2006年12月28日

充実の休日

年末の大掃除といっても、まず、マウスを動かすスペースしか残されておらず、
ビールのグラスを置く場所にも困る机の上から片付けなければならない。
1時間ほどダァ〜っと手を動かしてきれいにしたのはいいけど、
机の上に積もったパンフレットや郵便物やメモ帳や小銭入れや文房具や雑誌や・・・
そんなものの中から、とっくに支払い期限が過ぎている振込用紙が出てきた。
たら〜・・(←汗)

買い物だけしておいて入金を踏み倒す悪質な消費者になってしまっていることに
気付いて、あわてて郵便局で振り込んできた。ついでに年賀状も出してきた。

午後からはヨメと2人でタイヤ交換とスキーキャリーの取り付け。
いつもながら面倒だけど、冬の始まりと終わりには必ず儀式のようにしなければならない。

061228snow01.jpg 061228snow02.jpg

タイヤのボルトをゆるめる→ジャッキアップする→ノーマルタイヤをはずす→
普段手の届かないサスペンション回りを洗う→スタッドレスタイヤを持ってくる→
前の季節に後ろに付いていたタイヤなら前に、前に付いていたタイヤなら後ろに付ける
→ボルトを締める→はずしたタイヤをきれいに洗う(特にホイルの裏側とか)
→乾かす→袋に入れて積み上げる
オートバックスのピットの兄ちゃんでもない自分がこれを4本繰り返すわけだから、
それなりにしっかりと疲れる肉体労働だ。

それでも、スタッドレスタイヤを履かせ終わってスキーキャリーを天井に取り付けたら
冬がやってきたんだな〜っていう実感がもてる。

061228snow03.jpg 061228snow04.jpg

そして夕方からは泊まりに来ている妹の子供を連れておもちゃを買いにトイザラスへ。
クリスマス商戦は終わっているし、お正月はまだだし、
よっしゃ!今ならすいてるだろうと思ってでかけたら・・・・・・ガラガラだった。
広い店内に、数えれそうなくらいの人しかいない。
そして当然、谷間の時期だからだろうけど、商品は品薄状態。
結局コレといったおもちゃはなく、何も買わずに帰ってきた。

家に着くと、留守番チームはすでに晩ご飯を食べた後だった。
急いで作ってもらったのを食べたあとは、ヨメとふたりでランニングにでかけた。
久しぶりにちゃんと走ったぞ。

061228snow05.jpg 061228snow06.jpg

9時頃に外へ出て走り出すと、あきらかにきのうまでの空気に混じって真冬の風が
入り込んでいるのがわかる。
風も強いし、冷たいし、暖まるどころか走れば走るほどカラダが冷えそう。

それでも淡々と、48分かけて8kmまでは走った。
走り初めはあまりにも寒くて「薄着しすぎたかな」と思ったけど
走っているうちにややホコホコと暖かくなってきて、6km走るつもりが
結局8kmになった。呼吸も乱れないようなゆ〜〜〜くりしたペースで走ったから
楽に走れてうれしかったのかな・・・。
posted by まこと at 23:59| Comment(9) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月27日

2006仕事納め

ややフライング気味かもしれないけど、本日は仕事納め。
社員も最終出勤ということで、じゃあ最後に、安い居酒屋じゃなくて
こ洒落たお店で美味しいものでも食べましょう、ということになって、
夜景の美しい、お料理の美味しい店で、2人で4年間の思い出を語りながら飲んできた。

061227night.jpg

明日からは正月休み。
年賀状書き、大掃除、いやその前に普段のちらかった状態の片づけ。
親戚の子が4人遊びに来てるし、自分の息子たちにもまだクリスマスプレゼントを
買ってやってないし、ランニングもしたいし、休みだからといってゆっくりは
していられない。
そうだ、スタッドレスタイヤにも履き替えないといけないし、
スキーキャリアも取り付けないと。

来年に向けていい始まりを感じられるような、充実した休みになりますように。


ここからオマケ画像。
ブログに見栄えよく写真を載せたいから
画像の加工を教えて欲しいといってやってこられた本日のお客さま。

061227miura.jpg
posted by まこと at 23:59| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月26日

そして鍋は続く

春から決まっていた事だけど、うちの従業員が今年いっぱいで退社する。
学校を卒業してすぐうちの事務所に就職して4年。
いなくなるのは残念だけど、転職しながらステップアップしていく業界なので仕方がない。
ってか、会社がイヤになったんじゃなければいいんだけど・・。

その従業員が、今日は朝から事務所の窓を内側も外側も全部掃除していた。
「立つ鳥、後を濁さず」というのを、生まれて初めてナマで見た。

061226clean.jpg

そして今日は我が社の忘年会。
合計18人が新大阪に集合して、またまた鍋宴会。
うちの事務所の忘年会は、基本的に仕事関係の取引先は呼ばない。

●1年の間に、何度も差し入れを持って遊びに来てくれた。
●その年、仕事以外で特別にお世話になった。
●上記2つには該当しないけど、呼んでおかないと後々うるさい。

この3つの条件のうち、1つに当てはまると声がかかる。

061226enkai.jpg


鍋を一緒につついた皆さん、
今年もうちの事務所を可愛がってくださってありがとうございました。

誰が話を振ったわけでもないけど、それぞれのテーブルで
けっこうランニングネタで盛り上がっていた。
1年前では考えられなかったことだけど、自分だけじゃなく、
いろんな人の日常生活がこの1年で少し変化したんだなと、あらためて感じた。
posted by まこと at 23:59| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月25日

