2007年02月28日

パンツずぶ濡れ

ど〜〜〜〜しても今日中にしないといけない仕事だけ片付けて、
あとの事は明日にまわして大阪城公園へ走りに行ってきた。
今日は往復3kのコースを5周走るペース走。

朝の天気予報でも夕方から降ると言ってたとおり、
午前中の青空がうそのように曇ってきていたので、
「お願い、降っても小雨程度にしといて・・」と祈りながら走り始めたら、
早くも2周目からザァーーーーーーと降り出した。

ま、外を走ってるんだから雨が降ることもあるわな、なんて思ったり、
雨に打たれながら、もう少ししたら雨ランの気持いい季節が来るな、とか
そんなことを思ったりしながら走り続けていたら、3周目からは
雨足が強く(雨足よりこっちの足が強くなってほしいくらいなのに)なって、
ズワアアアアアアアアと降ってきた。

土佐礼子や高橋尚子はこんな状態で、しかももっと気温の低い中を
走ったんだなと思ったり、この前の東京マラソンも雨の中でみんな
寒そうだったし、なんて思ったり、もうパンツまで濡れとるがな、と
股のあたりの冷たさを感じたりながら、とりあえず走り続けた。

最近ぜんぜん練習会に顔を出さない人間が突然参加したもんだから
こんな雨になったのかも・・・。
帰り道で空を見上げると、雲が割れて月が出ていたので、
ほんとに狙い撃ちされたような雨だった。

それでも、ここのところ極端に練習不足になっている自分にとって、
今日15k走れたのはありがたかったっス。
posted by まこと at 00:22| Comment(2) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月27日

夜のちょい走り

今日、仕事を終えて家に帰ってきたのが10時半。
これでもこの1ヶ月の中では早い方なので、今日は時間があるぞとばかりに
ジャージに着替えて家の近くのいつものコースを30分走った。

最近は続けて走ることがほとんどないので、たまに走ると
子供のような気分で楽しんで走っている自分に気付いたりなんかする。

夜にひとりで走るのってあまり好きじゃなくて、それよりは朝の方が
走っていても爽やかな気持ちになれるんだけど、
夜に走るメリットは、朝よりも体が動くということだ。

朝はどうしても寝起きなので、ストレッチをしたつもりでも、
体は十分にはほぐれてないし、おそるおそるゆっくりと走り出したり、
走りながら仕事に出かける時間を気にしたりしているけど、
その点で夜は、一日を過ごした後なので体もほぐれているし、
時間もそれほど気にしなくていい。

う〜ん・・・・でもやっぱり、朝の方が気持いいかな。
夜遅くに暗い住宅街を走っていても、
「おはよーございまーす」って挨拶を交わす人もいないしね。
posted by まこと at 01:19| Comment(4) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月26日

ふすま貼りDAY

070225fusuma.jpg家の中で子供が普通に遊んでいたら、障子やふすまが破れるのは当り前のことで、多くの子供や多くの親は、おそらくそれを日常の事として受け入れて生活しているだろう。

しかしながら、ふすま紙が何カ所も破れたままベロ〜ンと垂れ下がっているのはみっともないものであり、たまにはお客さんも来るわけだし、親戚の赤ちゃんがビリビリと破ったというのが真実であったとしても、
ん?これは夫婦げんかの生々しいツメ跡か・・・??と週刊誌的なモノの見方をする人もいるだろうから、面倒だけど今日は朝からふすま貼りをしていた。

そういえば昔、家族総出でふすまや障子を貼り替えているのを子供ながらに見ていた。
今思うと、原因は俺だったんだろうか・・・・・。


そう考えると、子供がふすまを破るのなんてごくごく自然なことだし、そんなこと、おじさんは怒ってないからね。

おじさんは心が広いし、何よりも子供はそれくらい元気がなくっちゃね。
だから、ほんと、ぜんぜん怒ってないからね。

そのためにホームセンターを回ってふすま紙を探さなくてはいけなかったり、せっかくの休みをつぶしてふすま貼りをしなくてはいけない事を恨むような、そんなケツの穴の小さいおじさん、おばさんじゃないしね。
だからね、ぜんぜん気にしなくていいんだよ。

