程度に6kのランニング。
アンド、何を思ったのか流しを3本。
アンド、何を思ったのかモモ上げを50mほど。

家に帰って風呂につかりながら、何を思ったのか
(ランニングを始めてよかったな〜・・・)なんてボーッと考えたりした。

ランニングを始めたことで、
体脂肪が減った。ウエストが細くなった。足首が細くなった。顔の皮膚が
薄くなった。風邪をひきにくくなった。歩く姿勢がよくなった。
駅のホームで、足を開いたミロのビーナスみたいな背骨の曲がったポーズで
電車を待つことがなくなった・・・・。

でも一番よかったことは、たくさんの素晴らしい人とめぐりあえた事だ。
・・・何を思ったのか、そんなことをふと考えていた。
posted by まこと at 23:25| Comment(4) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月24日

時間ができたので夜ラン

ヨメが数日前から父の様子を日記につけている。
しかもワードに毎日文字を打ち込んでいて、1日分がひとつのファイルに
なっている。つうことは100日分だとファイルが100個になる。
これは効率が悪いだろうと思って、データベースソフトを使って
日記のフォーマットを作ってやった。これなら何百日書こうが
ファイルはひとつで済む。
・・・って恩着せがましく言ってないで、ヨメにまかせずに自分が日記を
つけたらどうだと言われそうだけど。

晩メシを食べたあとでそのフォーマットを作り、今度はブログを更新しようと
思って2本目の缶ビールを持ってパソコンのある部屋へ行こうとしたら
タイミングよく(悪く?)「探偵ナイトスクープ」が始まったので

070323tantei.jpg

磁石に吸い寄せられるようにテレビの前に寝ころんで見てしまったら
笑ってる間にこんな時間になってしまった。

といっても、更新するようなネタなんて今日は何も思い浮かばないんだけど。

やや早めに帰ってこれたので、5日ぶりに家の近所を8キロ走れたこと
くらいかな。間が開いていたのでカラダが重たいかなと思ったら、
逆に軽かった。練習ができていないのに軽いわけないから、
きっとそれ以上走ったらドテドテと重たくなっていくんだろう。

走った後って必ず、(走ってヨカッタぁ〜)って思う。
これは自分だけの感覚じゃなくて、走る人すべてに共通してるよね、きっと。
ん? それなら毎日走ったらどや!って?
父は最近、都合の悪い話は聞こえないフリをするので、その遺伝ということで
聞こえないフリをしておこうかな・・なんて・・・。

ヨメに聞いたんだけど、今日父の耳元で「おとうさ〜ん、聞こえるぅ〜?」と
言ったら、父は「聞こえない」と言ったらしい。

こらー、聞こえてるやないか〜!
posted by まこと at 00:47| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月21日

息子の記録会に

実は幼稚園の年長と小学1年生の2年間、堺市の金岡に住んでいたことがある。
父は大阪市内の実家で商売をしていたが、仕事が終わったらクルマで
飛んで帰ってきて、帰るなり子供を乗せてプールに行った。
それは夏の間、日課と言ってもいいほど多かった。

金岡プールという堺市営のプールで、50mプールから子供が遊べるプールまで
バリエーションが多かった。しかもナイターもやっていた。
父は水泳が好きだったようで、よく平泳ぎをしていた。
たまには横泳ぎもしていた。そういえば腕はクロール、足は平泳ぎという
ブレンド泳法もやっていた。
その横で、ほとんど泳げない自分は浮輪に入ってクルクルまわったりして
遊んでいた。もうかれこれ、30ウン年前の話だ。

その金岡プールの隣りにある金岡陸上競技場で次男(中1)の記録会があった。
大教大ACの記録会と聞いていたんだけど、中心は中学生で、
一部小学生から大学生までが参加していた。