きのうのクリスマス・イブは

まず、あんたの家で鍋パーティの企画をしろというラン仲間のリクエストがあった。

次に、美味しそうな松葉ガニがどっさり届いて、家族だけでは食べきれない量に
うれしい悲鳴をあげているわが家の事情があった。

061224kani01.jpg

双方の思惑が一致したことと、今年のクリスマス・イブに限って
たまたまこれといって予定がないというスケジュール的な共通点と、
今年それぞれに初フルを経験したという、いろんな共通点を持つ5人が集まって、
昼から夜まで、延々とカニ鍋宴会は続いた。

シャンパンから始まって、ビール、ワイン、焼酎・・・、
どんどん空の瓶や缶が増えていく中、カニは食べきれないほどあるわ、
島根県からいただいた高級かまぼこはあるわ、カニのダシで作った雑炊は美味しいわ、
岐阜から届いた富有柿はあるわ、手土産に持ってきてくれたケーキは美味しいわ、
コーヒーを飲んだ後もアイスクリームは登場するわ、
たまにやるからいいけど、こんなことを続けていたら間違いなく痛風か
メタボリック症候群になるだろうと思えるくらい、美味しい時間を満喫した。

061224kani02.jpg

そういえば、マラソンに出ると決めたのも、去年の12月に友達が家に集まって
鍋をした時だったっけ。そういえば今回も鍋をつつきながら、
篠山マラソンに出るとか出ないとかも話題になっていた。
鍋を食べると走りたくなるの法則・・?  まさか・・・。
posted by まこと at 23:59| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月24日

加古川マラソン 応援

兵庫県南部の12月23日の最高気温は13.8度。
開会式の挨拶で、去年の大会は積雪があったと言ってたが、
今年は12月とは思えないポカポカ日和のおかげで、応援する側にしてみたら
沿道に立っていても寒さに震えることなく声援を送ることができる。
ランナーにしてみたら、ちょっと暑かったかもしれないけど。

前の晩に友達と飲んでいたことによる寝不足の影響もなく、
7時半過ぎに加古川駅に集合してバスで会場へ向かうと、そこは淀川マラソンと
同じような河川敷のコースだった。

061223kakogawa01.jpg

単純に行って帰ってくるだけの淀川と違うのは、コースレイアウト上、
場所を少し移動するだけで何度も目の前を走るランナーに声をかけられることだ。

今日はこの大会に、いつもお世話になっているRUN-WALK Styleの店長の奥さんが
初フルを走るのをはじめ、知り合いの人が何人も出場する。


淀川も福知山もそうだったけど、
初フルの人が出場するレースって、
走らない自分たちまでもドキドキする。

ちゃんと完走できますように。
いいタイムでゴールできますように。

スタートを見送ったり、次のポイントで待っていたりしてもついそんなことを
祈ってしまう。応援に来た人って、たぶんみんなそうなんじゃないかな。

途中のエイドに行ったら、そこには水、スポーツドリンクのほか、
パン、飴、塩、チョコレート、バナナなどが置いてある。
フルマラソンのエイドって、これが普通なんだろうか。
ホノルルは水とスポーツドリンクしかなかったけど。

驚いたのは、ここで給水するランナーが全員、飲んだ後の紙コップを
上手にゴミ箱に投げ入れていたことだ。
飲んだ後の紙コップは道の端に投げ捨てるものだと思っていた自分にとって、
このマナーというかモラルというか、秩序のある光景には感心してしまった。
うまく投げ入れられなかったり、風のせいでゴミ箱に入り損ねたもの以外、
コース上にはコップがほとんど散乱していない。落ちたコップを拾ってゴミ箱に
入れてやったら、道の上はゴミひとつないきれいなマラソンコースが保たれていた。

061223kakogawa03.jpg

目の前を何人もの知り合いが時間差で通り抜けていく。
2週間前に自分も同じ距離を走ったくせに、
(よくみんな、こんな長い距離を走るよな)などと感心しながら見ていた。
速い人で2時間半前後、遅い人で制限時間の5時間半くらい、そんな長時間カラダを
動かし続けるわけだから、やっぱりフルマラソンってすごい。

スタート地点で見送った後は、20km地点と27km地点と、最後はゴール手前で
立っていた。後半になるほど、みんな疲れが見てとれる。
それでも声援を送るとみんな、照れ臭さと疲れの入り交じった笑顔で元気よく
走って行く。自分も経験済みだけど、応援されると自然に力が出るんだろうな。

レースの結果は、初フルの好タイムあり、大幅自己ベストあり、
走った人にとっても応援した人にとっても大満足の結果だった。

今回も走れる格好で応援に行ってたので、途中、応援場所の移動がてら
合計4kmほど軽くランニングをしてみた。
12日間まったく走っていなかったので、気持ちよかったけどカラダは重たかった。
posted by まこと at 00:15| Comment(7) | マラソン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。