「○○○めぇー!」と親戚の赤ちゃんの名前を口にしながら作業をしたけど、そのおかげでヨメ(写真の、かっぽう着を着て作業しているのは市原悦子扮する家政婦ではなく、うちのヨメ)はふすま屋でバイトができるくらいコツをつかむ事ができたしね。


だからね、お願い、もう破ったらアカンで!
posted by まこと at 00:15| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月25日

父の検査

この2〜3日、父の様子がおかしく、足腰、記憶、行動などの部分で
大きく1段階老化が進んだようだったので、
きのうは朝から主治医の先生のところへ行ってその様子を説明したら、
大きな病院に検査のための紹介状を書いてくれ、
今日は朝から父を連れてそっちの病院へ行ってきた。

紹介状のある患者は優先されるのか、病院にはたくさんの人が
来ているにもかかわらず、内科で問診、レントゲン室で脳のCTスキャン、
脳外科で診断という順番で、テキパキと名前を呼ばれ、1時間ほどで
全部の工程を終えてしまった。しかも会計で払ったのはたったの500円。

今日は見違えるほど意識もハッキリし、足腰もしゃんとしていたが、
よくなったり悪くなったりが、これからも続くんだと思う。

本人が頭部をスキャンしてもらっている間、かわいいマークを
見つけたのでパシャっとブログ用の撮影をしてる悲壮感のない息子。

070224x.jpg

ここのところ仕事が忙しくて毎日家に帰るのが遅いため、
実は同じ家に住んでいながら、父とは顔を合わせることがあまりなかった。
その分、今日は病院の廊下でいろんな会話ができた。
今どんな仕事で忙しいかとか、新しい社員を雇うために面接をしている事とか、
父が前に腰の骨を折って入院した時の話とか、
ヨメが病院との連絡帳の中に、父のその日の様子や血圧などを
克明に書きとめて連絡をとり合っていることとか・・・・、
本当はもっと普段から会話を増やして、脳に刺激を与えてやらないと
いけないんだと思った。

家に帰って昼ご飯を食べた後は、枚方のゴルフ場へ行って改装の現場を
見ながら印刷物などの打ち合わせをし、夕方から事務所に入って、
ガァァァァァァーっと5時間ほど集中して作業をした。

休みの日は仕事がとってもとってもはかどる。
電話もかかってこないし、ツッコミの仕事もなければ先物取引の営業の
兄ちゃんも来ないし、NTTの代理店を名乗った工事業者の兄ちゃんも、
オフィス用のコーヒーメーカーやミネラルウォーターを売りに来る姉ちゃんも
来ないので、手を動かしている分、仕事が前に進んでいるのを実感できる。

家に帰ったら、晩ご飯はお好み焼きだった。(大阪やな〜)
お好み焼きを焼いて食べながら、昼からの父の様子をヨメから聞いた。
あしたは仕事に行かず、家でふすま貼りをする予定なので、
できるだけ父にも話しかけてやろうと思う。
posted by まこと at 00:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月24日

新入社員面接

仕事の合間を縫って、新入社員の面接をしている。
今日で3人目。今のところ、たまたま新卒の子ばかり。
一人の子と話をするのは、だいたい1時間から1時間半くらい。

今の子って、何も考えてなくて、礼儀知らずで、幼くて、
アホまる出しなのかと言うと、そんな失礼な評価に値するようなことはない。

4年前にも何人か面接をしたけど、今回も合わせて大半の子は
清潔感のある服装で来るし、礼儀正しい挨拶もできるし、
自分の考え方もしっかりと話せる。

おまえ、たった今あんみつ食べてきたんかい!って言いたくなるような
唇テカテカの子も来ないし、
おまえ、たった今羽根つきで負けてきたんかい!って言いたくなるような
目の周りが真っ黒の子も来ない。

きちんと就職しようとして活動している子はそれだけ意識が
高いのかもしれないけど、自分が若かった頃と比べれば、
はるかにしっかりしている。

自分が新卒の時を思いだして振り返ってみたら、
もっと頼りなくて、もっとボーっとしていて、
そのくせ、言う事だけはもっと生意気だったような気がする。

え?今でも頼りなくてボーっとしてるって?