070321AC01.jpg

金岡公園という広大な敷地の中で陸上競技場と金岡プールは
隣接していて、その他にも体育館、テニスコート、野球場もある。

110mハードルが10時35分からと聞いていたが、現地で迷ったら
いけないので、30分ほど早めに行くつもりで家を出て、10時5分頃に
着いた。すると息子はもうスタート地点に並んでおり、あわててデジカメの
電源をONにしたら、あっという間にピストルが鳴って走り始めた。

070321AC02.jpgここって、いい公園やな〜とか、
走る用意をして来ればよかったな〜とか、
ポカポカ陽気の下でそんなのん気な事を
考えながら競技場へやって来たので、
心の準備も緊張感もないままスタートされて、
「あわわぁぁ・・・」と思ってる間に
終わってしまった。

次は午後1時からの男子100m。
それまでの3時間、何して過ごそうかと思ったり、
やっぱり走る用意をしてくればよかったと後悔しながら
芝生に寝ころんで競技を見ていると、案の定寝てしまった。・・・z z z

適当に目が覚めて、ローソンでパンを買ってきて食べ、今度も競技が
予定より早まるかもと思いながら12時半から待機していたら今度は
1時頃に始まり、息子に「何組や」と聞くと「28組」という想像も
つかなかった答えが返ってき、(に・・28組って、いったい何時に
なるんだろ)と思って待っていたら、また寝てしまった。・・・z z z

ま、今日の陽気だったら仕方ないよね。
でもずっと寝ていたわけじゃなく、息子が走るのを見届けて帰るまでの間、
時々は興味深く競技を見ていた(つもり)。
陸上をやっている子のフォームとかってすごく参考になるし、
レースの前のウォーミングアップもさまざまだった。
スキップをしているチーム、もも上げをしている子、カカトをお尻に
素早く引きつける動作を繰り返している子、股関節を前後左右に大きく
動かしている子、足を前に上げたり横に上げたりしながら走っている子、
・・・ふーん、みんなそれぞれの方法でアップをしたり緊張を高めたり
しているんだ。

息子の種目を見終わって、2時前に競技場を出て駅に向かって歩きながら
まわりを見ると、近くには新金岡団地があり、労災病院があり、そんな
数十年前の建物が今も同じだったりして、すごく懐かしい気分だった。
posted by まこと at 22:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月19日

定食屋のオバハン

事務所の1階に、昼は定食、夜は居酒屋という店が入っている。
その店に、髪の毛は原田真二のような、あるいは若い頃の吉田拓郎のような
くりくりのパーマがあたっていて、だいたいは花柄の派手なカーディガンを
着て、びみょーに猫背で、びみょーにガニ股で歩く、まるで大阪を
代表するような、すごくやかましいオバ、お姉さんが働いている。

朝、1階で自分の事務所のセキュリティを解除してると、わざわざ店の裏から
出てきて、「兄ちゃんオハヨ〜」と、低いのかカン高いのかわからない、
少なくとも透き通ってはいない声で挨拶をしてくれる。

いきなり背中から声をかけられるもんだから、こっちもビクッッとして、
「ほはよ〜」などと裏返りそうになった声で挨拶をする。

「兄ちゃんの歩いてんのが見えたからわざわざ出てきてん。なあ、なあ、私、
ストーカーかなぁ」
「そ、そんなことないよ。いつも爽やかな朝の挨拶ありがとぉ・・・・」と
心にもないことを言いながらエレベーターに乗って自分の事務所に入る。

たまにはその店へ昼ご飯を食べにも行く。いつも昼休みは客が外まで並ぶほど
流行っている店だが、この前は2時頃に行ったので、店内は人がまばらだった。

昼の戦争が一段落したオバ、お姉さんが元気に話しかけてきた。

お姉さん「兄ちゃんとこ、新しい助手の子、決まったん?」

ま「決まったよ(・・・助手じゃないけど)」

お姉さん「うちなんか、なんぼアルバイト募集しても一人も来えへんでぇ〜」

ま「・・・・・・・」

お姉さん「なあ、なあ、女の子?」

ま「うん」

お姉さん「(他の店員の方を向きながら)いやぁ、女の子やてえ。
     いくつ? いくつ?」

ま「25」

お姉さん「いや〜ん、おいしそう・・・・」

ま「・・・・・・・(食べるために雇ったわけじゃないし)」

お姉さん「今度いっぺん連れといでぇやぁ」

ま「うん、また連れて来るわ(あんた、母親か)。ごちそうさまぁ」

お姉さん「おおきに。お兄ちゃん男前やから700円にしとくわ」

ま「うれしーなー。ありがとー(みんな700円やないか・・)」




前置きが長くなったが、今日は新入社員の
正式な初出勤の日だった。(長い前置きやな〜)

仕事だから、うれしい事も、楽しい事も、しんどい事も、辛い事も、
悔しい事も、納得できない事もあるけど、
頑張ってついておいでね。

070319shimojo.jpg
posted by まこと at 23:49| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月18日

こう見えても趣味は

今日は家の近くの千里10マイルレースに出る予定だったけど、夫婦揃って
父のそばを離れるわけにはいかず、朝から降り出した雪を見ながら
「キャンセルしてよかったかもねー」と時間も気にせず遅い朝食を食べた。

レースの予定がなくなると、たっぷり時間ができてしまうわけで、
しばらく放ったらかしにしておいた草花の手入れをすることにした。
070318hanagara.jpg
植えっぱなし、咲きっぱなしになっている花の
そばへ行き、枯れてしまっている花殻をハサミで
ちょきちょき摘む。こういう作業ってけっこう
嫌いじゃなく、年取って仕事しなくてもよくなったら、
毎日こうやって過ごせたらなぁ、などと隠居した
ジジイの自分を想像しながらいつまででもできる。
とはいえ、しばらくサボっていたせいで、
花殻を摘んでまわるだけでもかなりの時間がかかり、
(手入れもしないのに植え過ぎやろ)と自分に自分が批判されたり・・。
それ以外にしたことといえば、一面にはびこっている雑草抜き。

070318flower.jpgこう見えても趣味はガーデニング、と
言いたいところだけど、自分で買ってきた花の
名前すらわかっていない場合も多いうえに、
土づくりもよくわからず、肥料のことも詳しくなく、
おしゃれな鉢を買ってくるわけでもなく、
素敵なレンガやベンチでレイアウトされているわけでも
なく、自分がやっていることといえば花や球根を
買ってきて植えて、あとは水をやっているだけ。

その水やりすら、間違えて枯らしてしまったりもする。
土なんて、ピートモスやバーミキュライトや赤玉土や
鹿沼土や石灰土と言われても、この花ならどれとどれを
どんな割合で混ぜて、なんて知識はさっぱりないし、
どんな肥料をどんなタイミングでどれだけ与えれば
いいのかもよくわからず、確信のないまま
適当な肥料を適当なタイミングでやっている。

うまく花が咲かずに枯れているのを見ながら、
(上手な人に育てられたら、きっときれいな花を
咲かせることができただろうに・・・)などと、
うちにもらわれてきた不幸な花を哀れに思うこと
なんてしょっちゅう。

それでも、こうやって花を観察したり、ちまちまと
雑草を抜いたりしている時間が好きだから、うちへ
もらわれてくる(たまに不幸な一生を遂げる)花が
あとをたたない。

それに加えて、NHKスペシャルでやっていた
美しい庭と共に生きているアメリカのおばあさん、
ターシャの番組はビデオに残したり、それに憧れて
「ターシャの庭」などという写真集を
それほど見もしないのに買ったりもする。

そんなこんなの草花好きだけど、
まあ、暇だからといって庭で草刈りばかり
していたわけではなく、車イスが動きやすいように
玄関を掃除したり、昼と夕方に父のリハビリをしたり、
家のまわりにはびこっているクモの巣を
落ちている木の枝なんかを使ってクルクルと
わた菓子のように巻き取ってまわったりもした。