ハハ、、、ボーっとしてるどころか、昔に比べたら今なんて、
集中力には欠けてるわ、記憶力は信用できないわ、
もっと頼りないんだから。(自慢してる場合じゃないって・・・)
posted by まこと at 01:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月22日

冬をあきらめる・・?

きのうの朝は少し早起きをして家の近くの池のまわりを6kmだけ走った。
これくらい暖かくなってくると、日が昇ってしまった時間帯のランニングには
もうウインドブレーカーはいらない。
天気予報のお姉さんも連日「3月下旬なみの暖かい陽気になるでしょう」と
言ってるし。

走ってる途中で上を見上げると、枯れているように見える桜の枝に
ちっちゃくて固そうなつぼみがいっぱいついていた。
もう少しして世の中の受験の時期が落ち着いた頃から、
サクラをテーマにした曲がFMからいっぱい流れ始めるんだろうな。

昔、夏なのに来る日も来る日も雨が降った年があって、
その時にサザンが「夏をあきらめて」という曲を作ったけど、
今年はもう冬はあきらめて、それよりもいろんな花が咲き始めるのを見ながら
春が近づいてきてることを楽しんだ方がいいのかも。
posted by まこと at 10:09| Comment(4) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月21日

冬はどこへ

夕方になると、事務所の窓からはまともに西日が入ってくる。
ブラインドを開けたままだと強烈な太陽光線のせいで、
サーチライトに照らされた脱走兵のような状態になる。

070220nisibi01.jpg 070220nisibi02.jpg

なぜこんなことを書くかというと、
ここのところ、西日が射す夕方になると部屋の温度がグングン上がるように
なった。その時間帯だけは暖房もいらない状態で、へたすると
暑すぎて窓を開ける場合もあったりなんかする。外出から戻ってきた時などは、
扉を開けたとたんにムウッと暖かい空気が出てくることもある。

つまり、昼間の空気はもう春になってきてるのだ。

家に帰る時間には吐く息がまだ白くなることが多いけど、
少なくとも昼間は着込み過ぎると脇の下が蒸れそうに感じる時もある。

なんか、今年は耳がちぎれそうな寒さの日は一日もなかったな・・・。
西日が差して温度がグングン上がる部屋で仕事をしてたら、
「まだ冬が来てないのに春が来てどないすんねん」って気分になった。
posted by まこと at 01:38| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月20日

ぞっ・・・

うちの近くで起きた、添乗員の一人が死亡したスキーバスの事故。
ついこの前の3連休に利用したツアー会社だった・・・。
片っ端から値段を調べて、一番安いところにしたんだけど、
さすがに安いだけのことはあるなと、今回の事故で感じた。
・・運転手が一人しか乗っていなかったんだ・・・・・。

あ〜コワ・・・。

我々の乗ったバスは運転手が2人乗ってたけど、きっと他のいろんなところで
運転手に無理をさせたりして節約してるんだろうな。

そういえば学生時代にそのツアーでバスを予約して
人数分予約したのにもかかわらず、乗ってみれば席が足りなくて、
何人か補助席に座って行ったこともあった。

今回も吹田の集合場所では、各旅行社のテントが並んでいる中で、
そのツアーの受付だけが長蛇の列だった。
値段に魅力を感じるのはみんな同じなんだな。
posted by まこと at 01:42| Comment(4) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月17日

みんなと練習

明日、東では東京マラソン、西では泉州国際と大きな大会があるので、
その前日に大阪城公園を走る練習会に来る人などほとんどいないだろうと
思っていたら、
・・・・・・・・3月の篠山マラソンに出る人がたくさん練習に来ていた。