それから今日は、10kからフルまで、
レースに出るという話をいくつか聞いていたのもあり、
なんとなくじっとしていられない気分になって、
夕方に池の周りを8k走った。

いずれにしても、のどかでのんびりした一日だったことには違いない。
posted by まこと at 23:29| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月17日

父が退院

検査入院してから15日目、父はようやく退院する日を迎えた。
会計でお金を支払い、看護婦さんから山盛りの薬を預かり、
荷物を片付けようと病室へ行くと、ヨメがパジャマを着替えさせるついでに、
父に笑って話しかけながらお湯でしぼったタオルで全身を拭いてやっていた。
そういえばこの寝たきりの2週間、ヨメは毎日1度か2度は病院へ通い、
着替えや食事介助、そのうえ父の便の世話までしていた。
実の親ではないのに、いやほんと、たいしたヨメだ。

070317_taiin.jpg「ええ天気やなー。退院日和やで、今日は」などと
話しながら、クルマまで連れていくと、父も嬉しそうだった。
まったく、今日は雨じゃなくてよかった。
退院日和とう言葉はないと思うけど、そう言いたくなるくらい
いい天気だ。

病院ではずっとベッドで寝ていたけど、
今日は晩までいつもの定位置のソファで座っていた。
ご飯の時は自分でソファから立ち上がり、2mほど離れた
食卓まで歩こうとするし(もちろん今はまだ一人では
無理なので人の支えが必要。しかも歩幅は1センチほど)、
冷蔵庫まで歩いて氷を取りに行こうとするし、
友達が「うちの父も入院中は弱ったけど、退院したら元気に
なったよ」と言ってくれたけどそれは本当のようだ。

そんな父を見ていると、復活の日も近いのかとうれしくなってしまう。

今日は午後から、いつも透析の病院への送迎や、月に6回のリハビリで
お世話になっている介護サービスの人が今後のことについて
打ち合わせにやってこられ、そうこうしているうちに
車イスと、部屋に置くポータブルトイレの業者の女性が商品を
持って来られ(この人はなんと、雨上がり決死隊の宮迫の
お母さんだった)、しばらくすると今度は在宅酸素療法(入院して
わかったんだけど、父は酸素濃度が低いらしい)の業者さんが器械の設置に
来られ、なんだかあわただしい一日だった。
(・・とブログに書くのは簡単な役目だけど、ほとんどの連絡や手配を
やったのはヨメ)

ずっと心配をかけていた人には父に電話で報告をさせた。
心配をして京都の山奥から何度も見舞いに来た妹や、父が行きつけの
スナックのママ(←この人もけっこう高齢。店を開いているくらいだから
お元気なんだけど)に「やっと戻ってきた」などと、ハキハキした声で
話していた。

ヨボヨボとでも100mくらいは歩けていた入院前よりはかなり力が衰えて
いるものの、脳に刺激を与えたり、毎日リハビリに付き合ってやれば、
なんだかまた元気になりそうな気がしてきたぞ。
posted by まこと at 23:09| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

またひとり市民ランナーが

久しぶりに金曜日の練習会に行ってきた。
いつ以来だろう、金曜日に大阪城を走るのって・・・。覚えていない。
1周1.9kの周回コースを5周走ったけど、なんというか、
今シーズン1番じゃないかというくらい寒くて、
手とかお腹とか太股とかが、すごく冷たかった。
(そういえば東京でも初雪が降ったらしいし)

今日はうちの新入社員がRUN-WALK Styleでランニングシューズを買った。
正式には来週から出社なんだけど、今週は講習に来てもらっていて、
ランニングの話をすると、森之宮までついてきて靴を買って帰った。

070316shimojo.jpg

決して強制したわけでも、まるめこんだわけでも、そそのかしたわけでも、
社内規定に走る事が義務づけられてるわけでも、なんでもない。

本人の自主性です。
ほんとです。うそじゃありません。事実です。でっちあげでもヤラセでも
ありません。・・・だから、俺のせいじゃないってば。
posted by まこと at 00:53| Comment(6) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月16日

暗い未来より明るい未来

毎朝病院へ通っていて思うのは、人間の体調とはこんなにも極端に
変化するものなのかということだ。
きのうの父は、話しかけても反応が弱く、手足が痙攣したように震え、
ベッドから床に下りて膝を伸ばして立つことすらままならなかったのが、
今日は「なんか力が出る」と言って、信じられないくらい元気だった。

廊下を歩いてトイレに行くと言い出した時は、ヨメと二人で驚いてしまった。
そしてとうとう、歩行器でヨタヨタ10mほど歩き、途中から車イスに乗り換え、
最後は手を借りてまた立ち上がり、トイレの便器に座って用をたした。
入院して2週間になるけど、トイレを使ったのは初めてだった。

070315_father.jpg

病院へ行ってその日の父を見たとき、容体が悪ければこちらも1日中
暗い気持になるし、逆に元気であれば、うれしくてうれしくて、
その日はずっと幸せな気持ちで過ごせる。

具合がいい日もあったり悪い日もあったり、波を繰り返しながら
徐々に弱っていくんだなんて思うつもりはない。
父も、家族も、誰もあきらめていないし、
波を繰り返しながら、だんだんとよくなっていくことしか考えていない。
元気になろうな。
posted by まこと at 00:18| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月14日

めっちゃ寒いぞー

桜が咲いたり、チューリップが咲いていたり、
もうとっくに春が来たと思っていたのに、なんなんだ、この極端な寒さは。

今日は事務所へは出ず、カメラマンとゴルフ場で朝から夜まで撮影だったけど、
Tシャツの上にモンベルのウエアを3枚重ねして、
その上にウインドブレーカーを着て風をさえぎってるにもかかわらず、
日が暮れてからは手もかじかんでメチャメチャ寒かった。
(ナイターの撮影もあったので)

070313golf.jpg

仮にも3月の中旬なので、今さらダウンを着るのも変だし、
でもダウンを着てもぜんぜんおかしくないくらいに冷たい風が吹いてるし、
北海道も信州も雪が降ってるみたいだし、
今シーズンのスキーをあきらめたとたんに、どーゆーこっちゃ、これは。
posted by まこと at 00:59| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月13日

新入社員決定

今回の募集に対しては、この約1カ月の間に17名の応募があり、
そのうち10人の方と面接をした。
男性・女性、新卒・経験者、20代・30代(ひとりだけ自分よりも年上の
人もいたが)、性別・年齢・キャリアが違う上に、
当り前だけどそれぞれのキャラクターがひとりひとり違う。

そういう意味ではいろんな人といろんな話をさせてもらい、
楽しかった部分もあるし、悩んだ部分も多かった。

今日、そのうちの一人に採用の連絡をしたら、他社からも内定を
もらっているのに、その場で「よろしくお願いします」と言われた。

話はトントンと進み、来週から仕事に来てもらう。
それはそれでめでたいことなんだけど、なんといっても辛いのは
採用しなかった人への断りの連絡だ。
特に面接で好印象だった人には断腸の思い(腸を切ったことはないので
正確な苦しみは分からないけど)で神経を使ったメールを送ったりする。
そうするとまた「ご丁寧なお返事をいただいて感動しております」なんて
メールが返ってきたりなんかする。

あ〜・・・辛い。

  面接や 一期一会の はかなさよ

今回お断りをしたみなさん、せまい業界なので、いつかどこかで
ご縁があったら、その時はまたよろしくお願いしますね。
posted by まこと at 01:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月11日

名古屋にいる予定が

願いどおり雨は上がり、午前中に予定されていた21k走に参加してきた。
大阪城公園を抜けて大川沿いを走り、淀川を豊里大橋に向かって走る。
しかしまあナント今日の河川敷は風が強いこと、強いこと。
風に負けないように走らないと、気を抜いた瞬間にピューッと吹き飛ばされて
土手から転がり落ちそうだった。