世の中にはマラソン大会がいっぱいあるもんだ。
東京と泉州だけじゃなかったんだ。(当り前や)

それどころか、すれ違いざまに「あした、東京マラソン」と言いながら
大阪城公園を走ってる人もいた。
え〜??!!もうみんな東京でゼッケンとか受け取ってるんと違うのん??
って思ったけど、その人はほがらかに走っていた。

ま、そんな状況の中、珍しく冬らしい気温の低い大阪城公園で
21kを走ってきた。
最近は走れていないので当然っちゃあ当然なんだけど、
21kを同じペースで走ろうとするのはすごくキツくて、
ぜんぜんスピードが上がらなくて、でもすごくいい練習になった。

走り終わった後は、足首を少し動かしたり股関節を少し動かすだけで、
足の裏や指、ふくらはぎ、太股の付け根の筋肉がキューっと寄り集まってきて
何度もツリそうになった。
帰りに風呂屋でアイシングがてら水風呂にジーっと入ったけど、
ダメージはかなり大きいみたいで、夜になってもまだ膝の裏側とかが痛い。

それでも今日は、十分に走れないしんどさよりも、
練習会に参加できた喜びの方がはるかに大きい。
走っている時は、しんどいけどすごく嬉しかった。
平日も休日も、練習会に参加できないことが
自分にとってもストレスになっていたみたいだ。
posted by まこと at 23:53| Comment(2) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月16日

拝啓 父上様

070216haikei.jpg

拝啓 父上様

珍しく今朝は早起きができたので、久しぶりに朝のランニングに出かけ、

朝陽を正面から浴びてゆっくりと走るのは気持のよいものであり、

そうすることで新鮮な一日の始まりを実感することもでき、

熱い風呂に入ってから新しい気分で出勤はしてみたものの、

今日も坂下は、いや、うちの事務所は朝から夜まで忙しく、

のんびりと仕事をしてみたいなどという贅沢も僕には言えず、

そんな中、辞めていく竜次さん、じゃなかった、前に辞めた社員の

次に雇うスタッフを見つけるべく、今日で二人目の面接をし、

1時間半ほど会話をしたものの、面接だけでその人のすべてが

理解できるわけもなく、しかしながら社員を採用するということは

阪神特殊製鋼の将来を、あ、それは別のドラマか・・・

うちの事務所の将来を左右することにもつながるので

必要以上に慎重にならざるをえず、

いろいろなことを考えながら長い一日を過ごしたのでした。
posted by まこと at 23:59| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月14日

気分を切り替えて

070213nozawa.jpg

解き放たれた鳥が自分の巣へ帰ってまいりました。
明け方の5時半に大阪駅付近でスキーバスを降り、そこから事務所へ行って
とりあえず寝袋にくるまって仮眠(というか熟睡)。
つかの間グッスリ寝たあとは事務所の机の上を見て、手帳を見て、
パソコンに貼ったメモを見て、そうやって今日の仕事を思い出しながら確認し、
気持を入れ替えて作業にかかった。
連休ボケが抜けないかと思っていたが、
意外とシャキッと切り替えて仕事できるもんだ。

とりあえず今日中に片付けないといけない仕事が2つあったので
せっせとパソコンをいじっていると、夕方に年末で退社した子が
残業の差し入れを持って遊びに来てくれた。
先週も4日間バイトに来てくれたし、
まるで嫁に出た娘がしょっちゅう実家に帰ってジジイの介護をしているような、
そんな光景を想像してしまった。

いろんな人に右から支えられ、左から支えられて仕事ができてるわけです。
感謝、感謝。
posted by まこと at 01:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月12日

気持ちよ過ぎ

20070212102237.jpg
20070212130612.jpg

夜中に雪が降って昼間は晴れたり、気温が低くて雪質がよかったり、
ゲレンデがすいていてゴンドラの待ち時間が短かったりするとスキーが
楽しめるわけなんだけど、うれしいことに今日は
それらの条件が全部揃ってくれた。