今日は名古屋国際や京都シティハーフや万博ABCなどの大会があったけど、
どこも強風で大変だったんだろうな。
あ、そういえば今日はもともと、名古屋国際を見に行って、
そのあと名古屋のラン友と飲みがてらホノルルマラソンのお土産を
渡して帰ってくる予定だったんだ、ったんだ、ったんだ。
ま、いいか、こうなったらもういつでも・・・・・。って、どうでもいいと
思ってるわけじゃなくて、ほんと予定がたたない。

その名古屋国際は、現地ではなくテレビで見ていたけど、
なんなんだ、あの橋本選手の最後のスパートは・・・・。

自分の今朝の21k走の100倍くらい力強い走りだった。

いや、1000倍かな・・・。いやいや、10000倍くらいかな・・・・・。
posted by まこと at 23:57| Comment(2) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月10日

走る息子 歩く父

まず、息子である自分の今日は、
朝からRUN-WALK Styleの練習会に参加して、大阪城から大川沿いを
ゆっくり、ゆっくり、キロ7分から7分半くらいでのLSDで始まった。
途中で止まってフォームの説明を受けたり、走っている時もかなりゆっくりの
ペースなのでぜんぜんしんどくはなかったけど、
練習が終わったあとには、ちゃんと足にダメージが残っていた。

少し肌寒かったり、ややポカポカしたり、全体的にはこの時期らしい
走りやすい気温だった。(って、アンタは評論家か)
走った日を書き込んでいるカレンダーを見ると、
この5日間で4日走っている。自慢にもならないけど、今年に入ってからの
自分の毎日を考えると、頭をなでてやりたいくらい珍しいことだ。
この流れのまま、今晩降っている雨が明日は上がって、
また走りに行けたらいいのに。

午後からはヨメと父の病院へ。いつも交代で見舞いに行っていたので、
ヨメと二人そろって行くのは初めてかも。

晩ご飯を食べ終わるまで病室にいたけど、
父は今日も元気で、意識もはっきりし、普通に会話をしていた。
家族がそばにいる時に限るけど、2日前から歩行訓練も始めている。
それはベッドの横を、ベッドにつかまって歩いたり、
歩行器を使って廊下を歩いたり、ベッドに寝たまま、こちらが負荷をかけて
足を曲げたり伸ばしたりの筋トレをしたり。

歩行器につかまって10m先の廊下の端まで歩いても、帰りは足も腰も
くだけてしまって歩けなくなり、こちらが脇の下から手を入れて
抱きかかえないと床に崩れてしまう。今はまだそんな状態だけど、
それでも、早く退院したいという本人の強い意思が、
歩けるようにリハビリをしようという意欲につながっているみたいだ。

頑張れ。
posted by まこと at 23:01| Comment(2) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月09日

振り込みまくり

もうすっかり春だと思っていたけど、今朝はさすがにウインドブレーカーを
はおってランニングをした。
一度暖かい目をしたあとの3月の戻り寒波は、実際以上に寒く感じる。

家に戻って、熱い風呂に入って、朝飯を食って、病院へ寄って、
事務所に着いたのは11時頃という重役出勤。

昼過ぎに友達のムーちゃんから電話があって、
「堺シティマラソンって、自分で申し込むんやったっけ」と
のん気な質問をされたので、
「当り前やがな、自分で申し込んでや」と答えると、
「なんや、アンタのおごりとちゃうんかいな」と言われた。

あのね、なんで俺が人の参加料おごらなアカンわけ?
それでなくても去年は、立て替えたお金がムーちゃんから返ってくるのに
半年かかったのに。

とはいえ、自分もまだ申し込んでいなかったので、
人にエラそうに言う前に、さっさと郵便局でお金を振り込んできた。

今のところ、レースの予定は3つ。

3/18 千里10マイル(16k)
4/8  芦屋ファンラン(ハーフ)
4/29 堺シティ(10k)