空の青と雪の白の2色だけで作られたゲレンデを、遠くの山を眺めたり、
枝の先まで真っ白になった樹氷を見上げたりしながらクルージングをしている時の
気持ちのいいこと。

1000m下の村まで見える澄みきった視界の中を滑っていると、
スキーとは山の上からふもとまで滑って降りるスポーツだったんだということを
思い出させてくれた。

今走っているスキーバスは明日の朝に大阪に着いてそのまま事務所に出勤し、
その日からまた残業の日々が続くという強行な計画だったんだけど、
でもやっぱり…来てよかった。
posted by まこと at 22:16| Comment(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月11日

ゲレンデ状況一変

20070211144415.jpg

この世で一番美しいもの、それは積もったばかりの新雪だと昔から思っていた。

ゲレンデ以外は土が出ていて、シーズンも終わりかけの春山のようだったのが、
夜中にかなり降ったようで朝にはすっかり冬山に姿を変えていた。
雪国に本気で雪が降ったらやっぱりスゴイ。
山全体が厚い新雪におおわれている。
これが全部空から落ちてきたのかと思うと、
自然の仕業は人間の理解を超えているなとつくづく感じさせられる。

今日は数十センチ積もった新雪の上をたくさん滑らせてもらって、
かなりいい気分をさせてもらった。
やっぱりスキー場は、雪がたくさんあってこそスキー場だ。
posted by まこと at 21:59| Comment(3) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月10日

夕食のご用意ができました

20070210181137.jpg

お疲れ〜〜っす。

グビッ、グビッ、グビッ、グビッ。・・・プハー。

いただきま〜す。

うーん。刺身に白身のフライ、和え物に煮物、あいかわらず民宿の料理ってジャンルがよくわからないけど旨い。

当たり前だけど野沢温泉に来たら野沢菜がいくらでも食べられる。で、野沢菜があるとご飯が何杯でも食べられそうだ。

うまい〜。

ここ何日かは家でご飯を食べず事務所で真夜中にカップ麺をすする日が続いてたので、こういう夕食っていつも以上に美味しいぞ。

ホンマ、うまい〜。

おっ、焼肉まであるじゃん。

スキーをした後だからメッチャ腹減ってるぞ〜。

ビールも進むぞ〜。

デザートの信州林檎も焼いちゃえ〜。

・・・・・・ゲプッ。

うぃ〜・・・・。

・・・・・・・・・グェップ。

ごちそうさまでしたァ〜。
posted by まこと at 23:48| Comment(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月09日

バスにて

20070209234626.jpg

仕事も楽しんで一生懸命にやる、遊びも楽しんで一生懸命にやる。
これって理想的だと思うんだけど、理想を実現させるために無理をかけるのって
理想的なんだろうか。
理想と悲壮ってもしかしたら裏表なのかも。ついでに言うと、理想が実現しなかった時の
「くそう!」という悔しい気持ちも紙一重だったりして。

「理想・悲壮・くそう」
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
「ラッキー・クッキー・ハグキ」
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
「きた・みた・こうた」

雨の中をスキー場に向かうバスに乗っていると、いろんなつまんない事を考えてしまう。
それにしても今回は、バスにして正解だった。
眠気に立ち向かいながら運転しなくていいし、ビール飲めるし、寝たい時に寝れるし。
あと、荷造りから宅急便の集荷まで全部ヨメがやってくれたので、
こんな身軽なスキーは初めてだ。

とりあえず、ビール飲んで寝るぞー。
posted by まこと at 23:52| Comment(6) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月07日

好きだけどスキはない

うちの事務所は仕事も多いがお菓子も多い。
プッチンプリンに続いて、昔の会社の社長が手土産に持ってきてくれた
菊屋のもなか。(小豆の餡とうぐいすの餡があって、甘すぎないのが
美味しかったです。ごちそうさまでした。)

070206kashi01.jpg

北海道へ行ってきたカメラマンがお土産にくれた白い恋人。
(チョコレートを薄いクッキーの生地で挟んである定番のお菓子。これも
美味しかったです。ごちそうさまでした。)