その他に今日は、世界陸上のチケットも申し込んで、お金も振り込んだ。
男子110mハードルの決勝と、男子100mの決勝。

映画館で映画を何十本も観れるくらい高くついたけど、
息子のリクエストだから仕方がない・・・・。

陸上競技の観戦チケットがこんなに高いとは知らなかった。
しかも予選と決勝では値段が何倍も違う。
世界陸上のマラソンも、沿道で応援するぶんにはお金がかからないけど、
ランナーが入ってくるのをスタジアムで待っている人は、
きっとすごく高いお金を払ってるんだろうな。
posted by まこと at 00:37| Comment(4) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月07日

ドーピング効果?

ブログをちゃんと更新しておかないと
インフルエンザで倒れよったのかと思われちゃうしね。

今朝の父はこれまでよりも元気だった。目もぱっちり開けて、
自分から会話をしてきたりもした。先生に聞くと、透析の時に水を多めに
抜いて体重を1kg減らしたらしい。微妙なものなんだなと思う。
今日は午後からMRIを撮るので、その付き添いはヨメにまかせて出勤した。

午前中に取引先へ行った帰り道、市役所の横に献血のバスが止まっていたので
去年の7月以来の献血をした。

070306kenketu01.jpg

血液検査をしてくれるお婆さん看護婦さんと
「今年の冬は暖かいわね〜」
「そーですねー。冬らしい日は1日もなかったですもんねー」
などとご近所の主婦の挨拶のような会話をしてバスの中へ。

若いOLや、ラッパーみたいな兄ちゃんも椅子に寝て血を抜いてもらっている。

一番奥の椅子へ案内されて、腕を消毒され、
「刺す時にちょっとチクっとしますよー」と言われながら
穴が見えるほどの太い針を血管に刺される。
ま、何度もやってるからこっちも慣れてるけど。

「3時間以内にはお風呂に入ったりお酒を飲んだりしないでくださいねー」

「わかりました」(誰が風呂に入ったり酒飲んだりする?
看護婦さん、まだ朝の10時半やで)

「それと、今日1日、激しい運動はしないでくださいねー」

え・・?

「あの・・・夜にランニングの練習があるんですけど・・・」

「あまりしない方がいいでしょうねー。血が減ってますからねー。
運動して血行がよくなるとしんどくなるんですよー」

(今さらそんなこと言われたって、もう血ぃ抜いとるがな)

070306kenketu02.jpg



夜になって、結局練習には行った。
今日は大阪城公園で15kのペース走。

看護婦さんの言葉で暗示がかかっているのか、いつも通り走っていても
なんとなくしんどいような気がする。
心臓がポンプの役目をして血液を送り出しても、いつもよりも
400mL少ないわけだから、カラダ中に酸素が行き渡らないのかもしれない。
まあそれでも、要は心臓をバクバクさせるような走り方をしなければ
いいんだろう、と思いながら、みんなから遅れてもマイペースで走った。
それに、血が少ない状態で練習したらドーピング効果もあるかもしれないし。
(そんな科学的なトレーニングを狙って献血したわけじゃないけど)

15k走り終わった時には両手首から先がビリビリと痺れていた。
やっぱりカラダ中に血液を行き渡らせるには、量が足りなかったみたいだ。
posted by まこと at 01:23| Comment(8) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月04日

まこと家の危機

なんだかブログのタイトルとは関係のない、父の闘病日記のような内容に
なっちゃってるけど、この数日はそれが中心だったから、ま、いいか。

検査のために入院して、たった2日しか経っていないのに、
父が目に見えて弱っていく。
話しかけても、頭がボケているわけではないけど反応が薄いし、
ご飯を食べるのも、下着やパジャマを着替えるのも、100%は自分で
できなくなってきてるし。
今日もベッドの横に立たせてみたら、ほとんど歩けなかった。
入院する時は歩いてきたのに。