070206kashi02.jpg

最近おつき合いが始まったクライアントの担当者がくれた
「五感(といっても日本に4店舗しかないので知らない人は知らない)」の
栗と芋の和菓子。(栗も芋も、どちらも味が濃厚で、絶賛に値しました。
めちゃくちゃ美味しかったです。ごちそうさまでした。)

070206kashi03a.jpg 070206kashi03b.jpg 070206kashi03c.jpg

こうして1年の間に、普段自分では買わないような食べ物をいっぱいいただける。
「もうどこにも入るスキがありません」という理由できのうから急ぎの仕事を
2つ断ってしまったけど、
「どこにも入るスキがありません」という理由で
お土産や差し入れを断ったことはない。

こんな調子でモグモグしながら仕事をしてるから忙しいのか・・・?
好きでやってる仕事なので、忙しかったら忙しかったで充実した気持ちに
なれるんだけど、仕事ばかりしてないでたまには走ったりもしたい。
でも実のところ先週末から風邪は引くわ、下痢は続くわ、発熱はするわ、
土日は休めないわ、ヘロヘロに近かったので、早起きして走るパワーは
体の中からは残念ながら出てきそうにない。

かと言って仕事ばかりしてるのも牛や馬みたいなので、
睡眠不足を覚悟でこうやってブログでも更新しないと気分転換にならない。
と言いながら最近はすっかり(タイトルとはまったく関係のない)食べ物ブログに
なってしまってるけど・・・。
posted by まこと at 02:20| Comment(6) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月03日

北北西に進路をとれ

12月はフルマラソンを走ったにもかかわらず、走行距離は80kmだった。
(ちなみにヨメは102km)

年が明けて、1月の走行距離はちょっと増えて111kmだった。
(ちなみにヨメは124km)

2月はもう少し積極的な気持ちで走れるかと思っていたけど、
ここのところ、ろくに走れていない。
走らない日があまり連続するのも嫌なので、今朝は家の近所を8km走った。
(ちなみにヨメは今朝、大阪城公園で25km)

去年の今ごろはこれっぽっちも走る気なんてなかったのに、
最近はヨメの方がよく走っている。


今朝はなぜ夫婦で大阪城に行かなかったかというと、
土曜日だけど事務所に仕事をしに行かなければならなかったから。

昼間っから一人で静かに仕事をしていたら、なんと今日は、
初めて就職した会社の社長が遊びに来た。
その会社を辞めて、もう20年以上になる。
学校を出たばかりで何の役にも立たなかった社会人1年生は、
そこで今の仕事の基礎を教えられた。辞めてからも何度かはその会社へ遊びに行ったが、
ここしばらくは(連絡をとるだけで)行ってなかったので、
社長に会うのはたぶん10年ぶりくらいだと思う。

どんなふうに仕事をしとるのか、一度、様子を見にきたかったらしい。
師匠に気にかけてもらえるなんて、ありがたき幸せ。
てか、その人から見れば俺なんてまだひよっこみたいなものなんだろう。

夜に家に帰ると、太巻きが用意してあった。
そうか、今日は節分なんだ。
今年の恵方は北北西らしいと聞いて、そういや「北北西に進路をとれ」っていう題名の
映画があったな、などと思いながら、恵方を向いて黙ってかぶったりせず、
いつも通り食卓に向かってペチャクチャしゃべりながら食べた。
こんな調子だから日本の古い風習が忘れられていくんだろうな、ごめんなさい。

070203setubun.jpg

これでも子供の頃はちゃんと「鬼は〜外、福は〜内」と言いながら豆をまいて、
年の数だけ食べていた。たくさん年をとっているおばあちゃんがうらやましかった。

今のところうちの家には鬼もいないようなので追い出す必要はないんだけど、逆に
「仕事の鬼」とか「練習の鬼」とかが棲みついてくれたら助かるんだなー、自分としては。
posted by まこと at 23:59| Comment(5) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。