退院してからは、元通り元気になれるように
家族が毎日、気長に励ましながらリハビリをしないといけないだろう。
頑張らなくっちゃ。

そんな時、土曜日から帰ってきている弟がしんどそうにしていたので熱を
計ったら微熱があって、ゴンゴンと咳が止まらなくなり、夕方には
38度5分まで上がっていて、休日救急診療所へ連れていったらさらに熱が
39度まで上がっていて、見事な右肩上がりの原因を調べてもらったら
1分でインフルエンザの陽性反応が出て・・・もう大変。

明日、俺は朝一で父が普段透析でお世話になっている主治医のところへ
経過報告とこれからのことについて相談に行ってから仕事へ、
ヨメは川へ洗濯に、って危機感のないギャグを言ってる場合じゃなく、
弟を連れて病院へ行ってから、そのあと父の病院へ。

とりあえず夜になって今日一日のことが落ち着いた気分になったので
こうやってブログを書いてるけど、
これ以上健康を害する人間が増えたら、うちの家はヤバイかも。

俺もヨメも、インフルエンザの予防接種、受けてないし、すでにヤバイかも。

そうなったら父の病室へ出入りするのもマズイのか?
posted by まこと at 22:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メシはうまいらしい

今日は朝から富田林まで行って用事を済ませ、昼からは父を見舞いに病院へ
行こうと思っていたら先に病院から携帯に電話がかかってきて、
主治医から家族に話があるというので、急いで行ってみたら、朝から
酸素濃度が下がったらしく(といっても、勉強不足なので、それが
どんなふうに悪いことなのか分からなかった)、急きょ透析室で水を抜いて、
その後で内蔵のCTを撮ったら、肺炎の兆候がみられると言われた。

脳と足腰が急に弱ったことについて検査してもらうために入院したのに、
他にも悪い状態が発見されて、先生もあわてたみたいだ。

ベッドのそばで先生とそんな話をしている横で本人は、
他人事のようにその話には興味を示さず、病院から出された昼ご飯を
食べていた。
後から「ご飯、どない?」と聞くと、どうやら今回は
3年前よりもおいしいらしい。昼ご飯も完食していた。

「よかったな」と言ったものの、いや、まてよ、逆にこれは喜ぶことでは
ないのかも。
要するにメシさえうまければ、あとは一日中ベッドで過ごせるわけだし、
人工透析をするにもクルマで送り迎えしてもらわなくても病院内に透析室が
あるわけだし、本人は「こりゃラクだ」とばかりに快適な入院生活を
謳歌するかもしれない。

そうすると歩けなくなるのは時間の問題だろうし、運動しなければ
新陳代謝もなくなって、脳に新鮮な血液や酸素が行かなくなるので
頭もボケるだろう。

ん〜〜〜〜、困った。
なにせ本人に危機感がないから、よけいにやっかいだ。


昼過ぎにはヨメと交代して、電車で大阪に向かった。
ここのところ毎日のように面接をしてるので、仕事がなかなか前に進まず、
火曜日に提出しないといけない仕事が手付かずのまま残っている。
ここのところ土日は、1日ないしは2日とも仕事をするのが当り前になってきた。
今はひとりだから眠たくなったらソファで寝てるけど、いずれ新入社員が
入ったら昼寝なんてしてられないし、どこかで現状のリズムを変えないと・・。
posted by まこと at 01:45| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月03日

気が重い父

父が今日から入院した。
MRIをとったり、神経内科で検査もしたりするための入院で、
1週間後には退院しているかもしれない。
入院の手続きその他、すべてヨメにまかせっぱなしにしてしまったので、
明日は病院に顔を出そうと思う。

3年前にもガードレールを乗り越えようとして落ちて腰の骨を圧迫骨折して
入院した父いわく、その病院はご飯がすごくマズイらしい。
ベッドが空くのを待っていたこの数日、たぶん気が重たかっただろうと思う。

じゃあこれからも頻繁に病院に世話にならなくてもいいように、
積極的に運動もして、体が弱らないようにしようね。
posted by まこと at 00:32| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。